スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

レビュー)名古屋 vs 仙台~散在と密集、そして阿部浩之~

名古屋(A)1-1仙台(H)/ユアテックスタジアム/2019.2.22
得点者(名):阿部浩之
得点者(仙):シマオマテ

始まりました、J1リーグ。
人生のうるおい、グランパス。
早くもバンディエラ、司令塔、闘将、ピッチ内の監督、王様、阿部浩之。

1節ですし、今回は今年はこんな感じの戦い方するんじゃないか説と阿部浩之について書きたいと思います。

まずは、1節 仙台戦のダイジェストから。

まず、このダイジェストの必見です。なぜなら、失点シーン以外すべて名古屋のチャンスという編集になってます。以前は試合内容にかかわらず、半々だった気がするんだが。DAZNの方針なのか?

今節のプレビュー記事はこちら。

戦前は、攻撃では仙台の前からのプレスに苦しんでビルドアップに苦労し、守備では引きこもってSHを下げた6バックの時間帯もあるのではないかと予想していましたが、なんてことない名古屋のペースで試合のほとんどの時間を過ごす事が出来ました。

ドローながら、まずまずの初戦となった名古屋の戦い方を、私なりにレビューします。

散在と密集 名古屋は4-2-3-1というより、4-2-1-3じゃないかと。仙台は4-4-2です。 #grampus スターティング11 🔥

2020 #Jリーグ開幕 戦「vs #ベガルタ仙台」(@ユアテックスタジアム仙台 14:00 KICK OFF )

📱#DAZN で画面の前からも共に🤝 ▶️https://t.co/0gSUmsg5tc — 名古屋グランパス⚽️ (@nge_official) February 22, 2020
【スタッフ】
🆚 #名古屋グランパス メンバー
GK ヤクブスウォビィク
DF 蜂須賀孝治、シマオマテ、平岡康裕、柳貴博
MF 吉野恭平、松下佳貴、道渕諒平、佐々木匠
FW 赤﨑秀平、ジャーメイン良

SUB 関憲太郎、パラ、金正也、椎橋慧也、田中渉、関口訓充、石原崇兆 pic.twitter.com/dcaQOHK2nc — ベガルタ仙台【公式】ベガッ太&ルターナ(時々)そしてスタッフ (@vega_official_) February 22, 2020


この試合はミドルサードのビルドアップでは、ピッチを大きく使うため選手間は広く取り(散在)、オフェンシブサードの崩しの局面では、4人の鳥かご(密集)を作りながらフィ…
最近の投稿

プレビュー)仙台 vs 名古屋~ルヴァン仙台 vs 浦和より~

待ってたよ、開幕。 そっけなくしていても、やっぱり待ち遠しかった2020シーズン。開幕しました。

ルヴァン初戦の鹿島戦に見事勝利して、幸先の良いスタートも切れました。(けど見てない)

一方、なぜか見たルヴァンの仙台-浦和戦(2-5)をもとに、リーグ初戦である仙台戦を軽くプレビューしたいと思います。

1試合しか見ておらず、試合序盤の大量失点で試合が崩れたこともあり、プレビューが当たるとも思われません。が、初戦だし仙台の今年やりたい事が表れているだろう前提で考えました。

まずは、次節対戦する仙台の前節(ルヴァン杯 vs浦和)のダイジェストから。


仙台のスタメンはこちら
【スタッフ】
🆚 #浦和レッズ メンバー
GK ヤクブスウォビィク
DF 蜂須賀孝治、シマオマテ、平岡康裕、常田克人
MF 吉野恭平、松下佳貴、道渕諒平、田中渉
FW 佐々木匠、ジャーメイン良

SUB 関憲太郎、パラ、金正也、椎橋慧也、石原崇兆、浜崎拓磨、山田寛人 — ベガルタ仙台【公式】ベガッ太&ルターナ(時々)そしてスタッフ (@vega_official_) February 16, 2020 ゲデス、クエンカ、””長沢””といった攻撃の大駒が負傷のためベンチにも入ってません。繰り返します、長沢、長沢。

