スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

レビュー)清水 vs 名古屋~ミニレビューです~

名古屋(H)1-2清水(A)/パロマ瑞穂/2019.6.22
得点者(名):前田直輝
得点者(清):ドウグラス、西澤健太

スタメンはこちらのダイジェストから確認してください。(0秒で出ます。)


下位に弱い名古屋らしさが戻ってきましたね(汗)。撤退守備ブロックを崩す難しい攻撃をしなきゃならん名古屋と、スペースのある簡単な攻撃を仕掛ける下位チーム。

もう少し戦を略して欲しいところもありますが、しゃーないのでさらっといきます。ファミリーの傷ついた言葉を癒す、気の利いた言葉を掛けられるタイプではないので、今回もドライにお伝えします。(わざわざ、立ち寄っていただいているのに恐縮です。)

〈雑感〉左SHは和泉竜司の代わりにマテウスが先発。中に絞ることも後ろに下がる事も少なく、エウシーニョ番としてサイドの高い位置に張り続けた。ほぼWG。マテウス本人の意思というよりは、エウシーニョの位置を下げさせる作戦だろう。しかし、エウシーニョからヘナトへのスルーパスから、ヘナトがグラウンダーのクロスをあげ、ドウグラスが詰め先制点を許す。途中まではエウシーニョに攻撃をさせず作戦成功感あったが、緩んだ一回が失点につながったので残念。この失点、4-1-4-1に変えてハーフスペースに侵入しやすくした篠田作戦に見事にハマる。名古屋は、SB吉田がサイドにいる選手に付き、SB-CB間がガラ空きだった。普通は、DHが埋める、もしくは、横スライドする、といったどちらかの対応を決めているチームが多いのだが、名古屋は決め事は無さそう。失点の場面は、マテウスがふわっとした守備をしたために、シミッチが前に寄せるしかなく、その裏にヘナトが走りこんでいる。2点目も左ハーフスペースからであり、デザインされてたんだろう。ベーシックな部分ながら名古屋の弱点と相手から認識されている点なので、修正必要ですね。清水の守備は、前から同数でハメてきてビルドアップを阻害しつつ、押し込まれたら中央に圧縮したブロックを作り、サイドのケアはボールサイドのSHを下げて対応。引かれると点が入る気がしない。(実況の名古屋に比べ清水は高さが無いという話に超違和感があった。ヘディングって身長だけじゃないので。クロスの質や予備動作や誰とマッチアップするかなどなど。普通に清水の方がヘディング強いと思う。)清水の前プレ時に、疑似カウンターを仕掛けたい展開だった…
最近の投稿

レビュー)大分 vs 名古屋~ハメたのはどっちだ?~

名古屋(A)1-1大分(H)/昭和電工ドーム大分/2019.6.15
得点者(名):宮原和也
得点者(大):オナイウ阿道

まずは、15節 大分戦のダイジェストから。0秒でスタメン出ます




絵にかいたような大分お得意の疑似カウンターから失点し、絵に描いたように名古屋が後半攻めまくるものの、1点止まりでドローとなった上位対決。(既視感がハンパない)

両チーム共に自分たちの普段のゲームプランで戦ったように見えたこの試合、ハメたのはどちらだったのかという事を通して、この試合を振り返りたいと思います。

また、後半では名古屋の攻撃の課題ー平たく言えば点が入らないーについて、中断明けのこの試合で見えたものをお伝えします。

ハメたのはどっちだ? まず、簡単に今シーズンの大分の戦い方を紹介します。
攻撃は疑似カウンターが特徴的です。疑似カウンターを簡単に言うと、「GKを含めて自陣ポゼッションをしながら、相手を食い付かせ、敵のファーストプレスを外してズレが出来たところを芋づる式に使い、ズレが修正される前に速い攻撃でフィニッシュまでもっていく」ものです。
そのために、GK高木を含めビルドアップに定評のある守備陣と、オナイウや藤本のようなスピードのあるFWを組み合わせた布陣になっています。
守備は、疑似カウンター発動がしやすいように、5-3-2で引いて守ることを基本とします。
このような戦い方の大分対策はJリーグ各チームで進んでおり、”引いて守って速い攻撃をさせない作戦”を取られると苦戦する傾向がありました・・・が、もちろん風間監督がそんなことしてくるわけもありません・・・正直、かみ合わせが悪い。

