スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

レビュー)G大阪 vs 名古屋~ニアゾーン攻略と来年への布石~

名古屋(A)3-1G大阪(A)/吹田スタジアム/2021.11.20 得点者(名):シュヴィルツォクx2、柿谷曜一朗 得点者(G):パトリック いやー、 蓄積疲労がないとこんなに強いのか我が軍は!年間17節なら優勝するんじゃないか! と思ったのは私だけではないはず! まずは、36節 G大阪戦のダイジェストから。0秒でスタメン出ます 代表ウィークの中断を開けた今節。両チームとも準備してきたものを出したゲームになったと思います。特に攻撃面で。方法論は違えど、 どのようにニアゾーンに侵入するのかという視点 で両チームを見ていきます。 前半で3-0になったので、今回のブログでは前半だけを振り返ります。 後半、別にいいっしょ。 前半3-0とはいえ、G大阪も攻撃は良かったと思います。特に引いた名古屋を崩す攻撃について、再現性のある形を見せていたと思います。最近の試合を見ていないので、今節の変化なのかはわかりません。しかし、J1残留を決め、来年に向けた積み上げを狙った部分も感じたので、そのあたりを取り上げます。 一方の名古屋としては、まずリフレッシュ。この効果は絶大に感じました。しかし、それだけではない、中断期間に強化したであろう攻撃での連携面を中心に取り上げたいと思います。相手を引っ張り出す部分とか、ラストパスへの入り方とか。 まずは、ガンバから。 ニアゾーンへはSBのダイアゴナルランで。 ガンバは、 引きこもった名古屋を崩す準備 をしてきたと思います。ガンバがオフェンシブサードに入ると、スタート位置の4-4-2から、極端に言うと2-2-6に。ビルドアップはCBとCHの4人を中心にして、SBが高い位置で幅を取り、SHは内側に絞ります。右で使うことの多い小野瀬を左に持ってきた意図もこの辺にありそうです。 そこから、宇佐美、小野瀬、倉田が降りて、この3人と山本の誰かが前を向いてボールを持った時に、 SBがニアゾーンにダイアゴナルランをする形 を狙っていたと思います。 このシーンは開始5分のシーンですが、引いて受けた宇佐美のワンタッチ浮き球パスに絶妙のタイミングで高尾が吉田の裏に走り込みます。しかし、クロスは、パトリックには合いませんでした。危ない。 この数秒前のプレーで倉田が背後を狙うフリーランニングを繰り返していたこともあり、吉田の意識が強く倉田に向けられていたため、高尾
最近の投稿

レビュー)ルヴァン決勝 vsセレッソ~優勝することに意味がある★★★★~

名古屋2-0セレッソ大阪(A)/埼玉スタジアム/2021.10.30 得点者(名):前田直輝、稲垣祥 FT:名古屋グランパス 2 - 0 セレッソ大阪 ⚽️ 47’ #前田直輝 ⚽️ 79’ #稲垣祥 🗒試合詳細▶️ https://t.co/v03MrdsgFc We’re CUP WINNERS✨ #ルヴァンカップ 初優勝🏆 #4つ目の星 が私たちの胸に ⭐️⭐️⭐️⭐️ #AllforNAGOYA #grampus pic.twitter.com/0uNhpH9AOC — 名古屋グランパス / Nagoya Grampus (@nge_official) October 30, 2021 優勝しました。エヘ。4つめの★。顔の大きさにワイヤワイヤ言いたいアートワークですね。個人的にランゲラックの横は吉田(真剣な眼差し)。 この写真いいですね。↓夢描き未来紡ぎます。 “ 今日手にした"輝く星"とともに、クラブはさらに進化を続けます。 #grampus ファミリーの皆さま、これからも共に夢を描き、グランパスの未来を一緒に紡いでいきましょう ” #小西工己 #ルヴァンカップ 優勝のご報告と御礼 ▶️ https://t.co/flqmUYwwOG pic.twitter.com/0OoGCP3F2v — 名古屋グランパス / Nagoya Grampus (@nge_official) October 30, 2021 グランパスのスタメンはこちら。 ⚽️スターティング11⚽️ 🏆YBC #ルヴァンカップ 決勝 🆚 #セレッソ大阪 🏟埼玉スタジアム2○○2 🕐13:05 KICK OFF #輝く星を #AllforNAGOYA #grampus pic.twitter.com/kIU5CBi8QC — 名古屋グランパス / Nagoya Grampus (@nge_official) October 30, 2021 同カード敗戦の天皇杯から中2日。マッシモのマネージメントが問われる試合になりました。天皇杯のスタメンから4人だけ入れ替わっています。でも、疲れを感じさせないプレーを見せてくれました。 一方のセレッソのスタメン。 10/30(土) 13:05 KICK OFF⚽️ 2021 Jリーグ YBC ルヴァ

