スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

レビュー)名古屋 vs 清水~後半は別物~

 名古屋(A)2-1清水(H)/IAIスタジアム/2022.5.21 得点者(名):仙頭啓矢、相馬勇紀 得点者(清):チアゴサンタナ 祝!リーグ戦2連勝、祝!!公式戦3連勝、祝!!!リーグ戦FW初得点(酒井)、祝!!!!相馬今季初ゴール、と良いとこ尽くめでしたね。 当ブログとしては、 直近のアップ時に名前を挙げて心配(苦言じゃないよw)を口にした酒井と相馬 が2人ともゴールを決めるという偶然に見舞われました。これは、スピリチュアル御利益が当ブログにあるのではないかと、中の人も期待が高まっているわけです。 一方の試合内容に目を向けてみると、前半は今季1.2を争う好ゲームだったのに対し、後半はかなりサンドバック状態… というわけで、波に乗っていきたいグランパスの課題である、後半のゲームの運び方を中心に綴っていきたいと思います。 ダイジェストはこちら。0秒でスタメン出ます↓サムネかわE 前半はいいんだよ この試合含めリーグ戦では5試合、公式戦では7試合の先制が示しているように、前半のグラは強い。この試合も 前回ブログで書いたように、仙頭がいい感じにしてくれる作戦 でいい感じに。ウェット決め決めスタイリングでも、サラサラスタイリングでも仙頭は仙頭でした。 ”仙頭いい感じ作戦”を簡単におさらいしておきます。守備時に352から仙頭が上がり3421化して、前線の守備強度を高め、それに伴い仙頭はSB-CH-CB三角形の広い範囲の守備を賢くカバーしていい感じに。攻撃時は、仙頭がHV-WB間に下りたりしてボールを引き出し、長短のパスでゲームをいい感じにしてくれます。そして仕事人はオーバーペースで60分ごろには交代します。 ここ数試合続けているこのゲームプランの大枠は清水戦でも一緒でした。 もちろん清水用のディテール調整はありました。例えば12分のシーン。 仙頭がボールを受けに動く位置はサイド。 本来、吉田がいる位置に動き、吉田を前に押し出していました。この動きにより、SB片山は吉田にピン止めされ、仙頭にはSHのカルリーニョスが対応することになりますが、比較的、仙頭がフリーでさばけるようになり、安定したビルドアップに貢献していました。 前半22分、マテウスの股抜きからクロス、それを酒井がニアですらしてゴールします。このゴールシーンでも、仙頭がサイドに張り出してました。前半序盤にこの形で、
最近の投稿

レビュー)名古屋vsC大阪~「何で仙頭は最初に交代させられちゃうんですか?(小2男子)」~

名古屋(H)1-0C大阪(A)/豊田スタジアム/2022.5.14 得点者(名):仙頭啓矢 やっと勝ちましたね!3分3敗後の7試合ぶりの勝利! ここ4試合は先制しているので、これだけ勝てないのは呪われているとしか言いようがない。「大津の2分で2点」の呪い、「ウタカの普通は入らないヘディングシュート」の呪い、「あんなのでVAR介入してたらゴール入らないよ」の呪い、きっと今日勝利できたのは、あなたのお祓いや滝行のおかげだと思います。その前も、鹿島、FC東京の上位に引き分けなので、ずっと調子はそんなに悪くないんですよね。 やっぱり、「ゲームマネジメントが石橋のマッシモと比べるとなー」、みたいなところも気になると思います。その意味では、この試合はマネジメントがハマった試合になったので、そんなこんなをレビューします。 スタメン・試合内容の確認はこちらから↓0秒でスタメン出ます。 仙頭過負荷の可変守備 名古屋はアタッキングサードとディフェンシブサードでは352ベースの陣形で守備をして、 ミドルサードでは仙頭が少し前に出て3421気味に守備 をする形でした。前節のマリノス戦と同様ですね。ミドルサードのボールを狩りたいところだけ、仙頭を前に出し左右非対称の守備で敵ビルドアップ隊に前線3人でプレスする意図ですね。 ミドルサードでの3421化により守備のマッチアップが、右SB松田は左IH仙頭、左SB山中は右WB森下、右SH毎熊は左WB相馬、左SHパトリッキは右HV中谷と固定されることで、出足の早い守備が期待できます。 中谷がアウトサイドまで迎撃しても、中央には高さのある藤井と丸山が残ること、稲垣を脇に置いておくことで中央のレオシルバおじさんがあまり動かなくて良いこと、ディフェンスラインまで降りた際に相馬の方が森下よりも守備に長けること、今攻撃で一番輝いている森下を前に残せることなど、合理的な配置に見えました。 この役割だと相馬よりもマリノス戦同様に吉田の方がよいと思われますが、勝てば自力予選通過がかかるルヴァンが水曜日にありますので、そちらで吉田を先発させる意図もあるのではないかと推測します。 この ミドルサード3421化で一番負荷がかかるのは、仙頭です。 だから、2試合連続で仙頭が最初の交代になってるんですね。そこらへんはセレッソもわかっていて、SB松田を仙頭の裏まで上げ、CBヨニッ

