スキップしてメイン コンテンツに移動

レビュー)仙台 vs 名古屋~対策される名古屋~

名古屋(A)1-3仙台(H)/ユアテック/2019.6.14
得点者(名):マテウス
得点者(仙):吉尾海夏、長沢駿x2

まずは、14節 仙台戦のダイジェストから。0秒でスタメン出ます

今節のプレビュー記事はこちら。



いやー、きれいに名古屋対策されちゃいました。少し下降ぎみの自チーム事情も相まって、こういう試合もあるかなと。(U-20とトゥーロンで切り替えよっと★)

松本のように引いてカウンターと言う戦略を取れるわけではない仙台は、自分たちの得意な戦略で修正して勝利を収めました。流石、戦略家の渡邉晋監督。

仙台サポ界隈は、戦術ブログが熱い印象があります。渡邉監督がいろいろやってくるので、その解釈をする楽しみがそのような土壌を育んでいる一面があるのかなと。

今回は仙台の名古屋対策を中心にレビューします。

非公開練習で仕込んできたもの

仙台は名古屋戦に向けて非公開練習を実施しました。そこで名古屋の何に対して対策を打ってきたかというと以下の3点であったと思います。
  • 2トップの中央のバイタルエリアでの間受け
  • 前田直輝などの質的優位を生かしたサイド攻撃
  • ミドルゾーンでのトランジション
名古屋のストロングポイントを出させない戦術に上手くハマった印象です。順に見ていきます。

中央バイタルエリアでの間受け

今節のプレビューのように、ショートパスを主体として中央からの攻撃を得意とする名古屋。シャビエル、ジョー、アーリア、和泉、マテウス、前田直輝とクイックで狭いところでターンのできる選手を多く持つという特徴があり、真似することが難しい名古屋のストロングポイントだと思っています。

この部分に対抗するため、CBにこれまでCHで使われていたシマオマテを起用しました。シマオマテはCHらしい前に強い特徴を生かして、間受けをする名古屋の選手を捕まえに来ました。CBとしては比較的ポジションを守らず、サイドへもついて行って、広い範囲を潰しに行っていたためCBとしては変則的なふるまいでした。

普通に考えると裏への不安があるのですが、足元で貰いたい名古屋の前線の選手の特徴をふまえた戦略を取ったと言えます。

名古屋は、サイドの裏はついていましたが、中央やニアゾーンの裏を狙う動き、FWをMFが追い越す動きなどは少なかったので、仙台の戦術を逆手にとるには至りませんでした。しまおの出た裏を使う展開が見たかったなと。

バイタルにて、容易に前を向かせてもらえない、下がって間で受けるタイミングを狙われてボールロストする、という展開が前半15分ぐらいまではかなり多かったです。名古屋は以降、主な攻撃ルートをサイドに移しました。

サイド攻撃対策

仙台はこの日のフォーメーションなんて言ったらいいんでしょう。いろんな局面があったように感じました。

4-2-3-1と表記されることが多いようですが、守備時は、4-1-4-1ぽかったり、5-4-1もあったり、吉尾が二人いるように見えたり...この辺りは名古屋対策として守備の可変フォーメーションを取っているようでした。

仙台は名古屋がミドルゾーンでボール保持しているときは4-1-4-1でした。

しかし、名古屋の”ひとりでできるもん”前田直輝がサイドでボールを持つなどして、オフェンシブサードに侵入する際は、WGの関口が最終ラインまで戻って5バックを形成していました。(ちなみに、逆WGの道渕も数は少ないですが同じ動きがありました。)
名古屋は今節、スカウティングから右サイドの攻撃を多くしていたと思われますが、その上をいく戦略で、WGに上下動のできるベテランの関口を置きサイドを封鎖してきました。

仙台は、トランジション合戦のミドルサードでは、中盤を5枚と厚くすると共に、押し込まれたディフェンシブサードでは、5バックにしてスペースを埋めていました。つまり、”おいしいとこ取り”が出来ていました。

普通であれば、前の人数が少なくなりカウンターが弱まるはずでした。例えば、この試合、仙台のSBは、ほとんど上がってきていません。それを補ったのが長沢駿で、今節はスーパーなボールの収まりで、マイナスの面が出ることなく終わったのも名古屋にとっては痛手でした。

