スキップしてメイン コンテンツに移動

レビュー)浦和 vs 名古屋~AT被弾の呪縛~

名古屋(A)2-2 浦和(H)/埼スタ/2019.8.4
得点者(名):和泉竜司、前田直輝
得点者(浦):興梠、関根

また、悔しい引き分けになりました。グゥーーー。

ただ、守備は間違いなく今シーズン最低の出来だったので(断言)、引き分けでおさまって御の字と思っている自分もいます。

「早く武藤と興梠、疲れろー」と念じながら観戦していました。何故って、バイタルエリアで好き勝手するんだもん。

浦和戦で守り切れなかった要因はいろいろあるとは思いますが、ガンバ戦でAT(アディショナルタイム)被弾の呪縛があったのではないかと思っています。

それに付随して、名古屋の守備でHV(3バックの左右CBのこと)とCHの所の課題が浮き彫りになりました。そして、これが改善されない場合、3バックでは勝てないかもしれないぐらいの危機感があります。(私が危機感持っても何にもならないのですが…)

今回はそのあたりをレビューします。

スタメン


名古屋・浦和共に守備時は5-2-3、前5人は5角形のミラーゲームでした。

ダイジェスト




AT被弾の呪縛

名古屋は前節のG大阪戦で、守備ブロックが下がりすぎ、アディショナルタイムに宇佐美に同点ゴールを決められ、逃げ切ることが出来ませんでした。

そのため、守備時のフォーメーションを5-4-1から5-2-3に変更してきました。おそらく下がりすぎ防止のため。しかし、5と2-3の間が広すぎて、武藤と興梠にバイタルエリアを自由に使われフォーメーションの変更は逆効果だったと思います。

正直、そこじゃない。

5-4-1にしろ、5-2-3にしろブロックを下げすぎないためには、前の選手で規制がかからないとDF陣はラインを上げることが出来ません。しかし、前の5人はブロックを下げすぎないようにという意思が働きミドルゾーンに網を張るものの、まったく規制がかからないので守備ラインは上げることが出来ず、5と2-3の間が空いていたと見ています。

DF-MFのライン間が広すぎる事に付随してHV(太田宏介、宮原和也)は、浦和のシャドー(興梠、武藤)にチンチンにされていました。特に武藤と太田のマッチアップはえげつなかった…

HVのお仕事

まず、3バック(5バック)を相手にした攻撃手段の一つに、以下のメカニズムがあります。
攻撃側は、守備側の最終ラインに5枚並んでいるとスペースがないので、MFとDFのライン間に下がります(図の楕円部分)。すると、守備側は人数的に余っていてもしょうがないので、降りた攻撃側のシャドーを追いかけます(図①)。攻撃側は、守備ラインの段差が出来たスペースに侵入します(図②)。

こんな事、今更書く内容でもないですが、今日の名古屋はこれに対する守備が全くできていませんでした。

浦和は、前半途中からファブリシオを中央にして、シャドーに武藤と興梠を持ってきました。(飲水タイム間の指示?飲水タイムのポジションチェンジ流行るんちゃう?)HSのライン間で受ける動きをするためです(上図)。ボールを引き出す動きJ最強の武藤と興梠にマッチアップするのは本職SBの新米HV(太田宏介と宮原和也)です。正直、相手が悪い。

降りて受けるシャドーに対し、名古屋の守備は非常に緩く、HVは寄せきれず、CHへ上手くマークを受け渡すわけでもなく、フリック・レイオフ・ターン・反転して前向きダッシュ・・・やられ放題でした。あとは疲れるのを待つのみorz

通常、シャドーが降りてくる場面はボールの取り所でもあります。攻撃側は後ろを向いており、CHと挟んで守備が出来るためです。CHとの挟んでの守備がうまくいかないことも取り所を無くす要因でした。

HVの守備に途中から和泉竜司が入っていましたが、少なくとも太田や宮原よりも降りるシャドーへガッツリ当たっていました。(経験値!)