システムは4-4-2でした。4局面の基本的なやり方をご紹介していきます。

ボール保持時 ビルドアップ時は、DHが1人下りて最終ラインは3枚になって、左右SBを前に押し出します。そして、SHはペナルティ幅に絞ります。すると、敵SBも中に絞ります。サイドにできたスペースに、SB、SH、2トップのいずれかが顔を出すことで、マークのずれを作ります。そこからのクロスやドリブルでチャンスを作ります・・・というのが基本的なやり方でした。
前の4人は交互に裏抜け、間受けを繰り返し流動的に動きます。4人ともスピード、ドリブルがあり、コンビネーションも良かったので、負傷者の不在を大きく感じることはありませんでした。

道渕が横方向のドリブルをすることで、周りを誘導し活かしているのが印象に残りました。
また、SBは結構高い位置を取ることができて、攻撃の起点となっていました。SB起用の常田はもともとCBだそうです。長身ながら、走るスピードと、クロスのスピードがあって、確かにSBの適性も高そうに思いました。逆サイ…

2020チーム編成・・・強くない?

2020編成に思うこと 和泉の流出や、山崎、稲垣、阿部といった主力級の加入が発表されているなか(2020/1/5現在)、チーム編成について思った事を書きたいと思います。
風間監督時代に、「各ポジションに同じレベルの2人がいれば、最高」的なコメントがありました。そりゃ当たり前ですが、今年の編成はそれを超忠実にやろうとしているんじゃないかという仮説です。(図参照。契約更新前の選手を含む。)
ちなみに、4-4-2は仮で、4-3-3の場合でもライバルは一緒かなと。選手の特徴は皆さんの方が良くご存じだと思いますが、特性の似た2人を並べてみたらこんなにも揃っているのかと驚きました(実は吉田が2人いるが。)。特性はこんな感じ↓。
バランスが盤石・・・正直強そう。
バランスという意味では、セットプレーのキッカーという意味でも、マテウスと相馬のレンタル復帰はぜひお願いします。
ここに書いてない選手はほとんど生え抜きや若手なので、その意味でもバランス良いなと。
補強の方針を推測するに・・・前回のブログにて書かせていただいた、チームの課題である前目の守備力や機動力を補いつつ、替えの利かないピースであったジョーや米本のポジションに同タイプの選手を取ってくる・・・ってのが補強の方針じゃないかと推測します。
編成の歪がいっきに解消された感じがするのは、監督のせいなのか、強化部が長年やろうとしていたことが今年実ったのか?
おわりに
マテウス・相馬がレンタルから帰ってくる前提、契約更新前の選手が残る前提、にはなりますが、「バランス良くて強そう」って思ったので、短いですがブログを更新してみました。
個人的には”攻守一体の攻撃サッカーは取り下げていない”と認識しているのですが、このスカッドなら十分やれそうな気がします。
競争原理で自然な強化が図られることに期待です。


トップページのブックマークをお願いします。
更新情報をツイートします

↓クリックすると
↓みなさんのグランパスブログが見れます

にほんブログ村

フィッカデンティ監督への期待

契約更新( ゚Д゚) フィッカデンティ監督との契約が更新されました。
#マッシモフィッカデンティ 監督と、#2020シーズン の契約を更新しました🤝#grampus — 名古屋グランパス⚽️ (@nge_official) December 20, 2019心づもりは出来ていたとはいえ、前任者のサッカーに魅了されていたので、ちょっとサプライズ人事に期待していた面もあり、正直残念。

風間サッカーおよび名古屋のスカッドは魅力的な反面、リスクテイクしすぎていて、わかりやすい穴がありました。

その穴をフィッカデンティ監督の戦術および大森SDの補強が上手く補ってくれるはず・・・じゃないと意味がない。「やらなきゃ意味ないよ」(これ18年か!)

ってことで、埋めてくれるはずの3つの『穴』という切り口で2019の振り返りがてら、綴っていきます。

穴① 前線の守備力穴② CHの機動力穴③ しとめる
3つの穴は相互に関係していて、シーズン通してこの穴に対する対策も今シーズン見て取れました。そして、残課題として残っています。ここを克服して「来シーズンはACLだ!」。(来年は宣言しないのかな?)