ミドルゾーンでのトランジション

この試合、ボールホルダーが3人に囲まれてロストという絵を何度も見ました。

仙台が守備時に3センターにしていたこともありますが、ボールホルダーに対し2~3人で挟み込んで絡め取るという意識は非常に高かったと思います。(下図はボールの2つある架空の状態です。イメージとして。)特に、ハーフスペースで間受に入ったSHに対するプレスはきつかったと思いました。デュエルで負けたというよりも数的優位に負けた印象。

前述のとおり、FWが下りてくるとシマオマテがついてきますし、SHが受けると3人で囲まれますし。なかなか前に進めないわけです。逆に、シミッチには1人ついておけばって感じでした。

前4人の間受けをボールの奪い所として明確に焦点が絞れていたので、仙台のチーム力が最大に活かされたのだと思いました。

対抗して名古屋は、DF陣が仙台のMFを引っ張り出そうと工夫しているように見えました。丸山祐市が珍しくビルドアップ時にロストする場面があったのですが、相手のブロックを間延びさせようと引き付けたことのあらわれだったと思います。サイドに流れて起点となったり、ロングボールを入れたり、ビルドアップに変化をつける工夫が見られました。


おわりに

最近は、期待が膨らみすぎている面もあり、残念な気持ちになっていましたが、試合を見返してみると70分までは5分の試合で、決定機も等しくあり、決してどん底の試合ではありませんでした。

大きな展開のきれいな崩し後のゴラッソも見られました。(難しいゴールしか入らないという贅沢)相変わらず前田直輝はチャンスを量産していました。(入れて)和泉竜司は、中心になってゲームを作ろうという気概が見えました。(あとは入れて)決定機で決めきれば結果はわかりませんでした...が、結論としては、本当にきれいに名古屋対策されちゃいました。

風間監督なので、対策されやすいのは2年半で慣れてきた感あります。しかし今節の、”結構できてる感”の中での対策負けは、まだまだ成長しないといけないことを改めて浮き彫りにしてくれました。更に高みを目指せということですな。

代表中断後は、U-20とトゥーロンで伊藤洋輝と菅原由勢と相馬勇紀が一皮むけて、ジョーとネットが戻って、トップフォームではない選手も復調し、風間監督の改造が入って、強い名古屋が戻ってくることに期待したいと思います。


最後に一言、仙台さんには不公平のないよう、他チームにも同じレベルの対策をお願いします...


トップページのブックマークをお願いします。
更新情報をツイートします


↓クリックすると
↓みなさんのグランパスブログが見れます
にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスへ
にほんブログ村

コメント

このブログの人気の投稿

レビュー)清水 vs 名古屋~ミニレビューです~

名古屋(H)1-2清水(A)/パロマ瑞穂/2019.6.22
得点者(名):前田直輝
得点者(清):ドウグラス、西澤健太

スタメンはこちらのダイジェストから確認してください。(0秒で出ます。)


下位に弱い名古屋らしさが戻ってきましたね(汗)。撤退守備ブロックを崩す難しい攻撃をしなきゃならん名古屋と、スペースのある簡単な攻撃を仕掛ける下位チーム。

もう少し戦を略して欲しいところもありますが、しゃーないのでさらっといきます。ファミリーの傷ついた言葉を癒す、気の利いた言葉を掛けられるタイプではないので、今回もドライにお伝えします。(わざわざ、立ち寄っていただいているのに恐縮です。)

