スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

どこよりも早いシーズンレビュー ~2022名古屋グランパス~

残留はほぼ確定し、代表ウィーク明けも待ってられない性分なんで、 どこよりも早い最速シーズンレビュー です。 今年の名古屋は、設計図通りにできたのか? 下のグラフがざっくり回答です。 横軸はボール保持率、縦軸は失点数、バブルサイズはシュート数です。ボールは保持したほうが、攻撃時間が長いので一般的に失点が減って、シュートも打てるので、右下がりでバブルも右下が大きくなる傾向を示しそうなグラフです。 そんな傾向の中で、 名古屋はボール保持と失点が共に少ない、左下の尖ったポジショニングに位置し、そのわりにはシュート数は多い といえます。そして、 このポジショニングは、「なっちゃった」のではなく「狙い通り」。 おそらく。 「非保持はめちゃくちゃ上手だから失点しないし、保持したってスペースなくなるだけだから、カウンター主体のほうが点入るよね。実際シュートは結構打ててるんだよね。狙った設計図通りなんだけど何か問題ある?得点が少ない?あとは決めるだけ・・・」という状態を表していると思ってます。 エースが不在で得点が極端に少なく、補強にかけるお金も限られる中で、ボール保持して欲しいファンにとっては物足りないでしょうが、 図左下でシュート数が多いという位置取りは、一定の理解はできる戦略 になっていると思ってます。「だって、他チームのボリュームゾーンの戦略を真似しても面白くないし、選手も取りづらいじゃん」と。 得点は想定外? 「得点できてら納得もできるけど、得点すくねーじゃん。」と言いたくなるのが世の常です。 下のグラフは得点とシュート数の関係を示しており、右上がりの傾向になります。が、 名古屋はシュート数の割に、得点できていません。 うん、知ってた。クバも宣福もマテウスも痛かった。 ここは健太もインタビューで再三言っている通り想定外。シュート数は設計図通りだけど、得点は設計図では何ともならんのか?ここが来季の焦点ですね。 「守備で疲れ切ってんじゃないの?」 という疑問が湧きます。 守備のし過ぎは得点の少ない理由なの? そこで下のグラフ、走行距離とスプリント数を示しています。右上に行くほどインテンシティが高いと言えますが、 名古屋はボリュームゾーンに位置し、極端に走らされているわけではありません。 広島も近くに位置していますが、名古屋とともに 守備のインテンシティは高く見える割に、守備のポ
最近の投稿

健太の欲しかったのは”2列目の突っ掛け力”

ジュビロ戦は、最下位・解任ブーストという苦手条件のなか、決定機を多く作って完勝のウノゼロでした。 今季10度目のクリーンシート。 ちょっと、夏の補強もあり、嚙み合ってきた感じがする。 とはいえ、今回のブログはレビューじゃないよ。ちょっと前から書いていた、最近の名古屋について妄想している事です。 正直、名古屋はずっと、 アンカーと2IHの3322よりも、ダブルボランチとツーシャドーの3421をやりたかった と思ってるんですよね。理由は 守備時の最前列を3枚にしたいから。 永井の獲得によりやっとワントップ適任者が現れたというところで、最近は3421が続いています。 とはいえ、最も 長谷川監督が欲しかったのは「2列目の突っ掛け力」 だったのではないでしょうか?3バック変更以降は、その人材探求の旅だったんですが、やっと決着したかなと。 今回のブログでは、「2列目の突っ掛け力」について書いていきたいと思います。 欲しかったのは2列目の突っ掛け力 「2列目の突っ掛け力」って言葉は造語です。 ミドルサードより前で2列目(シャドーかIH)の選手がプレスに行ったときに、相手のパスがズレるとか、ボールに“かする”とか、後ろの選手がパスコースを限定してインターセプトを狙えるとか、敵のビルドアップ隊の時間を奪ってボール奪取につながるきっかけを作ってくれるプレーぐらいの緩いイメージで使ってます。 昔よく言ったアリバイ守備の逆ですね。 (年がばれる) 守備で近くに寄せるけど、相手はパスを楽に回せて、何も起こらない・・・が連続することを断ち切るのが「突っ掛け力」です。「重廣力」とも言います。(言いません) プレスのスイッチなんて言葉もありますが、スイッチ押されても、結局何も起こらなかったら意味ないんでね。良いかどうかは、何か起こったかで決める。そんな気持ちをこめた「突っ掛け力」です。 もちろん、リーグ浦和戦のように先制してブロックを作って守るという時間も必要です。そのような時間帯もありつつ、 ショートカウンターを仕掛けたいときにはミドルサードより前で奪う必要があり ます。その時に生きてくるのが、突っ掛け力というわけです。 名古屋は、試合開始や札幌戦の様に前から嵌めに行く守備と、先制後やリーグ浦和戦などの様にじっくりブロックを作って引く守備とを、試合中・相手毎に使い分けています。 しかし、現状の様