11節を終えた健太監督の評価と期待

今回は試合のレビューではないですよ。 健太監督の評価って困りますよね。 2022/5/3時点で、勝ち点11の13位・・・20年3位、21年5位ときた今年としては不満だし⤵、 ただ、ルヴァンは予選リーグ最終節で徳島勝てば自力予選通過の第2位ですし⤴、 藤井陽也、甲田英將ら若手も使ってるし⤴、 マッシモ期ほど守備的でもないが⤴、守備が鉄壁でもない⤵、 好調上位の柏、鹿島、FC東京辺りと良いゲームをして引き分けもあるし⤴、ただ、勝ったのは神戸と湘南という下から2チームだけだし⤵、 磐田戦前半のようなボール保持で面白いゲームをするときもあれば⤴、後半受けに回りすぎて逆転されるときもあるし⤵、湘南戦の様に久しぶりの逆転勝ちもあるし⤴、 3バックにシステム変更して復調と思いきや⤴、それに伴い交代カード不足に陥り⤵、 ファストブレイク発動するのかと思いきや⤴、それほど発動しないし⤵、 シュート数多いと思いきや⤴、難易度の高いシュート多すぎて入る気しないし⤵、 補強組が活躍している⤴と思いきや、移籍ブーストは終了気味だし⤵ 怪我明け復帰組も生かしているけど⤴、年俸ほどの活躍になってないし⤵(酷か)、 ・・・・・ ただ、今年のJ1は引き分けが多いようで、2022/5/3時点で計算すると96試合中37試合が引き分けなんですよね。実に 引き分け試合38%!! 。 平均勝ち点にすると13.9点 なんですよね。川崎1強時代から、団子状態のJ1が戻ってきました(鹿島は強そうだけど)。勝ち点11の13位なんて、ぜんぜん気にすることじゃないんですよね。 なので、言いたいことは 『つべこべ言わず3連勝しろ!!』 と、ポエム的なブログになりましたが、言いたいのは 将来強くなりそうかどうかが大事 ってこと。 守備はセットプレーを除けば安心して見ていられるし、 少ないタッチのショートパスが数本続く崩しも見られるし、 SBからSHへという攻撃ルートではなくハーフスペースを経由することが多くなったし、 3バックを中心としたビルドアップは京都などの一部のインテンシティの高い守備を標ぼうするチーム以外に対してはボール保持を基調とした試合もできそうだし、 ボール非保持でも決定機数が上回っている試合も多いし、 ストライカーはマテウスがOG含めれば5点ぐらい取ってるし、 グエン来るし(知らんけど)、 もうちょっと順位上