〈雑感〉左SHは和泉竜司の代わりにマテウスが先発。中に絞ることも後ろに下がる事も少なく、エウシーニョ番としてサイドの高い位置に張り続けた。ほぼWG。マテウス本人の意思というよりは、エウシーニョの位置を下げさせる作戦だろう。しかし、エウシーニョからヘナトへのスルーパスから、ヘナトがグラウンダーのクロスをあげ、ドウグラスが詰め先制点を許す。途中まではエウシーニョに攻撃をさせず作戦成功感あったが、緩んだ一回が失点につながったので残念。この失点、4-1-4-1に変えてハーフスペースに侵入しやすくした篠田作戦に見事にハマる。名古屋は、SB吉田がサイドにいる選手に付き、SB-CB間がガラ空きだった。普通は、DHが埋める、もしくは、横スライドする、といったどちらかの対応を決めているチームが多いのだが、名古屋は決め事は無さそう。失点の場面は、マテウスがふわっとした守備をしたために、シミッチが前に寄せるしかなく、その裏にヘナトが走りこんでいる。2点目も左ハーフスペースからであり、デザインされてたんだろう。ベーシックな部分ながら名古屋の弱点と相手から認識されている点なので、修正必要ですね。清水の守備は、前から同数でハメてきてビルドアップを阻害しつつ、押し込まれたら中央に圧縮したブロックを作り、サイドのケアはボールサイドのSHを下げて対応。引かれると点が入る気がしない。(実況の名古屋に比べ清水は高さが無いという話に超違和感があった。ヘディングって身長だけじゃないので。クロスの質や予備動作や誰とマッチアップするかなどなど。普通に清水の方がヘディング強いと思う。)清水の前プレ時に、疑似カウンターを仕掛けたい展開だった…

レビュー)大分 vs 名古屋~ハメたのはどっちだ?~

名古屋(A)1-1大分(H)/昭和電工ドーム大分/2019.6.15
得点者(名):宮原和也
得点者(大):オナイウ阿道

まずは、15節 大分戦のダイジェストから。0秒でスタメン出ます




絵にかいたような大分お得意の疑似カウンターから失点し、絵に描いたように名古屋が後半攻めまくるものの、1点止まりでドローとなった上位対決。(既視感がハンパない)

両チーム共に自分たちの普段のゲームプランで戦ったように見えたこの試合、ハメたのはどちらだったのかという事を通して、この試合を振り返りたいと思います。

また、後半では名古屋の攻撃の課題ー平たく言えば点が入らないーについて、中断明けのこの試合で見えたものをお伝えします。

ハメたのはどっちだ? まず、簡単に今シーズンの大分の戦い方を紹介します。
攻撃は疑似カウンターが特徴的です。疑似カウンターを簡単に言うと、「GKを含めて自陣ポゼッションをしながら、相手を食い付かせ、敵のファーストプレスを外してズレが出来たところを芋づる式に使い、ズレが修正される前に速い攻撃でフィニッシュまでもっていく」ものです。
そのために、GK高木を含めビルドアップに定評のある守備陣と、オナイウや藤本のようなスピードのあるFWを組み合わせた布陣になっています。
守備は、疑似カウンター発動がしやすいように、5-3-2で引いて守ることを基本とします。
このような戦い方の大分対策はJリーグ各チームで進んでおり、”引いて守って速い攻撃をさせない作戦”を取られると苦戦する傾向がありました・・・が、もちろん風間監督がそんなことしてくるわけもありません・・・正直、かみ合わせが悪い。

大分の自陣ポゼッションに対し、名古屋は何の躊躇もなく、前からプレスをかけてハメに行きます・・・「これが俺たちの戦いだ!」と言わんばかりに、真っ向から相手のやり方に合わせて・・・ですが、実際には相手のやり方と自分たちのやり方のかみ合わせの悪さも考慮しながら、狙い所を絞っている様に見て取れました。
その狙いとは、GK高木にロングボールを蹴らせてそれを回収するというものです。
通常通り名古屋は、前線から1対1の状況を作り守備側ビルドアップで数的優位を与えません。そして、GKにバックパスが出たら、そこにもプレスをかけるのが常なのですが、この試合はやんわり寄せつつカバーシャドウで自分の元マーカーにも渡らない…

プレビュー)仙台 vs 名古屋~4230411111210~

まずは、次節対戦する仙台の前節(vs清水)のダイジェストから。
(0秒でスタメン出ます。)

清水戦のスタメンから、ハモンロペス(レッド)と椎橋(トゥーロン)が欠場と思われます。一方、名古屋はジョー(怪我)と相馬勇紀(トゥーロン)が欠場と思われます。

最近のベガルタ 最近の清水戦、川崎戦、広島戦の前半をチェックした感想です。
これまで継続してきたポジショナルプレーをベースに、ネガトラと組織的攻撃が長所のチームといった印象を持ちました。順位の割に内容が良く(特に攻撃)、侮れません。
攻撃時は、2CBと2CHでボックスもしくはT字型を作りビルドアップします。SBはサイドレーン、SHはハーフスペース(HS)と比較的固定されており、2FWを含め前4人は比較的近い距離でプレーします。