大分の自陣ポゼッションに対し、名古屋は何の躊躇もなく、前からプレスをかけてハメに行きます・・・「これが俺たちの戦いだ!」と言わんばかりに、真っ向から相手のやり方に合わせて・・・ですが、実際には相手のやり方と自分たちのやり方のかみ合わせの悪さも考慮しながら、狙い所を絞っている様に見て取れました。
その狙いとは、GK高木にロングボールを蹴らせてそれを回収するというものです。
通常通り名古屋は、前線から1対1の状況を作り守備側ビルドアップで数的優位を与えません。そして、GKにバックパスが出たら、そこにもプレスをかけるのが常なのですが、この試合はやんわり寄せつつカバーシャドウで自分の元マーカーにも渡らない…

レビュー)仙台 vs 名古屋~対策される名古屋~

名古屋(A)1-3仙台(H)/ユアテック/2019.6.14
得点者(名):マテウス
得点者(仙):吉尾海夏、長沢駿x2

まずは、14節 仙台戦のダイジェストから。0秒でスタメン出ます

今節のプレビュー記事はこちら。



いやー、きれいに名古屋対策されちゃいました。少し下降ぎみの自チーム事情も相まって、こういう試合もあるかなと。(U-20とトゥーロンで切り替えよっと★)

松本のように引いてカウンターと言う戦略を取れるわけではない仙台は、自分たちの得意な戦略で修正して勝利を収めました。流石、戦略家の渡邉晋監督。
仙台サポ界隈は、戦術ブログが熱い印象があります。渡邉監督がいろいろやってくるので、その解釈をする楽しみがそのような土壌を育んでいる一面があるのかなと。
今回は仙台の名古屋対策を中心にレビューします。
非公開練習で仕込んできたもの 仙台は名古屋戦に向けて非公開練習を実施しました。そこで名古屋の何に対して対策を打ってきたかというと以下の3点であったと思います。 2トップの中央のバイタルエリアでの間受け前田直輝などの質的優位を生かしたサイド攻撃ミドルゾーンでのトランジション 名古屋のストロングポイントを出させない戦術に上手くハマった印象です。順に見ていきます。 中央バイタルエリアでの間受け今節のプレビューのように、ショートパスを主体として中央からの攻撃を得意とする名古屋。シャビエル、ジョー、アーリア、和泉、マテウス、前田直輝とクイックで狭いところでターンのできる選手を多く持つという特徴があり、真似することが難しい名古屋のストロングポイントだと思っています。
この部分に対抗するため、CBにこれまでCHで使われていたシマオマテを起用しました。シマオマテはCHらしい前に強い特徴を生かして、間受けをする名古屋の選手を捕まえに来ました。CBとしては比較的ポジションを守らず、サイドへもついて行って、広い範囲を潰しに行っていたためCBとしては変則的なふるまいでした。
普通に考えると裏への不安があるのですが、足元で貰いたい名古屋の前線の選手の特徴をふまえた戦略を取ったと言えます。
名古屋は、サイドの裏はついていましたが、中央やニアゾーンの裏を狙う動き、FWをMFが追い越す動きなどは少なかったので、仙台の戦術を逆手にとるには至りませんでした。しまおの出た裏を使う展開が見たかったなと。
バイ…

プレビュー)仙台 vs 名古屋~4230411111210~

まずは、次節対戦する仙台の前節(vs清水)のダイジェストから。
(0秒でスタメン出ます。)

清水戦のスタメンから、ハモンロペス(レッド)と椎橋(トゥーロン)が欠場と思われます。一方、名古屋はジョー(怪我)と相馬勇紀(トゥーロン)が欠場と思われます。

最近のベガルタ 最近の清水戦、川崎戦、広島戦の前半をチェックした感想です。
これまで継続してきたポジショナルプレーをベースに、ネガトラと組織的攻撃が長所のチームといった印象を持ちました。順位の割に内容が良く(特に攻撃)、侮れません。
攻撃時は、2CBと2CHでボックスもしくはT字型を作りビルドアップします。SBはサイドレーン、SHはハーフスペース(HS)と比較的固定されており、2FWを含め前4人は比較的近い距離でプレーします。

ビルドアップの形はボックスとT字型を相手のハメかたに合わせて変えてきます。CHの椎橋と松下は、守備的・攻撃的という面でいうと等しく分担しています。どちらかというと刺す縦パスは椎橋の方が出している印象で、出場しないのは助かる部分になると思いました。