レビュー)名古屋 vs 清水~後半は別物~

 名古屋(A)2-1清水(H)/IAIスタジアム/2022.5.21 得点者(名):仙頭啓矢、相馬勇紀 得点者(清):チアゴサンタナ 祝!リーグ戦2連勝、祝!!公式戦3連勝、祝!!!リーグ戦FW初得点(酒井)、祝!!!!相馬今季初ゴール、と良いとこ尽くめでしたね。 当ブログとしては、 直近のアップ時に名前を挙げて心配(苦言じゃないよw)を口にした酒井と相馬 が2人ともゴールを決めるという偶然に見舞われました。これは、スピリチュアル御利益が当ブログにあるのではないかと、中の人も期待が高まっているわけです。 一方の試合内容に目を向けてみると、前半は今季1.2を争う好ゲームだったのに対し、後半はかなりサンドバック状態… というわけで、波に乗っていきたいグランパスの課題である、後半のゲームの運び方を中心に綴っていきたいと思います。 ダイジェストはこちら。0秒でスタメン出ます↓サムネかわE 前半はいいんだよ この試合含めリーグ戦では5試合、公式戦では7試合の先制が示しているように、前半のグラは強い。この試合も 前回ブログで書いたように、仙頭がいい感じにしてくれる作戦 でいい感じに。ウェット決め決めスタイリングでも、サラサラスタイリングでも仙頭は仙頭でした。 ”仙頭いい感じ作戦”を簡単におさらいしておきます。守備時に352から仙頭が上がり3421化して、前線の守備強度を高め、それに伴い仙頭はSB-CH-CB三角形の広い範囲の守備を賢くカバーしていい感じに。攻撃時は、仙頭がHV-WB間に下りたりしてボールを引き出し、長短のパスでゲームをいい感じにしてくれます。そして仕事人はオーバーペースで60分ごろには交代します。 ここ数試合続けているこのゲームプランの大枠は清水戦でも一緒でした。 もちろん清水用のディテール調整はありました。例えば12分のシーン。 仙頭がボールを受けに動く位置はサイド。 本来、吉田がいる位置に動き、吉田を前に押し出していました。この動きにより、SB片山は吉田にピン止めされ、仙頭にはSHのカルリーニョスが対応することになりますが、比較的、仙頭がフリーでさばけるようになり、安定したビルドアップに貢献していました。 前半22分、マテウスの股抜きからクロス、それを酒井がニアですらしてゴールします。このゴールシーンでも、仙頭がサイドに張り出してました。前半序盤にこの形で、

レビュー)名古屋vsC大阪~「何で仙頭は最初に交代させられちゃうんですか?(小2男子)」~

名古屋(H)1-0C大阪(A)/豊田スタジアム/2022.5.14 得点者(名):仙頭啓矢 やっと勝ちましたね!3分3敗後の7試合ぶりの勝利! ここ4試合は先制しているので、これだけ勝てないのは呪われているとしか言いようがない。「大津の2分で2点」の呪い、「ウタカの普通は入らないヘディングシュート」の呪い、「あんなのでVAR介入してたらゴール入らないよ」の呪い、きっと今日勝利できたのは、あなたのお祓いや滝行のおかげだと思います。その前も、鹿島、FC東京の上位に引き分けなので、ずっと調子はそんなに悪くないんですよね。 やっぱり、「ゲームマネジメントが石橋のマッシモと比べるとなー」、みたいなところも気になると思います。その意味では、この試合はマネジメントがハマった試合になったので、そんなこんなをレビューします。 スタメン・試合内容の確認はこちらから↓0秒でスタメン出ます。 仙頭過負荷の可変守備 名古屋はアタッキングサードとディフェンシブサードでは352ベースの陣形で守備をして、 ミドルサードでは仙頭が少し前に出て3421気味に守備 をする形でした。前節のマリノス戦と同様ですね。ミドルサードのボールを狩りたいところだけ、仙頭を前に出し左右非対称の守備で敵ビルドアップ隊に前線3人でプレスする意図ですね。 ミドルサードでの3421化により守備のマッチアップが、右SB松田は左IH仙頭、左SB山中は右WB森下、右SH毎熊は左WB相馬、左SHパトリッキは右HV中谷と固定されることで、出足の早い守備が期待できます。 中谷がアウトサイドまで迎撃しても、中央には高さのある藤井と丸山が残ること、稲垣を脇に置いておくことで中央のレオシルバおじさんがあまり動かなくて良いこと、ディフェンスラインまで降りた際に相馬の方が森下よりも守備に長けること、今攻撃で一番輝いている森下を前に残せることなど、合理的な配置に見えました。 この役割だと相馬よりもマリノス戦同様に吉田の方がよいと思われますが、勝てば自力予選通過がかかるルヴァンが水曜日にありますので、そちらで吉田を先発させる意図もあるのではないかと推測します。 この ミドルサード3421化で一番負荷がかかるのは、仙頭です。 だから、2試合連続で仙頭が最初の交代になってるんですね。そこらへんはセレッソもわかっていて、SB松田を仙頭の裏まで上げ、CBヨニッ

