スキップしてメイン コンテンツに移動

レビュー)仙台 vs 名古屋~対策される名古屋~

名古屋(A)1-3仙台(H)/ユアテック/2019.6.14
得点者(名):マテウス
得点者(仙):吉尾海夏、長沢駿x2

まずは、14節 仙台戦のダイジェストから。0秒でスタメン出ます

今節のプレビュー記事はこちら。



いやー、きれいに名古屋対策されちゃいました。少し下降ぎみの自チーム事情も相まって、こういう試合もあるかなと。(U-20とトゥーロンで切り替えよっと★)

松本のように引いてカウンターと言う戦略を取れるわけではない仙台は、自分たちの得意な戦略で修正して勝利を収めました。流石、戦略家の渡邉晋監督。

仙台サポ界隈は、戦術ブログが熱い印象があります。渡邉監督がいろいろやってくるので、その解釈をする楽しみがそのような土壌を育んでいる一面があるのかなと。

今回は仙台の名古屋対策を中心にレビューします。

非公開練習で仕込んできたもの

仙台は名古屋戦に向けて非公開練習を実施しました。そこで名古屋の何に対して対策を打ってきたかというと以下の3点であったと思います。
  • 2トップの中央のバイタルエリアでの間受け
  • 前田直輝などの質的優位を生かしたサイド攻撃
  • ミドルゾーンでのトランジション
名古屋のストロングポイントを出させない戦術に上手くハマった印象です。順に見ていきます。

中央バイタルエリアでの間受け

今節のプレビューのように、ショートパスを主体として中央からの攻撃を得意とする名古屋。シャビエル、ジョー、アーリア、和泉、マテウス、前田直輝とクイックで狭いところでターンのできる選手を多く持つという特徴があり、真似することが難しい名古屋のストロングポイントだと思っています。

この部分に対抗するため、CBにこれまでCHで使われていたシマオマテを起用しました。シマオマテはCHらしい前に強い特徴を生かして、間受けをする名古屋の選手を捕まえに来ました。CBとしては比較的ポジションを守らず、サイドへもついて行って、広い範囲を潰しに行っていたためCBとしては変則的なふるまいでした。

普通に考えると裏への不安があるのですが、足元で貰いたい名古屋の前線の選手の特徴をふまえた戦略を取ったと言えます。

名古屋は、サイドの裏はついていましたが、中央やニアゾーンの裏を狙う動き、FWをMFが追い越す動きなどは少なかったので、仙台の戦術を逆手にとるには至りませんでした。しまおの出た裏を使う展開が見たかったなと。

バイタルにて、容易に前を向かせてもらえない、下がって間で受けるタイミングを狙われてボールロストする、という展開が前半15分ぐらいまではかなり多かったです。名古屋は以降、主な攻撃ルートをサイドに移しました。

サイド攻撃対策

仙台はこの日のフォーメーションなんて言ったらいいんでしょう。いろんな局面があったように感じました。

4-2-3-1と表記されることが多いようですが、守備時は、4-1-4-1ぽかったり、5-4-1もあったり、吉尾が二人いるように見えたり...この辺りは名古屋対策として守備の可変フォーメーションを取っているようでした。

仙台は名古屋がミドルゾーンでボール保持しているときは4-1-4-1でした。

しかし、名古屋の”ひとりでできるもん”前田直輝がサイドでボールを持つなどして、オフェンシブサードに侵入する際は、WGの関口が最終ラインまで戻って5バックを形成していました。(ちなみに、逆WGの道渕も数は少ないですが同じ動きがありました。)
名古屋は今節、スカウティングから右サイドの攻撃を多くしていたと思われますが、その上をいく戦略で、WGに上下動のできるベテランの関口を置きサイドを封鎖してきました。

仙台は、トランジション合戦のミドルサードでは、中盤を5枚と厚くすると共に、押し込まれたディフェンシブサードでは、5バックにしてスペースを埋めていました。つまり、”おいしいとこ取り”が出来ていました。