レビュー)ルヴァン準決勝 FC東京 vs 名古屋~祝!初の決勝進出!

名古屋(A)1-2FC東京(A)/味の素スタジアム/2021.10.10 得点者(名):稲垣祥 得点者(東):アダイウトン、高萩 やりました、初のルヴァン決勝進出!!初めてルヴァンパーティーに呼ばれた気分です。死闘という表現のふさわしい一戦でしたね。 一言で総括すると、マテウスのクロスを 決めとけや 前田 !! ホームの1戦目を軽く振り返りつつ、アウェーの2戦目のを中心に、嫌がらせの得意な両監督の思惑を想像しながら、特殊タスクを与えられた選手にも触れつつレビューします。 急造DFライン ホームはどんな試合だったっけ?って方のためにダイジェストはこちら↓ DFラインに不在が多いFC東京に対し、ホームは3-1で勝利した名古屋。DFのミスに付けこみ先制、デザインしたセットプレーで追加点、1点返された後にショートパスの連携からダメ押し、と理想的な戦いでした。 FC東京としては、急造DFラインのため守備時532で構えつつ、アダイウトン・田川などの交代選手で攻勢をかけようというゲームプランだったと思います。その中で、 特殊なタスクを与えられていたのが、左SH?WB?に入った渡邊凌磨 です。 名古屋が押し込んだ場合には、5バックのラインまで下がり、その後、対面の成瀬俊平にボールが入ると、マテウスをカバーシャドーで切りながら猛然とかなりの長距離をプレスに来るというタスクでした。 逆サイドの吉田豊に対しては、2列目の三田がプレスに行って、DFラインまで下りることはなかったので、FC東京は、右サイドは442風、左サイドは352風という守備陣形にしてきました。 渡邊は攻撃時には、左の幅取り役として、オフサイドラインに近い高さの位置まで侵入。かなりの運動量を要求されるタスクでした。成瀬は、内に入ったディエゴに引っ張られていたので、サイドに張った渡邉にボールが渡ると危ないなと思っていたので、ボールが入るのが少なかったのは助かりました。 長谷川監督的にはこれまでのベースを活かしつつ、ざっくり、 渡邊にシステム変更で出来る穴を2人分走って埋めてね♡ってゲームプラン だったと思います。全体を変えるような時間はないんでね。 それを知った成瀬は、ボール保持局面でマテウスとの距離を取ってCB近くでボールを受けるのですが、渡邊がプレスをかけに来るまでの時間がある割に、効果的な組み立てに関与することが事