DF-MFライン間が広く、CHに守備力が無く、HVが新米の3重苦・・・これがこの試合の展開を決めたメインテーマだったと思います。

ボールの取り所どうする問題


ボールの取り所の無さは、今後大きな課題になりそうです。ここ2試合の後半、攻撃の機能不全も、真因はボールの取り所が無かったことだと思っています。

対応策としては5-2-3から5-4-1にすることが考えられますが、前節耐えきれなかったので、守備的な選手起用もセットで必要と思います。ただ、ボールの取り所が無いために、まずはフォーメーションにかかわらず下がらざるをえないのが現状だと思います。

カバーシャドウが全く効いてなかったことと、浦和HVのドライブやロングボールがあまりなかったことのため、今日は5-4-1の方が良かったんじゃないかとも。

他には、5-3-2にしてシャドーの下りてくるHSに最初から人を置いておく手もあります。

どちらにしろ、前5枚の守備時の規制力をあげないことには始まりません。ここのバランス取りが次節に向けた願望ポイントです。

守備の大駒2枚が負傷中とは言え、チームとしてのボールの取り所の不明瞭感はチームの調子を全体的に下げそうで心配です。

次は、ミドルサードに形成した守備ブロックの位置でどうやってボールを奪い返すか、そこが勝利の鍵になってきています。4バックに戻して宮原和也か小林裕紀をCHに使うのが一番ボール取れそうな気もしますが(もはやファミリー公認?定説?総意?の待望)、確実にやらないでしょうね。守備ブロックに2人自由人がいるのは無理派です。自由人は0人まで。ネットの前半の走行距離3位には驚愕しましたが、それとボール取れるかは別の問題です。

クロスへの対応

ヘディングで3連続失点(宇佐美、興梠、関根)しています。クロス対応が苦手なのは今に始まった事ではないですが、普通クロスからのゴールってそんなに入るものではないので異常事態レベルです。(T_T)

5バックだし、まずはクロスを上げさせない努力をもっとしなきゃですね。

最後にいいとこも

・・・とネガティブな事ばかりでは、読後感が悪すぎて「いいね!」もらえなそうなので良いところも書いておきます。


  • 守備ブロックの位置をミドルゾーンにすることで、意図的にオープンな展開が増やせています。そのため、ここ最近スペースのある状態で攻撃が出来ているため、技術がそのままゴールに繋がっています。
  • ネットが相手ボックスまで侵入する形も頻発しています。パス出して終わりじゃなく、連続性をテーマに挙げているチームの成果なのではないでしょうか?
  • 太田のセットプレーは、シャビエルに比べボールスピードがあり、名古屋は身長もあるので期待が高まります。
  • 福田解説員はジョーと名古屋に優しい。
  • シャビエルや前田直輝の調子が戻ってきているので、攻撃は何とかなりそうな気がする!”ジョーがポストに入りスルーパス⇒シャビエルと前田が前向きで受ける”というのが増えている。
  • 他にも良かった部分もありました。カウンター守備です。中央を固めつつ、ボールにチャレンジする選手は一定の距離を取りながら下がり、サイドに誘導する。時間もかけさせる。割と安心感ある感じに仕上がっています。「風間監督も守備の構築進めてますよ、みなさん。」組織的守備の構築はラスボス感が尋常じゃないですがw

ローン3選手(櫛引一紀、秋山陽介、菅原由勢)が揃ってスタメンを勝ち取って、ユースは優勝してと、クラブ全体は”ゆっくり”良い方向に向かっている気がします。”ゆっくり”


更新情報をツイートしますお願いします。

↓クリックすると
↓みなさんのグランパスブログが見れます
にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスへ
にほんブログ村

コメント

このブログの人気の投稿

レビュー)川崎 vs 名古屋~良い方向に転んだ真っ向勝負~

名古屋(H)3-0川崎(A)/豊田スタジアム/2019.8.10
得点者(名):和泉竜司、和泉竜司、前田直輝

いやー、勝ちましたね!しかも、川崎から3点。クリーンシートで。

おかげで良いお盆を過ごすことが出来ました。(といっても、嫁実家のTV前に鎮座していただけですがw)

川崎と実力差があるわけではなく、すべてがうまく名古屋の良い方向に転んで掴んだ勝利でした。もちろん名古屋の成長もあるわけですが、川崎の調子の落ちている部分も多分にあった試合でした。

これからも厳しい戦いが続きます(松本、横浜FM、FC東京…)。これからさらに勝利を重ねるために引き締める意味で、紙一重で良い方に転んだという視点で川崎戦をまとめます。