11節を終えた健太監督の評価と期待

今回は試合のレビューではないですよ。 健太監督の評価って困りますよね。 2022/5/3時点で、勝ち点11の13位・・・20年3位、21年5位ときた今年としては不満だし⤵、 ただ、ルヴァンは予選リーグ最終節で徳島勝てば自力予選通過の第2位ですし⤴、 藤井陽也、甲田英將ら若手も使ってるし⤴、 マッシモ期ほど守備的でもないが⤴、守備が鉄壁でもない⤵、 好調上位の柏、鹿島、FC東京辺りと良いゲームをして引き分けもあるし⤴、ただ、勝ったのは神戸と湘南という下から2チームだけだし⤵、 磐田戦前半のようなボール保持で面白いゲームをするときもあれば⤴、後半受けに回りすぎて逆転されるときもあるし⤵、湘南戦の様に久しぶりの逆転勝ちもあるし⤴、 3バックにシステム変更して復調と思いきや⤴、それに伴い交代カード不足に陥り⤵、 ファストブレイク発動するのかと思いきや⤴、それほど発動しないし⤵、 シュート数多いと思いきや⤴、難易度の高いシュート多すぎて入る気しないし⤵、 補強組が活躍している⤴と思いきや、移籍ブーストは終了気味だし⤵ 怪我明け復帰組も生かしているけど⤴、年俸ほどの活躍になってないし⤵(酷か)、 ・・・・・ ただ、今年のJ1は引き分けが多いようで、2022/5/3時点で計算すると96試合中37試合が引き分けなんですよね。実に 引き分け試合38%!! 。 平均勝ち点にすると13.9点 なんですよね。川崎1強時代から、団子状態のJ1が戻ってきました(鹿島は強そうだけど)。勝ち点11の13位なんて、ぜんぜん気にすることじゃないんですよね。 なので、言いたいことは 『つべこべ言わず3連勝しろ!!』 と、ポエム的なブログになりましたが、言いたいのは 将来強くなりそうかどうかが大事 ってこと。 守備はセットプレーを除けば安心して見ていられるし、 少ないタッチのショートパスが数本続く崩しも見られるし、 SBからSHへという攻撃ルートではなくハーフスペースを経由することが多くなったし、 3バックを中心としたビルドアップは京都などの一部のインテンシティの高い守備を標ぼうするチーム以外に対してはボール保持を基調とした試合もできそうだし、 ボール非保持でも決定機数が上回っている試合も多いし、 ストライカーはマテウスがOG含めれば5点ぐらい取ってるし、 グエン来るし(知らんけど)、 もうちょっと順位上