レビュー)名古屋vs大分~長沢への苦手意識克服~

名古屋(H)1-0大分(A)/豊田スタジアム/2021.9.26 得点者(名):稲垣祥 祝! J1クリーンシート19試合新記録 祝!! マッシモJ1通算100勝 祝!!! 長沢への苦手意識克服 3つ目の長沢の苦手意識は私だけかもしれませんが、ポイントは3つにと言いますので、無理やり祝いに突っ込みました。ウノゼロながらも、決定機を多く作り完勝に近い大分戦を簡単にレビューします。 スタメンはこちら。 米本に有休が与えられています。大丈夫だろうか? ⚽️スターティング11⚽️ 🏆 #J1 第30節 🆚 #大分トリニータ 🏟豊田スタジアム 🕓16:00 KICK OFF ▶️ https://t.co/iF8qyUntkd Powered by #大丸松坂屋 pic.twitter.com/OOUZ8j4S5S — 名古屋グランパス / Nagoya Grampus (@nge_official) September 26, 2021 一方の大分は、呉屋以外は前節から変わらず。古巣対決、刀根がスタメン。 🔵🟡 スタメン発表🐢 本日の #名古屋グランパス 戦のスターティングメンバ―発表⚽ https://t.co/7uBsjkmDzg #DAZN と #トリライブ !応援よろしくお願いします‼️ https://t.co/C69li3rAJa トリライブ!⏬ https://t.co/UuU5g0qFND #大分トリニータ #trinita #一致団結 pic.twitter.com/8zjYA9AZpz — 大分トリニータ / Oita Trinita (@TRINITAofficial) September 26, 2021 こちらはダイジェストです。 両チームSTの意図 大分は左STに長沢/CFに呉屋を、名古屋はSTに柿谷/CFに前田を入れました。それぞれCFとSTのポジションは逆で起用することも想定できますので意図が感じられます。 (以後長沢は大分の選手、長澤は名古屋の選手なのでお間違いのないよう) CF前田は大分3バックの脇を裏抜けする深さを取る役目のため、ST柿谷は後述する左HSを埋める守備をする役目のために、ポジションが入れ替えられたと思います。 一方の 左ST長沢は、右SB成瀬と右CB中谷の間で、ロングボールを収める陣地

レビュー)横浜FM vs 名古屋~サイド起点とアンカー番~

名古屋(H)2-1横浜FM(A)/豊田スタジアム/2021.9.18 得点者(名):中谷進之介、シュヴィルツォク 得点者(FM):杉本健勇 やばい。どうしても健勇に得点を許してしまう・・・違う。どうしても勝ってしまうww 公式戦10戦負けなし記念!!宮原100試合おめでとう記念!! という訳でもないですが、気分のがよいので勢いで、久しぶりにブログ書きます。 まずは、両チームのスタメンから。 ⚽️スターティング11⚽️ 🏆 #J1 第29節 🆚 #横浜F・マリノス 🏟豊田スタジアム 🕖19:00 KICK OFF ▶️ https://t.co/NGR67KHprb Powered by #トヨタ車体 pic.twitter.com/HbcR6O95gB — 名古屋グランパス / Nagoya Grampus (@nge_official) September 18, 2021 長澤、前田、森下はターンオーバーじゃなく完全に序列が入れ替わってますね。調子が良い人使うの。いいと思うよ。 STARTING XI presented by @haysjapan   本日のスターティングメンバー発表! ▼GK 高丘 ▼DF 小池/岩田/實藤/ティーラトン ▼MF 扇原/喜田/マルコス ▼FW エウベル/レオ/前田 #fmarinos #Jリーグ #HAYS pic.twitter.com/HKAEsRmsPc — 横浜F・マリノス【公式】 (@prompt_fmarinos) September 18, 2021 CBが負傷で変わっており、突けるかと思いきや、クバはなかなかボールを収められず。なめてて、ごめんなさい。そして、ありがとう。 ランゲラックのファインプレー集はこちら↓。 アウェーとの違い 何度でも書きますが、公式戦10戦負けなし。最後に敗れた試合というと、アウェーのマリノス戦。勇敢に前からプレスに行って、0-2で敗れました。守備時は、前から嵌めに行く形で、SHだった齋藤と直輝を横浜FMの2CBに当て、3ボランチと柿谷でダイヤモンド型の中盤を形成して中央を封鎖し、サイドに誘導してから左は斎藤と長澤、右は直輝と稲垣で挟み込みたいという狙いが見えました。 いわゆる奇策なのですが、柿谷の疲労など考慮しつつ、名古屋の強みの場所で狩りたいという理に