【良い方向に転んだ紙一重ポイント】
前田過労死システム川崎の間受けに特化したスタメン名古屋のビルドアップ隊と中村憲剛
スタメンとダイジェスト 名古屋は4-4-2に戻し、CBとして藤井陽也がスタメン。 #鯱の大祭典🔥ホーム第2戦 明治安田生命 #J1 第22節「vs #川崎フロンターレ」(@豊田スタジアム 19:00 KICK OFF )#grampus スターティング11✨

▶️https://t.co/rSqDqmZEwMpic.twitter.com/yS5zY1brIo — 名古屋グランパス (@nge_official) August 10, 2019
川崎は4-2-3-1。大島がアップ中に出場回避ということで、山村に変更になっていました。
8/10(土)
明治安田生命J1リーグ 第22節
川崎フロンターレ vs 名古屋グランパス
19:03キックオフ 豊田スタジアム

本日のスターティングメンバー!
(ポジション毎に背番号順に左から掲載) 【広報】 #frontale

J1・J2・J3全リーグ戦を DAZN( @DAZN_JPN )が配信中!! #WATCHDAZNpic.twitter.com/m2p7gpEpFM — 川崎フロンターレ (@frontale_staff) August 10, 2019
こちらは、22節 川崎戦のダイジェスト。0秒でスタメン出ます


良い方向に転んだポイント①名古屋組織的守備 この日の名古屋の組織的守備はプレスラインをセンターライン10m前に設定し、ミドルサードでコンパクトに守るものでした。そしてこれが、前田直輝過労死…

レビュー)G大阪 vs 名古屋 ~割り切って勝ちにこだわって~

名古屋(H)2-2 G大阪(A)/豊田スタジアム/2019.7.20
得点者(名):前田直輝、宮原和也
得点者(大):アデミウソン、宇佐美

鯖缶(味噌)でビール飲みながらブログを書いております。(鯖缶の"ちょい足し"はワサビが合う。)ロスタイムに同点に追いつかれる悔しいドローとなりました。

今節も悔しい結果となりました。が、"いいとこ成分多め"でレビューを書いていきたいと思います。今にもダークサイドに落ちそうだが...

「まず、観客42975人がいいとこだよね。あと、初スタメン2人もいたし、1人はユースっ子だし。さらに、吉田豊がライバル太田宏介の加入で気を吐いていたし。あと、他チームはガンガン主力を海外/その他に抜かれてるし...。」

そんな中、ある程度割り切った(=ロマンだけを追いかけていない)戦いをG大阪戦では見せていたと思うので、そのあたりをレビューします。


まずは、20節 ガンバ戦のダイジェストから。0秒でスタメン出ます


全体論 名古屋は3-4-3で、守備時5-4-1でプレスラインはセンターライン付近にして、あまり深追いせず、下げすぎもせずという狙い。攻撃時はネットかシミッチが下りて4-3-3から、押し込んて行くと3-2-5というような形でした。
一方、ガンバは3-5-2で、守備時は5-3-2でこちらもプレスラインはセンターライン付近にしてあまり深追いせず、下げすぎもせずという形。攻撃では、遠藤、矢島、倉田、宇佐美(NEW!)がふらふら中間ポジションに入り、両WG(中村、福田)で幅を取りながら進める遅攻と、スピードとテクニックでポイントを作ることが出来る2トップ(アデミウソン、宇佐美)を生かした速攻を混ぜながら攻撃してきました。
お互い、「ミドルサードで取って、早い攻撃をしよう!」という意図ががっぷりよつの形でした。お互いボール保持の安定感があり、ミドルサードで虎視眈々と隙を狙うボール回しが面白い試合でもありました。
ボール支配率は名古屋46%(!)、G大阪54%でした。G大阪の方が「ビルドアップで後ろの方で回しておこう」という、のらりくらり感があったため実質5分5分ですが、名古屋が明確にやり方を変えてきた影響を表す数字だと思います。(割り切りポイント①押し込むにこだわらない)
名古屋のスカッド 両WBに吉田豊、宮原…

レビュー)C大阪 vs 名古屋~和式が洋式に負ける~

名古屋(A)0-3 C大阪(H)/ヤンマースタジアム/2019.7.13
得点者(C大):丸橋、高木、ブルーノメンデス

典型的な和式が洋式に負けた試合。レビューおしまい。。。で済むんじゃないかという試合でした。セレッソ強かった。。。

C大阪の論理的なポジショナルプレーに対し、ハーフスペースで起点を作られ続け、先制を許しました。そして、後半にその修正として、4バック(4-2-3-1)に戻しました。これが湘南戦以前のいつもの和式に戻ってしまい、ネガトラ時の守備バランスが崩れる要因となりました。その結果、”数的不利がやばいカウンター”を喰らいまくり、追加点、ダメ押し点を取られました。

