スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

レビュー)大分 vs 名古屋~安全第一、勝利第二~

名古屋(H)1-1大分(A)/パロマ瑞穂/2019.10.5
得点者(名):赤崎秀平
得点者(大):三平和司

試合からだいぶ経ってしまったので需要があるかわかりませんが、大分戦のレビューです。

シュート数、決定機の数共に名古屋が優勢に進めた試合でした。敵陣深くでジョーがボールを回収して得た決定機をコバユーに止められたり、前田、ジョーの決定機をGK高木のファインセーブにあったり、勝ってもおかしくない試合でした。先制されても追いついたことを前向きにとらえましょう。

何もさせなかった前半の守備の話と、ジョーへの放り込み以外の部分の攻撃について綴ります。

両チームのスタメンはこちら。
明治安田生命J1リーグ 第28節「vs #大分トリニータ」(@パロマ瑞穂スタジアム 14:00 KICK OFF ) #grampus スターティング11 ⚽🔥

▶️https://t.co/jyECVzKfx6pic.twitter.com/CqyZWJRnPW — 名古屋グランパス⚽️ (@nge_official) October 5, 2019
📣 スタメン発表 📣
明治安田生命J1リーグ第28節 vs名古屋 https://t.co/7uBsjkEeXQ
ご声援よろしくお願いします❗️
DAZNでも応援宜しくお願いします!今なら、1ヶ月無料です!
視聴はこちらから→https://t.co/C69li3Jc7K#勇猛果敢#trinita#大分トリニータpic.twitter.com/y1Teh8tKib — 【公式】大分トリニータ (@TRINITAofficial) October 5, 2019
ダイジェストはこちら。(コバユー!)




何もさせなかった前半の守備 名古屋はボール非保持時は中央に絞った4-3-3。大分は基本布陣の3-4-2-1から、ボール保持時はボランチを一人下げ、WBが上がることで4-1-4-1的な形になります。(ミシャ式みたいのです。)

大分は、GKも含めた深い位置での自陣ビルドアップを繰り返しながら、相手をおびき寄せて、食い付いたところを縦に速い攻撃をするのが得意です。(疑似カウンターとか言われるやつです。)そのため、最近はどのチームも、比較的低い位置にプレスラインを引いてくることが、これまた定番となっています。

そのため、今節のスタメンには、スピ…
最近の投稿

レビュー)広島 vs 名古屋~リアル残留争い脱出ゲーム~

名古屋(A)1-1広島(H)/エディオンスタジアム/2019.9.28
得点者(名):前田直輝
得点者(広):野上結貴

まずは、27節 広島戦のダイジェストから。


両チームのスタメンはこちら。
明治安田生命J1リーグ 第27節vs.名古屋グランパス【スタメン】GK:大迫、DF:野上、荒木、佐々木、MF:ハイネル、青山、稲垣、柏、川辺、森島、FW:渡【SUB】林、井林、清水、サロモンソン、柴崎、東、ドウグラス #sanfreccepic.twitter.com/loEABYncSD — サンフレッチェ広島 公式 (@sanfrecce_SFC) September 28, 2019 いつもの3-4-2-1。森島がスタメン、ドウグラスがサブに復帰。

明治安田生命 #J1 第27節「vs #サンフレッチェ広島」(@エディオンスタジアム広島 19:00 KICK OFF ) #grampus スターティング11⚽️🔥

▶️https://t.co/IUglS8kiAcpic.twitter.com/Cowkiw2ZTC — 名古屋グランパス (@nge_official) September 28, 2019 4-3-2-1、いわゆるクリスマスツリー。宮原、ネット、アーリアが監督交代の割を食った形に。


HELLO 現実
そうです。私たち残留争いしているんです。「上位とのアウェーの戦なんて、ドローで上出来…」って、まともな思考回路をフィッカデンティ監督に突き付けられました。

逆カルチャーショック。

これ以上、ローリスクの試合は考えられないほどの塩試合を見せられました。前政権からの継続性は皆無。残して欲しい所をすべて捨てて、リセットしていました。徐々にプラスしていくんでしょうか?逆に次節シャビエルがスタメンから消えることも想像してしまいます(T_T)