レビュー)柏 vs 名古屋~やりにくさの訳~

名古屋(H)1-1柏(A)/豊田スタジアム/2022.3.20 得点者(名):マテウスカストロ 得点者(柏):細谷真大 この やりにくさ は何だろう?勝ち点1、シュート集や支配率といったスタッツなどの表面上現れている結果以上に苦しんだ印象だ。風間期以来久しぶりに、神が神のまま存在している事を感謝することとなった柏戦の「やりにくさ」をレビューしようと思った・・・が、理由はスッキリまとまらんかった。すまん。 まずは、5節 柏戦のダイジェストから。0秒でスタメン出ます 柏の基礎情報を少し。5-1-2-2で、2トップ2IHなので中央前目に人が多い。3バック、4-♢ー2のチームも増えてきているし、中央固めるトレンドをJ1全体に感じる。なので、攻撃時は2トップ、2IHが流れてサイドにポイントを作るのだが、細谷、マテウスサヴィオ、ドウグラス(名古屋戦は欠場)、小屋松などなかなか調子が良く、カウンターが完結できる。ということで、名古屋戦に至るまで3勝1敗と好調である。 なんかやりにくい(攻撃編) 何故だ。なぜこんなに細谷が、小屋松が、大南が、マテウスサヴィオが、三丸が、活き活きと上手く見えるのか?隣の芝か?ネル爺の計略か?実際個々の調子が良いことを抜きにしても、やらせすぎだ。 やりにくさの訳を紐解くため、順に見ていこう。 名古屋CBのミドルゾーンにおけるビルドアップに対して、細谷を2CBの間に立たせほとんどチェイスしない。省エネだ。名古屋SBにボールが入ると柏IHが出てくるがこのプレスも緩慢。どうもここで取る気がない。 名古屋側からすると、比較的余裕のあるCBからのロングボールが効くのでは?となる。しかし、5バックでレーンを埋め、高さスピード共にある柏のDFラインにそうそう良いボールは入らない。 ならば、中間ポジションに立ったSHやCHへのグラウンダーのパスで!となるが、ここは柏的には、最も狙っている所な訳で。前線のチェイスにエネルギーを掛けない代わりに、小屋松、戸嶋、マテウスサヴィオらの 強烈なプレスバック によりボールホルダーが2~3人で挟まれるという構図が繰り返される。 仙頭や阿部ちゃんが一発狙いのワンタッチを狙っては、通らないというのを多く見た。調子の問題もあるかもしれないが、柏の圧力も相当だったのだと思っている。 19分ぐらいだろうか。良いボール保持から押し込んで

レビュー)名古屋 vs 鳥栖~クリーンなファストブレイク~

名古屋(H)1-1鳥栖(A)/豊田スタジアム/2022.3.6 得点者(名):OG 得点者(鳥):福田晃斗 名古屋にとっては勝ち点3取りたかった、ポジティブな内容のドローだったと思いますが、皆さんはいかがでしょうか?開幕してから ”こっそり”2アシスト と好調な新10番マテウス始め、新戦力も順調にフィットして、リーグに関してはそれなりに内容も伴った良い滑り出しだと思います。そんな鳥栖戦をレビューします。 まずは、3節 鳥栖戦のダイジェストから。0秒でスタメン出ます。 今日のファストブレイク論 先発は 1節の神戸戦(レビューはこちら) と同じメンバーとなりました。現状のファーストチョイスなんですかね。 しかし、攻撃のパターンは変えてきました。前節は、神戸が中央に絞った中盤ダイヤモンドの442であったこともあり、敵SB前のスペースがありました。そのため GK-DF間へのアーリークロス祭り感 がありました。しかし、鳥栖戦はほとんどありませんでした。 鳥栖戦では、アーリークロスの代わりに、深く侵入してから DFラインの表(鳥栖攻撃方向)にグラウンダーのクロス を多用してきました。神戸戦をスカウティングして、DFラインが下がりがちになるであろう鳥栖の裏をかく、チームとしての意思統一があったではないでしょうか? 私としては、1年間アーリークロス祭りを見続けることが回避できたので、ほっとしたのでした。 また、この試合の両チームの序盤の狙いは 「ジエゴの裏 対 チアゴの裏」 でした。 言いたかっただけです。すいません。 ということで、今日の 私的ファストブレイク論は、『相手に合わせた 攻撃ルートの カウンター』 という所でしょうか。 今日のファストブレイク論2 今節のダイジェストにも見られるのですが、 クリーンなカウンター が非常に多かった。クリーンという言葉は、相手がボールに触れたり、密集からこぼれ球が出たりとガチャガチャすることなく、フィニッシュを迎えているという意味で使いました。 例としては、マテウスの反転シュート、酒井宣福のヘディングシュート、仙頭啓矢のスライディングシュートなど。決定機が多く見られ、名古屋が勝つべき試合内容だったと思います。 クリーンな速い攻撃が得意なチームとしては横浜FMがあると思うのですが、WGにボールが渡った後の質は結構同じぐらいのレベルにあ