穴① 前線の守備力 ここでの前線とは、FWとSHを含めた4人とします。
攻撃面で、ジョーとシャビエルを使いたい(さらにはCHにネットも・・・)。けれども、併用すると前からのパスコースの限定やプレスがかからない・・・そこで編み出されたのが開幕当初の守備時4-2-4です。詳しくは、フットボリスタの記事を参照してください↓。

https://www.footballista.jp/column/62860


前プレ要員を4人並べたこの戦術では、ジョーやシャビエルの守備のアラが見えませんでした(遠い記憶では)。この戦術は、即時奪回が前提であり、即時奪回が出来なくなるにつれて機能しなくなっていきました。つまり、インテンシティの低下と研究されることによって、機能しなくなりました。面白いけど、持続的にシーズン通してできる戦術ではありませんでした。(⇒穴②に続く。)ダニルソンがいれば、できたかもしれんが。

続いて、アーリアのセカンドトップ起用です。これは、今年のヒット作!!ジョーの守備軽減のために奔走するアーリアは今年最も株を上げた選手の一人ではないでしょうか?スライドではなく、ジョーとクロスしながら守備をする姿を…

プレビューのようなもの)磐田 vs 名古屋~あと勝ち点1~

あと勝ち点1!! 2019シーズンも残り2節を残し、プレーオフ出場圏の16位湘南との勝ち点差は5となりました。湘南との得失点差が21あるので、実質あと勝ち点1あれば残留が決まります。
せっかくフィッカ将を招聘したんですから、次節磐田戦は思いっきり塩試合を仕込んで無風のまま残留を勝ち取りたいものです。

そこで、今回は名古屋の現在地を振り返りつつ、磐田戦の妄想をしていきたいと思います。
前提とするスタメン 前節の鳥栖戦のスタメンはこちら。 Last 3 matches⚽️明治安田生命J1リーグ 第32節「vs #サガン鳥栖」(@豊田スタジアム 14:00 KICK OFF ) #grampus スターティング11 🔥#名古屋を愛する者達勝てない訳がない — 名古屋グランパス⚽️ (@nge_official) November 23, 2019 フィッカデンティ監督就任当初の4-3-2-1から、シミッチ、シャビエル以外は風間監督時代のスタメンに収まってきて、フォーメーションも4-4-2になっています。次節もこのベースで行くでしょう。

和泉竜司がイエロー累積で出場停止(ちなみに、シミッチも)です。和泉の代役は赤崎秀平を推したいと思います。また、吉田豊の怪我なので、状況は知りませんが太田宏介が出る可能性があります。

まずは、しっかり守ろう! 当たり前ですが、勝ち点1で良いので守りましょう。2試合連続のクリーンシート中ですし、失点0で。塩試合の手始めは、引いてブロックから!
今の4-4-2は、一般的なピッチの幅をスライドで守るという思想とは違い、4バックは中央から動かず、”和泉(SH)が無限に下がって良し。サイドライン際の守備は前から後ろまですべてSH”という仕様になっています。(もともと、4バックはピッチ幅をカバーするには不足だと言われています。風間時代は、スライドしてピッチ幅をカバーしていました。)前田直輝も和泉竜司も攻撃にも多くのタスクを追っていますので、守備で遅れる場面が散見されますorz
その代償として、鳥栖戦では原へのPKを取られてしまいました。一方、中に絞っていたクエンカにはSBの宮原和也がスペースを与えず、ほとんど仕事をさせませんでした。(同サイドの三丸はかなりフリーでしたが・・・)

結果、PKは失敗しクリーンシートで終わったので作戦成功です。
磐田もサ…

レビュー)大分 vs 名古屋~安全第一、勝利第二~

名古屋(H)1-1大分(A)/パロマ瑞穂/2019.10.5
得点者(名):赤崎秀平
得点者(大):三平和司

試合からだいぶ経ってしまったので需要があるかわかりませんが、大分戦のレビューです。

シュート数、決定機の数共に名古屋が優勢に進めた試合でした。敵陣深くでジョーがボールを回収して得た決定機をコバユーに止められたり、前田、ジョーの決定機をGK高木のファインセーブにあったり、勝ってもおかしくない試合でした。先制されても追いついたことを前向きにとらえましょう。