普通であれば、前の人数が少なくなりカウンターが弱まるはずでした。例えば、この試合、仙台のSBは、ほとんど上がってきていません。それを補ったのが長沢駿で、今節はスーパーなボールの収まりで、マイナスの面が出ることなく終わったのも名古屋にとっては痛手でした。

ミドルゾーンでのトランジション

この試合、ボールホルダーが3人に囲まれてロストという絵を何度も見ました。

仙台が守備時に3センターにしていたこともありますが、ボールホルダーに対し2~3人で挟み込んで絡め取るという意識は非常に高かったと思います。(下図はボールの2つある架空の状態です。イメージとして。)特に、ハーフスペースで間受に入ったSHに対するプレスはきつかったと思いました。デュエルで負けたというよりも数的優位に負けた印象。

前述のとおり、FWが下りてくるとシマオマテがついてきますし、SHが受けると3人で囲まれますし。なかなか前に進めないわけです。逆に、シミッチには1人ついておけばって感じでした。

前4人の間受けをボールの奪い所として明確に焦点が絞れていたので、仙台のチーム力が最大に活かされたのだと思いました。

対抗して名古屋は、DF陣が仙台のMFを引っ張り出そうと工夫しているように見えました。丸山祐市が珍しくビルドアップ時にロストする場面があったのですが、相手のブロックを間延びさせようと引き付けたことのあらわれだったと思います。サイドに流れて起点となったり、ロングボールを入れたり、ビルドアップに変化をつける工夫が見られました。


おわりに

最近は、期待が膨らみすぎている面もあり、残念な気持ちになっていましたが、試合を見返してみると70分までは5分の試合で、決定機も等しくあり、決してどん底の試合ではありませんでした。

大きな展開のきれいな崩し後のゴラッソも見られました。(難しいゴールしか入らないという贅沢)相変わらず前田直輝はチャンスを量産していました。(入れて)和泉竜司は、中心になってゲームを作ろうという気概が見えました。(あとは入れて)決定機で決めきれば結果はわかりませんでした...が、結論としては、本当にきれいに名古屋対策されちゃいました。

風間監督なので、対策されやすいのは2年半で慣れてきた感あります。しかし今節の、”結構できてる感”の中での対策負けは、まだまだ成長しないといけないことを改めて浮き彫りにしてくれました。更に高みを目指せということですな。

代表中断後は、U-20とトゥーロンで伊藤洋輝と菅原由勢と相馬勇紀が一皮むけて、ジョーとネットが戻って、トップフォームではない選手も復調し、風間監督の改造が入って、強い名古屋が戻ってくることに期待したいと思います。


最後に一言、仙台さんには不公平のないよう、他チームにも同じレベルの対策をお願いします...


トップページのブックマークをお願いします。
更新情報をツイートします


↓クリックすると
↓みなさんのグランパスブログが見れます
にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスへ
にほんブログ村

コメント

このブログの人気の投稿

レビュー)横浜FM vs 名古屋~繰り返される試合内容~

名古屋(H)1-5 横浜FM(A)/パロマ瑞穂/2019.8.24
得点者(名):ジョー
得点者(FM):マルコスx2、エリキ、遠藤渓太x2

まずは、24節 横浜FM戦のダイジェストから。スタメンもダイジェストを確認してください。(0秒でスタメン出ます)


今節のレビューですが、審判の話、決定機を決めきれなかった話は一切出てきません。とりあえず、忘れましょう。

では何を書くのか。

今節のホーム(1-5)と7節のアウェー(1-1)の試合内容は、非常に似通ったものでした。スコア以外はね。(この2チームには前回対戦の修正という概念はあるのだろうか…)。お互い、攻撃は上手くハマり、守備は全くハマらないという内容。普段の戦い方にお互いこだわりそうなので、しばらく同じような試合内容が続きそうな予感です。今回は、その辺を攻守に分けて整理していきたいと思います。