レビュー)名古屋 vs 神戸~「カウンターというよりはファストブレイク」

名古屋(H)2-0神戸(A)/豊田スタジアム/2022.2.19 得点者(名):稲垣祥、OG 2022シーズンが始まりました。今年もゆるく更新できる時に更新するスタイルでまいります。よろしくお願いします。 余談ですが、私はマテウスの 選手名がなぜカストロになったのか 知りません。ライトサポなのがばれるので、誰か教えてください。 ちなみに、シーズンインすると、選手名を単語登録するんです。例えば、「仙頭啓矢」なら「せん」、「レオシルバ」なら「れお」、「酒井宣福」なら「さか」で変換されるように。宣福のノリヨシなんて登録しておかないと大変です。 よって「カストロ」は「かす」になるんで、「まて」のほうが親しみが湧くんですが・・・10番を背負う気概とかですか?教えてもらえると幸いです。 まずは、1節 神戸戦のダイジェストから。0秒でスタメン出ます。 まだチームスタイルが明確に分かるって時期でもないので、思った事に幾つか触れていきたいと思います。 初戦で感じた事は、 継続する事、壊す事、積み上げる事 のバランスが秀逸だなーって事です。停滞せず、ちょっとの危なっかしさも楽しみつつ、点も増えて、強くなる事を期待しちゃいます。 継続する事 以下のFootball LABのツイート様に、長谷川健太の率いていたFC東京と名古屋は、同じクラスターに位置します。ちなみに片野坂監督の大分→ガンバも同じクラスター。ポジショナルか否かというだけではなく、フロントのゲームモデルの育て方がひと昔前と比べて、かなり解像度が上がっている事を感じます。 / #Footballlab Column📖 \ コラム「ゲームモデルを評価する指標に基づいたチームクラスター分析」を公開 https://t.co/bNUiKwyXxI 昨季J1のグループ分け結果 1⃣札幌-鹿島 2⃣川崎F 3⃣鳥栖-浦和-神戸-徳島 4⃣横浜FM 5⃣名古屋-柏-FC東京 6⃣湘南-広島 7⃣福岡 8⃣仙台-横浜FC-清水-C大阪 9⃣G大阪-大分 pic.twitter.com/oWavSDZiug — Football LAB (@football_lab) February 17, 2022 ちなみに、名古屋のクラスターの特徴を引用しておきます。 攻撃の手数を少なく、走行距離も少なく、プレスもほどほどに、個の力も使いながらの

レビュー)G大阪 vs 名古屋~ニアゾーン攻略と来年への布石~

名古屋(A)3-1G大阪(A)/吹田スタジアム/2021.11.20 得点者(名):シュヴィルツォクx2、柿谷曜一朗 得点者(G):パトリック いやー、 蓄積疲労がないとこんなに強いのか我が軍は!年間17節なら優勝するんじゃないか! と思ったのは私だけではないはず! まずは、36節 G大阪戦のダイジェストから。0秒でスタメン出ます 代表ウィークの中断を開けた今節。両チームとも準備してきたものを出したゲームになったと思います。特に攻撃面で。方法論は違えど、 どのようにニアゾーンに侵入するのかという視点 で両チームを見ていきます。 前半で3-0になったので、今回のブログでは前半だけを振り返ります。 後半、別にいいっしょ。 前半3-0とはいえ、G大阪も攻撃は良かったと思います。特に引いた名古屋を崩す攻撃について、再現性のある形を見せていたと思います。最近の試合を見ていないので、今節の変化なのかはわかりません。しかし、J1残留を決め、来年に向けた積み上げを狙った部分も感じたので、そのあたりを取り上げます。 一方の名古屋としては、まずリフレッシュ。この効果は絶大に感じました。しかし、それだけではない、中断期間に強化したであろう攻撃での連携面を中心に取り上げたいと思います。相手を引っ張り出す部分とか、ラストパスへの入り方とか。 まずは、ガンバから。 ニアゾーンへはSBのダイアゴナルランで。 ガンバは、 引きこもった名古屋を崩す準備 をしてきたと思います。ガンバがオフェンシブサードに入ると、スタート位置の4-4-2から、極端に言うと2-2-6に。ビルドアップはCBとCHの4人を中心にして、SBが高い位置で幅を取り、SHは内側に絞ります。右で使うことの多い小野瀬を左に持ってきた意図もこの辺にありそうです。 そこから、宇佐美、小野瀬、倉田が降りて、この3人と山本の誰かが前を向いてボールを持った時に、 SBがニアゾーンにダイアゴナルランをする形 を狙っていたと思います。 このシーンは開始5分のシーンですが、引いて受けた宇佐美のワンタッチ浮き球パスに絶妙のタイミングで高尾が吉田の裏に走り込みます。しかし、クロスは、パトリックには合いませんでした。危ない。 この数秒前のプレーで倉田が背後を狙うフリーランニングを繰り返していたこともあり、吉田の意識が強く倉田に向けられていたため、高尾