途中交代でシマオマテが入ってきたので、現在のCHサブの序列は一番上なのだと思います。初めて見たのでプレースタイルはあまりわからないのですが、”ゆっくりと適切なポジションを埋める”みたいなプレーが多かったので、正直どんな選手かわかりませんでした(汗)。

清水戦では2CHを釣り出した後に、FWの長澤やハモンロペスがCB前に下りてきて、再現よくボールを収めていました。ロングボールで前線に起点を作ることも使ってきます。ハモンに変わり出てくるであろうジャーメインも機動力に優れ、裏やサイドに流れて起点を作ってきそうです。

2トップに収めた後、HSに陣取ったSHの吉尾と石原がカットインなど変化をつけて、SBの永戸、蜂須賀が大外をオーバーラップして、クロスという形がメインの攻撃パターンと言えそうです。

ネガトラの出足、ポジションバランスは非常に良いです。SHが基本的にHSにおり、2トップも献身的に追ってくるのところが、ネガトラの良さにつながっています。

組織的守備時は、4-4-2です。この組織的守備時が、なんというか風間体制初期の名古屋というか、Jリーグに多い”相手のミス待ちふんわりブロック”というか...そんなに悪くないんだけど、なんだか質的優位でぶん殴られるとい…

レビュー)松本 vs 名古屋~何が起こったんだ?~

名古屋(H)0-1松本(A)/豊田スタジアム/2019.5.26
得点者(松):杉本太郎

まずは、13節 松本戦のダイジェストから。0秒でスタメン出ます。


多くの人が「負けるならこういう負け方だろうな。」という、”あるある”な負け方をした松本戦。

ジョーの不在、ルヴァンの疲労、トラップが収まらなかった、気の緩みなどなど、ふわっとした原因はいろいろ挙がりますが、実際に何が起こっていたかという事を私なりに解釈してレビューしたいと思います。


松本の守備の狙い 松本は守備時5-4-1、リトリートメインでいつも通りです。その中で名古屋用にチューニングしてきた最大の点は、5-4のライン間で受けさせないことの徹底だったと思います。
そのため、5-4のブロックをコンパクトに作ります。名古屋はブロックを広げようとSBを目掛けたサイドチェンジをしますが、松本はDFラインの端に位置するWBが前に出て対応します。そして、松本のMFラインがスライドを完了すると、出てきたWBはDFラインに戻ります。
この動きで、MFラインがスライドすることにより間延びすることを防止できます。また、名古屋はボールサイドの逆側に2人いることがないので、松本WBは後ろ髪を引かれることなく、名古屋SBにチャレンジできるという構図を利用しています。
また、松本はボランチにパウリーニョではなく、藤田息吹をスタメン起用し、名古屋の間受け対策を徹底させていたことも、影響大でした。名古屋の選手をイラつかせながら、黙々と仕事をこなす感じ、嫌でした。
前線の動きが少ないといった解説がありましたが、動く場所がない印象の方が強かったです。
このような状況で、最もボールを引き出していたのは赤崎秀平でした。しかし、上手くボールを収めることが出来ませんでした。(もう少し見たかった気が・・・)前半途中からシャビエルとポジションを入れ替え、真ん中ではシャビエルが頑張り、赤崎はダイアゴナルに走りこむというような工夫もしていました。一つでも合っていれば違った展開になったのも事実だと思います。
後半から、前田直樹を入れサイドに張らせて、単純に1対1の質的優位で勝つ方針に変えてから名古屋の攻撃は改善していきました。(SB相馬勇紀を使うなら、今でしょ!って思ってましたが...)
後半FWだったシャビエルは、「ビルドアップに下がってはダメ指令」が出ていた…