この戦い方に脳内麻薬が出るように自分が変われるか、不安もぬぐえません。

「攻守一体ってなんだ???今シーズンは、残留争いしてるからいいけど、来年このままだったら客入らんぞ、フロント」って言いたいのは皆さん一緒だと思います。そこはぐっとこらえて、3~5試合は見ましょう。まずは。

というわけで、今節の攻撃の議論をしてもしょうがないと思うので、守備のやり方を中心にレビューしていきたいと思います。

守備のお約束 選手が守備の約束事を…

レビュー)清水 vs 名古屋~帰ってきた米本~

名古屋(A)2-3清水(H)/IAIスタジアム/2019.9.13
得点者(名):宮原和也、長谷川アーリア
得点者(清):西澤x2、河井

まずは、26節 清水戦のダイジェストから。



両チームのスタメンはこちら。
失点しない程度に、二見のロングスローは見たい👀 https://t.co/JWDebtGxag — フルゐ (@gra_senki) September 13, 2019 明治安田生命J1リーグ 第26節「vs #清水エスパルス」(@IAIスタジアム日本平 19:30 KICK OFF ) #grampus スターティング11 ⚽🔥

▶️https://t.co/pYVMvlx3whpic.twitter.com/9KTHqeSwEj —名古屋グランパス (@nge_official) September 13, 2019 赤崎秀平がスタメン。米本拓司がサブに戻ってきました!!

失点について "淡泊な失点"と"濃厚な得点"がチームの特性になってしまっている名古屋。その特性が、そのまま出た試合となりました。

失点のうち2点がカウンターでした。1点目は、西澤にペナ外からミドルを決められてしまいました。宮原和也が距離を開けすぎという批判もあったようですが、最近のカウンター守備のチームセオリー通りに動いていたと思います。

つまり、ペナルティ付近までボールホルダーと一定の距離を取って下がりながら仲間のサポートを待ち、ペナ付近まで来たらアタックするというものです。ネットが西澤を追い越してチャネルに侵入する相手についていく事も見られ(!)、DFが集まってからアタックするという約束事の中での対応だったと思います。この失点は、年間2~3点しかとられないような、事故的なゴラッソなので、西澤を褒めたたえるのでいいのではないでしょうか?

2点目3点目がリフレクションでのゴールなので、こちらも事故的な要素があります。一方、改善して欲しい所も、そりゃあります。

2点目はシュートブロック。この試合を通して清水の方がシュートブロック良かったです。名古屋の守備のやり方で球際で負けていては勝てません。

3点目は名古屋のセットプレー崩れからの人の配置の問題でした。セットプレーで両CBが上がって、更にその2人を介したロンド中にショートパスをカットされ…

レビュー)横浜FM vs 名古屋~繰り返される試合内容~

名古屋(H)1-5 横浜FM(A)/パロマ瑞穂/2019.8.24
得点者(名):ジョー
得点者(FM):マルコスx2、エリキ、遠藤渓太x2

まずは、24節 横浜FM戦のダイジェストから。スタメンもダイジェストを確認してください。(0秒でスタメン出ます)


今節のレビューですが、審判の話、決定機を決めきれなかった話は一切出てきません。とりあえず、忘れましょう。

では何を書くのか。

今節のホーム(1-5)と7節のアウェー(1-1)の試合内容は、非常に似通ったものでした。スコア以外はね。(この2チームには前回対戦の修正という概念はあるのだろうか…)。お互い、攻撃は上手くハマり、守備は全くハマらないという内容。普段の戦い方にお互いこだわりそうなので、しばらく同じような試合内容が続きそうな予感です。今回は、その辺を攻守に分けて整理していきたいと思います。