名古屋の攻撃 基本的に、アウェー戦の後半に上手くいったことをそのまま実行して、今回もうまくいきました。(7節アウェー時のレビュー参照。)
簡単に言うと、ペナ幅の中で逆SBの裏(大外)のニアゾーンを狙ったボールを多用してチャンスを創出していました。
横浜FMの守備の弱点として言われているのは、攻撃時に偽SB化するため、ネガトラ時にサイドがガラ空きなことと、組織的守備時に4バックがペナ幅に密集するため、これまたサイドががら空きな事です。
つまり、トランジションでも組織守備でも、名古屋は攻撃時にペナ幅に陣取れば、その位置より外側には敵のいない状態で攻撃を始めることが出来ます。つまり、ペナ幅に陣取ったボールホルダーから見て逆SBの大外にいる味方に短めのサイドチェンジを入れるだけで、ボールを受ける味方は横浜DF陣の視野外から飛び出して一気にチャンスを作ることが出来るのです。
一般的な距離感の4バックや5バックでは、逆サイドのニアゾーンに飛び込んでも、敵の視野内なので容易にマークされてしまいますが、横浜FMの場合は、視野外から飛び出せるのです。さらに、サイドチェンジの距離も短いのでピンポイントで合わせることが出来ます。(簡単そうでしょ?)
名古屋は幅を取ることに重きを置かず、ペナ幅で攻撃することに心血を注いできました。そんな、常に狭いスペースを攻略しようとしている名古屋だからこそできる攻撃であり、スペースを必要とするクラブにはできない…

レビュー)清水 vs 名古屋~帰ってきた米本~

名古屋(A)2-3清水(H)/IAIスタジアム/2019.9.13
得点者(名):宮原和也、長谷川アーリア
得点者(清):西澤x2、河井

まずは、26節 清水戦のダイジェストから。



両チームのスタメンはこちら。
失点しない程度に、二見のロングスローは見たい👀 https://t.co/JWDebtGxag — フルゐ (@gra_senki) September 13, 2019 明治安田生命J1リーグ 第26節「vs #清水エスパルス」(@IAIスタジアム日本平 19:30 KICK OFF ) #grampus スターティング11 ⚽🔥

▶️https://t.co/pYVMvlx3whpic.twitter.com/9KTHqeSwEj —名古屋グランパス (@nge_official) September 13, 2019 赤崎秀平がスタメン。米本拓司がサブに戻ってきました!!

失点について "淡泊な失点"と"濃厚な得点"がチームの特性になってしまっている名古屋。その特性が、そのまま出た試合となりました。

失点のうち2点がカウンターでした。1点目は、西澤にペナ外からミドルを決められてしまいました。宮原和也が距離を開けすぎという批判もあったようですが、最近のカウンター守備のチームセオリー通りに動いていたと思います。

つまり、ペナルティ付近までボールホルダーと一定の距離を取って下がりながら仲間のサポートを待ち、ペナ付近まで来たらアタックするというものです。ネットが西澤を追い越してチャネルに侵入する相手についていく事も見られ(!)、DFが集まってからアタックするという約束事の中での対応だったと思います。この失点は、年間2~3点しかとられないような、事故的なゴラッソなので、西澤を褒めたたえるのでいいのではないでしょうか?

2点目3点目がリフレクションでのゴールなので、こちらも事故的な要素があります。一方、改善して欲しい所も、そりゃあります。

2点目はシュートブロック。この試合を通して清水の方がシュートブロック良かったです。名古屋の守備のやり方で球際で負けていては勝てません。

3点目は名古屋のセットプレー崩れからの人の配置の問題でした。セットプレーで両CBが上がって、更にその2人を介したロンド中にショートパスをカットされ…

レビュー)川崎 vs 名古屋~良い方向に転んだ真っ向勝負~

名古屋(H)3-0川崎(A)/豊田スタジアム/2019.8.10
得点者(名):和泉竜司、和泉竜司、前田直輝

いやー、勝ちましたね!しかも、川崎から3点。クリーンシートで。

おかげで良いお盆を過ごすことが出来ました。(といっても、嫁実家のTV前に鎮座していただけですがw)

川崎と実力差があるわけではなく、すべてがうまく名古屋の良い方向に転んで掴んだ勝利でした。もちろん名古屋の成長もあるわけですが、川崎の調子の落ちている部分も多分にあった試合でした。