レビュー)川崎 vs 名古屋~川崎へのリスペクトを込めて反省点~

川崎(H)1-1名古屋(A)/等々力/2019.5.17
得点者(名):マテウス
得点者(川):レアンドロダミアン

現地観戦 めちゃめちゃ楽しかったです。良いところを出し合う好ゲーム。若干、名古屋の方がチャンス数が多かったので勝ちたかったですが、引き分けは妥当な結果でした。
アウェー自由席寄りのバックスタンドに座ったんですが、水色の人ばっかりなのは想像通り。私もステルス調査のために水色の私服を着ていったのですが(魂は売ってません)、グランパスのチャンスやピンチの場面で思わず、「あっ」「うっ」ってなってたので、周りの人からして見れば、完全に変な人だったと思います。普通に、どちらでもない色の服にすればよかった・・・(後悔)。
「シャビエル、やべーな」みたいな会話はたくさん聞けて、”にまにま”してるのも変な人に拍車をかけていたと思います。
チャント 川崎の応援は、ゴール裏(正確には斜め裏)のチャントが、手拍子やマフラータオルによってゴール裏からバックスタンドにかけてずっと続いていて、一体感あるなーと思いました。

一方、名古屋のゴール裏は、声量・声のそろい具合・連続性が凄くて、めちゃめちゃカッコよくて、誇らしく思いました。「うっ!・・・うっ!・・・」のチャントには、まわりの川崎サポもザワついていました。(いい意味で。)

戦評 それではレビューに移りたいと思います。
まずは、12節 川崎戦のダイジェストから。0秒でスタメン出ます



お互いに即時奪回を狙うチーム同士なので、中盤でバチバチと潰し合う場面が多いながらも、お互いに匠なビルドアップから押し込む場面を作り、お互いにアイデアと技術を尽くした決定的な崩しも見られるという好ゲームでした。

そんな中、お互いにサブ的な戦略であるロングボールから一点づつ取り合っての引き分けは、お互いのサッカーの完成度の高さ故の結末であった気がします。

パターン的な同じことが繰り返される場面が少なく、多様な局面が見られたので、レビューを書くのに、正直困っているというか、ポイントを絞りにくい感じです。そんな状態なので、気づいたことを何点かトピックスでお伝えします。



川崎左サイドの攻撃 比較的、川崎の左サイドの攻撃で押し込まれる場面が多かった序盤だと思っています。その要因としては、以下のような形がありました(前半12、14分など)。 場面は、名古屋の左サ…

レビュー)浦和 vs 名古屋~崩しの多様性~

名古屋(H)2-0浦和(A)/豊田スタジアム/2019.5.12
得点者(名):マテウス、ジョー
得点者(浦):

まずは、11節 浦和戦のダイジェストから。0秒でスタメン出ます


今節のプレビュー記事はこちら。


浦和がタイでのALCを挟み日程的にアレだったこともありますが、名古屋の多彩な組織的攻撃が光った、今年一番のゲームになりました。

前節まで、調子が心配だったジョーも1G1Aの大活躍でしたが、ジョーに頼らずとも点の取れそうな崩しのパターンが多数見られたので、その部分を中心にレビューします。

組織的攻撃の崩し 名古屋は最近の試合では、ビルドアップの出口に困ることはほとんどなくなっています。
シミッチの存在が大きいこともありますが、SH(シャビエル、この試合では出ていないが和泉竜司)やCF(ジョーと長谷川アーリア)が下りてきて交互にビルドアップを助けると共に、これらの選手全員がライン間の中間ポジションで受ける才能があり、ビルドアップの出口となるためです。
そこで、次に大切になっているのがシュートに至る直前の崩し(キーパス)の場面です。
名古屋の崩しの目的地は、ゴールライン手前のハーフスペース(HS)になっています。この部分に侵入するのは基本的にSHとSBで、CFが侵入する回数は少ないです。
次に多用されているのはCF同士のパス交換です。
それぞれの崩しの場面で各ポジションの選手が背負っているタスクと、浦和戦の前半における回数(時間)をご紹介します。
SBの崩しのタスク SBはHSへの裏抜けが第一のタスクとしてあります(前半21、23、26、29、35、44分=6回)。CHやCBからの浮き球を、ダイアゴナルにサイドからHSにランニングして納めます。
一方、サイドのレーンの浮き球への裏抜けは42分の1回しかなく、HSを重要視していることが分かります。
次に、クロスに対してHSでヘディングで合わせて中に折り返すプレーがあります。(前半14、40分=2回)こちらは、宮原和也がジョーへアシストした2点目のようなプレーです。このポジションに高さで勝てるジョーではなく、SBを持ってくることが最近の試合では統一されている気がしています。(吉田豊も宮原和也も走りこんだヘディングは結構強い。)
その他のタスクとしては、シュート性のグラウンダーのクロスにダイアゴナルにゴール前に飛び込む事(…