東京五輪サッカー男子 メダル届かず・・・に寄せて

「サッカーを知らなさすぎる」  このまとめの考察が沢山出そう(読みたい https://t.co/4hRkZ4NZN5 — フルゐ (@gra_senki) August 7, 2021 私自身のこのツイートに対する、セルフリプライwとして今回のブログを書いています。今回は久々に代表ネタです。 東京五輪サッカー男子は、3位決定戦に力なく敗れ、メダルに届きませんでした。私自身も大いに期待し、ロンドン五輪よりも良い成績を修める能力も環境も整っていたと思っています。そのため、メダルに”届かない”という表現よりは”逃した”に近い感情を持ちました。 そんな折に、田中碧のコメントを載せた報知の記事を見ました。表現的には自己への批判と共に チーム・監督・日本サッカー界への提言 とも取れる内容になっています。また、内容が原理的というか、基本的というか、原始的というか。そういう意味で聞いていて痛いコメントになっています。 「チーム一体となってどうやって動いて、勝つかに変わってきている」(田中) 「2対2や3対3になるときに相手はパワーアップする。」 「彼らはサッカーを知っているけど、僕らは1対1をし続けている。」 一方でツイッター上のサッカークラスタの論調では、特に 攻撃における配置や組織がない こと、その裏返しとしてイマジネーションに頼っている事に対する不満が多かったと思います。強化の過程で最初からこうじゃなかったと思うので、 「どうしてこうなった?」 にも興味があります。 3決メキシコ戦後の久保の涙を見ていると、込み上げてくるものがあります。しかし、それとは別に、もっとできたはずという”もどかしさ”も同時に感じている人も多いのではないでしょうか。 3つの疑問 チーム内のことは素人にはわかりませんので、本ブログでは3つの疑問を置いておきます。 このチームは守備のチーム。守備だけなら世界のトップレベルだった。しかし、それを押し通さなかった。なぜか? 3位決定戦は消耗が激しく力なく敗れた。それはスカッドの固定の影響が大きい。スカッドは固定を招いたのはなぜか? 攻撃は親善試合の方が組織的であった。本大会になるにつれて即興感が強くなった。なぜか? 疑問1 このチームは守備のチーム。守備だけなら世界のトップレベルだった。しかし、それを押し通さなかった。なぜか? オリンピック6試合で流れの中

レビュー)1節を見てグループGの展望を

ACLのグループG第1節をを見て、展望を描きたいと思います。(1節終ってから展望ってのもなんですがw) ダイジェストはこちら↓ 名古屋1-0ジョホール 浦項2-0ラチャブリ グループ概要 やはり、ライバルは浦項。それに続き、ジョホール。ラチャブリは他の3チームに比べると差がありそうです。 名古屋は4チームの中で守備は一番優れています。特に 前線のパス方向の規制 はかなり差があります。柿谷・阿部の優秀さを感じずにはいられない1節でした。裏を返すと、ビルドアップで苦しむことはなさそうなのですが、そこは芝が許してくれません。 深く、前の試合の補修もされていないピッチは、はっきり言って 「精緻なパスワークをやっても意味ないな」 と感じさせます。その点では、4チームとも割り切って蹴ってくる第1節でした。ボールを収めてくれる、山崎の重要度が増しますね。 ジョホールには、ショートパスを主体としたビルドアップを通常はやっているんだろうなという印象を受けました。国内リーグ7連覇中なので、必然かもしれません。 ボールも審判もJリーグと大きく異なりフィットするのも大変そうですが、浦項は普通にやっていて、韓国らしい試合巧者みを感じます。 名古屋の守備の優れている他の点としては、ロスト後にセットするまでの時間やプレスバックでもかなり差を感じました。やっぱり、先制点が取れるかどうかですね。 続いて、各チームの短評を。 浦項 攻撃時4231、守備時442。 攻撃で一番注意だと思ったのは、 左サイドのSB10番とSH11番のコンビネーションで崩してクロスを上げ、CF7番、ST8番、右SH82番の3人の上背のある外国人が決めるという形 です。 左のSB10番、SH11番のユニットは攻守にバランスが良く、SB10番が交代したあとは11番がSBに下がっていました。10番はセンスが良い感じで、神戸の西みたいな感じですかね。 逆に右SH82は、体格的に馬力で推進力を出すタイプですが、細かなことはできないけど独特のリズムで抜いてくる感じでした。例えると広島のジュニオールサントスですかね。 CF7番は、ボールが良く収まり、上背と駆け引きでゴールを奪うタイプに見えます。先制点もこの人です。 CH14番は、前にボールを狩りに行くタイプで、言うなれば稲垣ですかね。 守備機会が少なかったので、守備面は不明ですが、韓国ら