後半に4バックに戻して、SBも高く攻め上がる従来の形に戻した事は、逆転するための戦略として私は残念でした。下記の引用の風間監督の試合後のコメントとは真逆の感想です。

#セレッソ大阪 戦後 風間八宏監督会見
▶️https://t.co/vp6dq2yEPE#INSIDEGRAMPUS#grampuspic.twitter.com/06lV8qFTNO — 名古屋グランパス (@nge_official) 2019年7月13日
前半はシステムでやってしまった。それによって、自分たちによるピンチがいつもより多かった。後半は相手と同じような形にしてしっかり押し込もうという考えでやりました。実際に押し込みはしましたが、最終的な部分でロストをしてしまい、失点をしてしまいました。 私は、上記の風間監督のコメントとは別の見方をしていますので、その部分をレビューします。負けたので結果論で「風間監督は間違っている」という話ではなく、試合の流れの別の見方として「こういう見方もできませんか?」というものを述べたいと思います。


まずは、19節 セレッソ戦のダイジェストから。0秒でスタメン出ます




セレッソの攻撃の狙い(洋式) 「雨降ってるね」、「ピッチ悪いね」、「左右CBは背低いね」、「1アンカーだね」という試合の特徴を読み取り、「だったら、ハーフスペース(HS)のアンカー脇に縦パス入れていこうね。」、「2トップが流れて入ってもいいし、左右SHが入ってもいいよね。」
「2トップが入った場合は、CBがピン止めされるから名古屋のWBの裏に自動的に入れれば走り合いになるよね。そしたらポジショナルプレーの方が先に判断するから勝…

レビュー)湘南 vs 名古屋~おもてた3バックとちがう!~

名古屋(H)0-2湘南(A)/パロマ瑞穂/2019.7.7
得点者(湘):齊藤未月、金子大毅

スタッツは、シュート数28本のボール支配率68%。シュートは正面を突き、湘南DFは闘志みなぎるシュートブロック。”そういう試合”でした。

テイクアウトの寿司に付いている袋入りのガリを直接食いながらビール飲んで、ブログ書いてます...と、やさぐれつつも今日はいい事も書けそうな気がします。だから、”いい意味で”変わったことに絞って綴りたいと思います。(皮肉は出るかもしれん、、、けど極力無くします!)

3バック?システムではないんでね。 開始早々に丸山祐市が怪我で交代し、スクランブル感ありながらも3バックでほとんど1試合を戦いました。解説の飯島さんも3バック(343?)と言っていたから、3バックなのかもしれませんが、守備の仕方は普通の3バックとはかなり違いました。おもてた3バックと違う!(いい意味で)

普通3バックはボールサイドにあまりスライドしませんが、この日の名古屋の3バックはボールサイドにスライドし逆サイドのWB(主に相馬勇紀)が下りてきてミドルゾーンでは4バックを形成。更に押し込まれた場合は両WBを下げて5バックにする様に見えました。(この試合ではほとんど押し込まれませんでしたが。)

つまり、ボールを失ったら自陣に下がるにつれて、3バック⇒4バック⇒5バックと可変にしているような流動性があったと思います。

攻撃の仕方も結構変わってました。一番大きかったのは幅取り役が、宮原和也と吉田豊ではなかったこと。

フォーメーションで表しにくい試合だったので、今日は選手の役割に変化のあった部分にフォーカスしてレビューします。


スタメンはこちら。
明治安田生命 #J1 第18節「vs #湘南ベルマーレ」(@パロマ瑞穂スタジアム 18:00 KICK OFF )#grampus スターティング11🔥

▶️https://t.co/UmsX8ze12mpic.twitter.com/DwuAhvG69q — 名古屋グランパス 公式 (@nge_official) 2019年7月7日
【J1リーグ第18節 名古屋グランパス戦スタメン】
GK:秋元陽太
DF:山根視来 フレイレ 大野和成
MF:古林将太 齊藤未月 金子大毅 杉岡大暉
FW:武富孝介 山﨑凌吾 梅崎司
サブ:松原 小…