レビュー)柏 vs 名古屋~やりにくさの訳~

名古屋(H)1-1柏(A)/豊田スタジアム/2022.3.20 得点者(名):マテウスカストロ 得点者(柏):細谷真大 この やりにくさ は何だろう?勝ち点1、シュート集や支配率といったスタッツなどの表面上現れている結果以上に苦しんだ印象だ。風間期以来久しぶりに、神が神のまま存在している事を感謝することとなった柏戦の「やりにくさ」をレビューしようと思った・・・が、理由はスッキリまとまらんかった。すまん。 まずは、5節 柏戦のダイジェストから。0秒でスタメン出ます 柏の基礎情報を少し。5-1-2-2で、2トップ2IHなので中央前目に人が多い。3バック、4-♢ー2のチームも増えてきているし、中央固めるトレンドをJ1全体に感じる。なので、攻撃時は2トップ、2IHが流れてサイドにポイントを作るのだが、細谷、マテウスサヴィオ、ドウグラス(名古屋戦は欠場)、小屋松などなかなか調子が良く、カウンターが完結できる。ということで、名古屋戦に至るまで3勝1敗と好調である。 なんかやりにくい(攻撃編) 何故だ。なぜこんなに細谷が、小屋松が、大南が、マテウスサヴィオが、三丸が、活き活きと上手く見えるのか?隣の芝か?ネル爺の計略か?実際個々の調子が良いことを抜きにしても、やらせすぎだ。 やりにくさの訳を紐解くため、順に見ていこう。 名古屋CBのミドルゾーンにおけるビルドアップに対して、細谷を2CBの間に立たせほとんどチェイスしない。省エネだ。名古屋SBにボールが入ると柏IHが出てくるがこのプレスも緩慢。どうもここで取る気がない。 名古屋側からすると、比較的余裕のあるCBからのロングボールが効くのでは?となる。しかし、5バックでレーンを埋め、高さスピード共にある柏のDFラインにそうそう良いボールは入らない。 ならば、中間ポジションに立ったSHやCHへのグラウンダーのパスで!となるが、ここは柏的には、最も狙っている所な訳で。前線のチェイスにエネルギーを掛けない代わりに、小屋松、戸嶋、マテウスサヴィオらの 強烈なプレスバック によりボールホルダーが2~3人で挟まれるという構図が繰り返される。 仙頭や阿部ちゃんが一発狙いのワンタッチを狙っては、通らないというのを多く見た。調子の問題もあるかもしれないが、柏の圧力も相当だったのだと思っている。 19分ぐらいだろうか。良いボール保持から押し込んで

レビュー)名古屋 vs 鳥栖~クリーンなファストブレイク~

名古屋(H)1-1鳥栖(A)/豊田スタジアム/2022.3.6 得点者(名):OG 得点者(鳥):福田晃斗 名古屋にとっては勝ち点3取りたかった、ポジティブな内容のドローだったと思いますが、皆さんはいかがでしょうか?開幕してから ”こっそり”2アシスト と好調な新10番マテウス始め、新戦力も順調にフィットして、リーグに関してはそれなりに内容も伴った良い滑り出しだと思います。そんな鳥栖戦をレビューします。 まずは、3節 鳥栖戦のダイジェストから。0秒でスタメン出ます。 今日のファストブレイク論 先発は 1節の神戸戦(レビューはこちら) と同じメンバーとなりました。現状のファーストチョイスなんですかね。 しかし、攻撃のパターンは変えてきました。前節は、神戸が中央に絞った中盤ダイヤモンドの442であったこともあり、敵SB前のスペースがありました。そのため GK-DF間へのアーリークロス祭り感 がありました。しかし、鳥栖戦はほとんどありませんでした。 鳥栖戦では、アーリークロスの代わりに、深く侵入してから DFラインの表(鳥栖攻撃方向)にグラウンダーのクロス を多用してきました。神戸戦をスカウティングして、DFラインが下がりがちになるであろう鳥栖の裏をかく、チームとしての意思統一があったではないでしょうか? 私としては、1年間アーリークロス祭りを見続けることが回避できたので、ほっとしたのでした。 また、この試合の両チームの序盤の狙いは 「ジエゴの裏 対 チアゴの裏」 でした。 言いたかっただけです。すいません。 ということで、今日の 私的ファストブレイク論は、『相手に合わせた 攻撃ルートの カウンター』 という所でしょうか。 今日のファストブレイク論2 今節のダイジェストにも見られるのですが、 クリーンなカウンター が非常に多かった。クリーンという言葉は、相手がボールに触れたり、密集からこぼれ球が出たりとガチャガチャすることなく、フィニッシュを迎えているという意味で使いました。 例としては、マテウスの反転シュート、酒井宣福のヘディングシュート、仙頭啓矢のスライディングシュートなど。決定機が多く見られ、名古屋が勝つべき試合内容だったと思います。 クリーンな速い攻撃が得意なチームとしては横浜FMがあると思うのですが、WGにボールが渡った後の質は結構同じぐらいのレベルにあ