名古屋の攻撃 基本的に、アウェー戦の後半に上手くいったことをそのまま実行して、今回もうまくいきました。(7節アウェー時のレビュー参照。)
簡単に言うと、ペナ幅の中で逆SBの裏(大外)のニアゾーンを狙ったボールを多用してチャンスを創出していました。
横浜FMの守備の弱点として言われているのは、攻撃時に偽SB化するため、ネガトラ時にサイドがガラ空きなことと、組織的守備時に4バックがペナ幅に密集するため、これまたサイドががら空きな事です。
つまり、トランジションでも組織守備でも、名古屋は攻撃時にペナ幅に陣取れば、その位置より外側には敵のいない状態で攻撃を始めることが出来ます。つまり、ペナ幅に陣取ったボールホルダーから見て逆SBの大外にいる味方に短めのサイドチェンジを入れるだけで、ボールを受ける味方は横浜DF陣の視野外から飛び出して一気にチャンスを作ることが出来るのです。
一般的な距離感の4バックや5バックでは、逆サイドのニアゾーンに飛び込んでも、敵の視野内なので容易にマークされてしまいますが、横浜FMの場合は、視野外から飛び出せるのです。さらに、サイドチェンジの距離も短いのでピンポイントで合わせることが出来ます。(簡単そうでしょ?)
名古屋は幅を取ることに重きを置かず、ペナ幅で攻撃することに心血を注いできました。そんな、常に狭いスペースを攻略しようとしている名古屋だからこそできる攻撃であり、スペースを必要とするクラブにはできない…

レビュー)川崎 vs 名古屋~良い方向に転んだ真っ向勝負~

名古屋(H)3-0川崎(A)/豊田スタジアム/2019.8.10
得点者(名):和泉竜司、和泉竜司、前田直輝

いやー、勝ちましたね!しかも、川崎から3点。クリーンシートで。

おかげで良いお盆を過ごすことが出来ました。(といっても、嫁実家のTV前に鎮座していただけですがw)

川崎と実力差があるわけではなく、すべてがうまく名古屋の良い方向に転んで掴んだ勝利でした。もちろん名古屋の成長もあるわけですが、川崎の調子の落ちている部分も多分にあった試合でした。

これからも厳しい戦いが続きます(松本、横浜FM、FC東京…)。これからさらに勝利を重ねるために引き締める意味で、紙一重で良い方に転んだという視点で川崎戦をまとめます。


【良い方向に転んだ紙一重ポイント】
前田過労死システム川崎の間受けに特化したスタメン名古屋のビルドアップ隊と中村憲剛
スタメンとダイジェスト 名古屋は4-4-2に戻し、CBとして藤井陽也がスタメン。 #鯱の大祭典🔥ホーム第2戦 明治安田生命 #J1 第22節「vs #川崎フロンターレ」(@豊田スタジアム 19:00 KICK OFF )#grampus スターティング11✨

▶️https://t.co/rSqDqmZEwMpic.twitter.com/yS5zY1brIo — 名古屋グランパス (@nge_official) August 10, 2019
川崎は4-2-3-1。大島がアップ中に出場回避ということで、山村に変更になっていました。
8/10(土)
明治安田生命J1リーグ 第22節
川崎フロンターレ vs 名古屋グランパス
19:03キックオフ 豊田スタジアム

本日のスターティングメンバー!
(ポジション毎に背番号順に左から掲載) 【広報】 #frontale

J1・J2・J3全リーグ戦を DAZN( @DAZN_JPN )が配信中!! #WATCHDAZNpic.twitter.com/m2p7gpEpFM — 川崎フロンターレ (@frontale_staff) August 10, 2019
こちらは、22節 川崎戦のダイジェスト。0秒でスタメン出ます


良い方向に転んだポイント①名古屋組織的守備 この日の名古屋の組織的守備はプレスラインをセンターライン10m前に設定し、ミドルサードでコンパクトに守るものでした。そしてこれが、前田直輝過労死…

レビュー)浦和 vs 名古屋~AT被弾の呪縛~

名古屋(A)2-2 浦和(H)/埼スタ/2019.8.4
得点者(名):和泉竜司、前田直輝
得点者(浦):興梠、関根

また、悔しい引き分けになりました。グゥーーー。

ただ、守備は間違いなく今シーズン最低の出来だったので(断言)、引き分けでおさまって御の字と思っている自分もいます。

「早く武藤と興梠、疲れろー」と念じながら観戦していました。何故って、バイタルエリアで好き勝手するんだもん。

浦和戦で守り切れなかった要因はいろいろあるとは思いますが、ガンバ戦でAT(アディショナルタイム)被弾の呪縛があったのではないかと思っています。

それに付随して、名古屋の守備でHV(3バックの左右CBのこと)とCHの所の課題が浮き彫りになりました。そして、これが改善されない場合、3バックでは勝てないかもしれないぐらいの危機感があります。(私が危機感持っても何にもならないのですが…)