何もさせなかった前半の守備の話と、ジョーへの放り込み以外の部分の攻撃について綴ります。

両チームのスタメンはこちら。
明治安田生命J1リーグ 第28節「vs #大分トリニータ」(@パロマ瑞穂スタジアム 14:00 KICK OFF ) #grampus スターティング11 ⚽🔥

▶️https://t.co/jyECVzKfx6pic.twitter.com/CqyZWJRnPW — 名古屋グランパス⚽️ (@nge_official) October 5, 2019
📣 スタメン発表 📣
明治安田生命J1リーグ第28節 vs名古屋 https://t.co/7uBsjkEeXQ
ご声援よろしくお願いします❗️
DAZNでも応援宜しくお願いします!今なら、1ヶ月無料です!
視聴はこちらから→https://t.co/C69li3Jc7K#勇猛果敢#trinita#大分トリニータpic.twitter.com/y1Teh8tKib — 【公式】大分トリニータ (@TRINITAofficial) October 5, 2019
ダイジェストはこちら。(コバユー!)




何もさせなかった前半の守備 名古屋はボール非保持時は中央に絞った4-3-3。大分は基本布陣の3-4-2-1から、ボール保持時はボランチを一人下げ、WBが上がることで4-1-4-1的な形になります。(ミシャ式みたいのです。)

大分は、GKも含めた深い位置での自陣ビルドアップを繰り返しながら、相手をおびき寄せて、食い付いたところを縦に速い攻撃をするのが得意です。(疑似カウンターとか言われるやつです。)そのため、最近はどのチームも、比較的低い位置にプレスラインを引いてくることが、これまた定番となっています。

そのため、今節のスタメンには、スピ…

レビュー)広島 vs 名古屋~リアル残留争い脱出ゲーム~

名古屋(A)1-1広島(H)/エディオンスタジアム/2019.9.28
得点者(名):前田直輝
得点者(広):野上結貴

まずは、27節 広島戦のダイジェストから。


両チームのスタメンはこちら。
明治安田生命J1リーグ 第27節vs.名古屋グランパス【スタメン】GK:大迫、DF:野上、荒木、佐々木、MF:ハイネル、青山、稲垣、柏、川辺、森島、FW:渡【SUB】林、井林、清水、サロモンソン、柴崎、東、ドウグラス #sanfreccepic.twitter.com/loEABYncSD — サンフレッチェ広島 公式 (@sanfrecce_SFC) September 28, 2019 いつもの3-4-2-1。森島がスタメン、ドウグラスがサブに復帰。

明治安田生命 #J1 第27節「vs #サンフレッチェ広島」(@エディオンスタジアム広島 19:00 KICK OFF ) #grampus スターティング11⚽️🔥

▶️https://t.co/IUglS8kiAcpic.twitter.com/Cowkiw2ZTC — 名古屋グランパス (@nge_official) September 28, 2019 4-3-2-1、いわゆるクリスマスツリー。宮原、ネット、アーリアが監督交代の割を食った形に。


HELLO 現実
そうです。私たち残留争いしているんです。「上位とのアウェーの戦なんて、ドローで上出来…」って、まともな思考回路をフィッカデンティ監督に突き付けられました。

逆カルチャーショック。

これ以上、ローリスクの試合は考えられないほどの塩試合を見せられました。前政権からの継続性は皆無。残して欲しい所をすべて捨てて、リセットしていました。徐々にプラスしていくんでしょうか?逆に次節シャビエルがスタメンから消えることも想像してしまいます(T_T)

この戦い方に脳内麻薬が出るように自分が変われるか、不安もぬぐえません。

「攻守一体ってなんだ???今シーズンは、残留争いしてるからいいけど、来年このままだったら客入らんぞ、フロント」って言いたいのは皆さん一緒だと思います。そこはぐっとこらえて、3~5試合は見ましょう。まずは。

というわけで、今節の攻撃の議論をしてもしょうがないと思うので、守備のやり方を中心にレビューしていきたいと思います。

守備のお約束 選手が守備の約束事を…