これからも厳しい戦いが続きます(松本、横浜FM、FC東京…)。これからさらに勝利を重ねるために引き締める意味で、紙一重で良い方に転んだという視点で川崎戦をまとめます。


【良い方向に転んだ紙一重ポイント】
前田過労死システム川崎の間受けに特化したスタメン名古屋のビルドアップ隊と中村憲剛
スタメンとダイジェスト 名古屋は4-4-2に戻し、CBとして藤井陽也がスタメン。 #鯱の大祭典🔥ホーム第2戦 明治安田生命 #J1 第22節「vs #川崎フロンターレ」(@豊田スタジアム 19:00 KICK OFF )#grampus スターティング11✨

▶️https://t.co/rSqDqmZEwMpic.twitter.com/yS5zY1brIo — 名古屋グランパス (@nge_official) August 10, 2019
川崎は4-2-3-1。大島がアップ中に出場回避ということで、山村に変更になっていました。
8/10(土)
明治安田生命J1リーグ 第22節
川崎フロンターレ vs 名古屋グランパス
19:03キックオフ 豊田スタジアム

本日のスターティングメンバー!
(ポジション毎に背番号順に左から掲載) 【広報】 #frontale

J1・J2・J3全リーグ戦を DAZN( @DAZN_JPN )が配信中!! #WATCHDAZNpic.twitter.com/m2p7gpEpFM — 川崎フロンターレ (@frontale_staff) August 10, 2019
こちらは、22節 川崎戦のダイジェスト。0秒でスタメン出ます


良い方向に転んだポイント①名古屋組織的守備 この日の名古屋の組織的守備はプレスラインをセンターライン10m前に設定し、ミドルサードでコンパクトに守るものでした。そしてこれが、前田直輝過労死…

レビュー)横浜FM vs 名古屋~ニアゾーンへのサイドチェンジ~

名古屋(A)1-1横浜FM(H)/日産スタジアム/2019.4.13
得点者(名):ジョー
得点者(横):マルコスジュニオール
まずは、7節 横浜FM戦のダイジェストから。
(0秒でスタメン出ます。)


今節のプレビュー記事はこちら。


ニアゾーンへのサイドチェンジ攻撃 グランパスが横浜FM対策に仕込んできた攻撃として、あまり使わないサイドチェンジをこの試合では多用しました。
状況としては、グランパスが攻撃でアタッキングサードに押し込んだ場面です。マリノスの4バックは、ペナルティ幅に圧縮して構える特徴があります。その敵SBの少し外側(いわゆるニアゾーン)にサイドチェンジの浮き球を入れチャンスを多く作りました。
ボールの受け方も、最初からニアゾーンに入るのではなく、敵SBとほぼ同じ位置に陣取りながらバックステップで距離を取りボールを受けるなど、開けておいてサイドチェンジが入りそうになると先に動くという連携が見られていました。
サイドライン際からのクロスは確率が低いので、グランパスはこれまでほとんど使いませんでした。一方、ニアゾーンへのサイドチェンジはゴールへの距離が近くクロスもピンポイントで入れれますし、シュートにも移れます。この攻撃の実装は、今後に期待が持てます。
ハーフコートマッチ守備の改善点 優っているようで劣っている。グランパス風間監督の理想は超難関だ|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva https://t.co/JA4REFu9qd — フルゐ (@gra_senki) 2019年4月15日 上の記事で書かれている、後半の修正点を私なりに解釈してみました。

前後半を通してハーフコートマッチを狙っていました。ポゼッションでは横浜FMが上回ったものの、プレーエリアはコートを3分割した横浜FMゴール側が多かったことが物語っています。

前半上手くいかなかった点として以下のようなことがあったと思います。

横浜FMのGKも含めたビルドアップにオールコートでプレスをかけて、横浜陣内でのボール奪取を企みます。しかし、名古屋プレスのファーストラインを抜けられると、即疑似カウンターをくらうという悪循環がありました。前半3分名古屋DFライン前でフリーの広瀬に縦パスが入り前を向かれた時には「これ、やべーやつだな」と不安になりました。「普通、…