ビルドアップの形はボックスとT字型を相手のハメかたに合わせて変えてきます。CHの椎橋と松下は、守備的・攻撃的という面でいうと等しく分担しています。どちらかというと刺す縦パスは椎橋の方が出している印象で、出場しないのは助かる部分になると思いました。

途中交代でシマオマテが入ってきたので、現在のCHサブの序列は一番上なのだと思います。初めて見たのでプレースタイルはあまりわからないのですが、”ゆっくりと適切なポジションを埋める”みたいなプレーが多かったので、正直どんな選手かわかりませんでした(汗)。

清水戦では2CHを釣り出した後に、FWの長澤やハモンロペスがCB前に下りてきて、再現よくボールを収めていました。ロングボールで前線に起点を作ることも使ってきます。ハモンに変わり出てくるであろうジャーメインも機動力に優れ、裏やサイドに流れて起点を作ってきそうです。

2トップに収めた後、HSに陣取ったSHの吉尾と石原がカットインなど変化をつけて、SBの永戸、蜂須賀が大外をオーバーラップして、クロスという形がメインの攻撃パターンと言えそうです。

ネガトラの出足、ポジションバランスは非常に良いです。SHが基本的にHSにおり、2トップも献身的に追ってくるのところが、ネガトラの良さにつながっています。

組織的守備時は、4-4-2です。この組織的守備時が、なんというか風間体制初期の名古屋というか、Jリーグに多い”相手のミス待ちふんわりブロック”というか...そんなに悪くないんだけど、なんだか質的優位でぶん殴られるとい…

レビュー)松本 vs 名古屋~何が起こったんだ?~

名古屋(H)0-1松本(A)/豊田スタジアム/2019.5.26
得点者(松):杉本太郎

まずは、13節 松本戦のダイジェストから。0秒でスタメン出ます。


多くの人が「負けるならこういう負け方だろうな。」という、”あるある”な負け方をした松本戦。

ジョーの不在、ルヴァンの疲労、トラップが収まらなかった、気の緩みなどなど、ふわっとした原因はいろいろ挙がりますが、実際に何が起こっていたかという事を私なりに解釈してレビューしたいと思います。


松本の守備の狙い 松本は守備時5-4-1、リトリートメインでいつも通りです。その中で名古屋用にチューニングしてきた最大の点は、5-4のライン間で受けさせないことの徹底だったと思います。
そのため、5-4のブロックをコンパクトに作ります。名古屋はブロックを広げようとSBを目掛けたサイドチェンジをしますが、松本はDFラインの端に位置するWBが前に出て対応します。そして、松本のMFラインがスライドを完了すると、出てきたWBはDFラインに戻ります。
この動きで、MFラインがスライドすることにより間延びすることを防止できます。また、名古屋はボールサイドの逆側に2人いることがないので、松本WBは後ろ髪を引かれることなく、名古屋SBにチャレンジできるという構図を利用しています。
また、松本はボランチにパウリーニョではなく、藤田息吹をスタメン起用し、名古屋の間受け対策を徹底させていたことも、影響大でした。名古屋の選手をイラつかせながら、黙々と仕事をこなす感じ、嫌でした。
前線の動きが少ないといった解説がありましたが、動く場所がない印象の方が強かったです。
このような状況で、最もボールを引き出していたのは赤崎秀平でした。しかし、上手くボールを収めることが出来ませんでした。(もう少し見たかった気が・・・)前半途中からシャビエルとポジションを入れ替え、真ん中ではシャビエルが頑張り、赤崎はダイアゴナルに走りこむというような工夫もしていました。一つでも合っていれば違った展開になったのも事実だと思います。
後半から、前田直樹を入れサイドに張らせて、単純に1対1の質的優位で勝つ方針に変えてから名古屋の攻撃は改善していきました。(SB相馬勇紀を使うなら、今でしょ!って思ってましたが...)
後半FWだったシャビエルは、「ビルドアップに下がってはダメ指令」が出ていた…