今回はそのあたりをレビューします。

スタメン <名古屋戦スターティングメンバー>
GK 西川 DF 岩波、鈴木、槙野 MF 橋岡、柴戸、青木、関根 FW 武藤、興梠、ファブリシオ
SUB 福島、宇賀神、山中、長澤、エヴェルトン、杉本、汰木#urawareds#浦和レッズ#wearereds#Jリーグ#サッカーpic.twitter.com/TnVf87LlFm — 浦和レッズオフィシャル (@REDSOFFICIAL) August 4, 2019
明治安田生命 #J1 第21節「vs #浦和レッズ」(@埼玉スタジアム2002 19:00 KICK OFF )#grampus スターティング11⚽️🔥

▶️https://t.co/mDJ8FoRUnIpic.twitter.com/7Zi4he8aCY — 名古屋グランパス (@nge_official) August 4, 2019 名古屋・浦和共に守備時は5-2-3、前5人は5角形のミラーゲームでした。
ダイジェスト


AT被弾の呪縛 名古屋は前節のG大阪戦で、守備ブロックが下がりすぎ、アディショナルタイムに宇佐美に同点ゴールを決められ、逃げ切ることが出来ませんでした。
そのため、守備時のフォーメーションを5-4-1から5-2-3に変更してきました。おそらく下がりすぎ防止のため。しかし、5と2-3の間が広すぎて、武藤と興梠にバイタルエリアを自由に使わ…

レビュー)G大阪 vs 名古屋 ~割り切って勝ちにこだわって~

名古屋(H)2-2 G大阪(A)/豊田スタジアム/2019.7.20
得点者(名):前田直輝、宮原和也
得点者(大):アデミウソン、宇佐美

鯖缶(味噌)でビール飲みながらブログを書いております。(鯖缶の"ちょい足し"はワサビが合う。)ロスタイムに同点に追いつかれる悔しいドローとなりました。

今節も悔しい結果となりました。が、"いいとこ成分多め"でレビューを書いていきたいと思います。今にもダークサイドに落ちそうだが...

「まず、観客42975人がいいとこだよね。あと、初スタメン2人もいたし、1人はユースっ子だし。さらに、吉田豊がライバル太田宏介の加入で気を吐いていたし。あと、他チームはガンガン主力を海外/その他に抜かれてるし...。」

そんな中、ある程度割り切った(=ロマンだけを追いかけていない)戦いをG大阪戦では見せていたと思うので、そのあたりをレビューします。


まずは、20節 ガンバ戦のダイジェストから。0秒でスタメン出ます


全体論 名古屋は3-4-3で、守備時5-4-1でプレスラインはセンターライン付近にして、あまり深追いせず、下げすぎもせずという狙い。攻撃時はネットかシミッチが下りて4-3-3から、押し込んて行くと3-2-5というような形でした。
一方、ガンバは3-5-2で、守備時は5-3-2でこちらもプレスラインはセンターライン付近にしてあまり深追いせず、下げすぎもせずという形。攻撃では、遠藤、矢島、倉田、宇佐美(NEW!)がふらふら中間ポジションに入り、両WG(中村、福田)で幅を取りながら進める遅攻と、スピードとテクニックでポイントを作ることが出来る2トップ(アデミウソン、宇佐美)を生かした速攻を混ぜながら攻撃してきました。
お互い、「ミドルサードで取って、早い攻撃をしよう!」という意図ががっぷりよつの形でした。お互いボール保持の安定感があり、ミドルサードで虎視眈々と隙を狙うボール回しが面白い試合でもありました。
ボール支配率は名古屋46%(!)、G大阪54%でした。G大阪の方が「ビルドアップで後ろの方で回しておこう」という、のらりくらり感があったため実質5分5分ですが、名古屋が明確にやり方を変えてきた影響を表す数字だと思います。(割り切りポイント①押し込むにこだわらない)
名古屋のスカッド 両WBに吉田豊、宮原…