スキップしてメイン コンテンツに移動

レビュー)名古屋 vs 仙台~散在と密集、そして阿部浩之~

名古屋(A)1-1仙台(H)/ユアテックスタジアム/2019.2.22
得点者(名):阿部浩之
得点者(仙):シマオマテ

始まりました、J1リーグ。
人生のうるおい、グランパス。
早くもバンディエラ、司令塔、闘将、ピッチ内の監督、王様、阿部浩之。

1節ですし、今回は今年はこんな感じの戦い方するんじゃないか説と阿部浩之について書きたいと思います。

まずは、1節 仙台戦のダイジェストから。

まず、このダイジェストの必見です。なぜなら、失点シーン以外すべて名古屋のチャンスという編集になってます。以前は試合内容にかかわらず、半々だった気がするんだが。DAZNの方針なのか?

今節のプレビュー記事はこちら。

戦前は、攻撃では仙台の前からのプレスに苦しんでビルドアップに苦労し、守備では引きこもってSHを下げた6バックの時間帯もあるのではないかと予想していましたが、なんてことない名古屋のペースで試合のほとんどの時間を過ごす事が出来ました。

ドローながら、まずまずの初戦となった名古屋の戦い方を、私なりにレビューします。

散在と密集

名古屋は4-2-3-1というより、4-2-1-3じゃないかと。仙台は4-4-2です。




この試合はミドルサードのビルドアップでは、ピッチを大きく使うため選手間は広く取り(散在)、オフェンシブサードの崩しの局面では、4人の鳥かご(密集)を作りながらフィニッシュの機会を狙っていました。この散在と密集で、試合の主導権を握っていたんじゃないかと思っています。

ビルドアップ時の散在

ビルドアップ時の形はこんな感じでした。

名古屋が、ミドルサードにおいてビルドアップするときに一番意識していたことはピッチを広く使う事だと思います。散在。

CB2人は、HSに陣取りそこそこ離れます。中谷も丸山も足元があるので、離れても不安は募りません!(レガシー)。普通2トップの選手は、間を通されるのを一番嫌います。よって、この状態だと、名古屋CBをそれぞれマークして、仙台2トップの距離が離れるのが嫌なので、CBの一人はトップと距離のある状態を作れます。

次はSB。SBはCBが広がった分、前に出てサイドライン際まで広がります。仙台はSHがSBを見に行きたいところですが、これまた、阿部浩之や稲垣祥や前田直輝といった真ん中を通されるのが嫌なので、寄せにくい状態があります。実際、成瀬も吉田もドリブルで持ち上がることが出来るので、ビルドアップの出口になる事が出来ていました。

仙台は、4-4-2でも中央を締めるタイプなので、敵SHとの距離が離れ上手くいっていました。一方、片サイドに圧縮してくるパターンのチームの場合はどうなるのかも、今後の楽しみです。”逆サイドのWGに一発サイドチェンジ”ってのが実装されているんじゃないかという展開がこの試合でも何回もありました。よって、片サイドに圧縮してくるチームとの対戦にも期待が持てます。(後半は仙台も圧縮してたかも)

WGもピッチの幅いっぱいに広がります。ポジショナルプレーの場合WGとSBが同レーンにいないようにする場合が多いですが、ガッツリ同レーンです。(後半は、相馬、成瀬がHSレーンの場合も多かったけど。)名古屋もポジショナルと言えばポジショナルですが、方法論が流行ってるやつとはだいぶ違う感じです。ここでも仙台のSBは絞ってHSを開けないようにすることを第一優先にするので、マークは緩目になります。

名古屋はWGが1対1になって質的優位で勝負するルートが強みなので、仙台にとっては辛い形になり、名古屋が主導権を取れる要因の一つになっていたと思います。

ここまで、ピッチを広く使うための外周の選手を取り上げてきましたが、次は中央の選手です。

CHは、基本的に中央攻撃をするために真ん中でパスを受けるようにします(当たり前か)。米本拓司はCBがビルドアップに苦しんでいる場合に、1列下りて相手2トップに対し数的優位を作りにサポートします。下りる場所はSB-CB間、CB-CB間といろいろ。ただし、苦しんでいる場合のみ。苦しんでもいないのに下がる事が無かったことが、非常に好印象でした。無駄に後ろが重たくならないってやつです。

そして、トップ下の阿部浩之は自由でした・・・おしまい。

おしまいではなく、阿部は中央ルートの受け手として、中間ポジションで受けるためにいろいろ動いていました。仙台の4-4ブロックが作る3つの四角形の中央のどこかに入ったり、CB-SB間にまで下りてビルドアップをサポートしたり。

この広くピッチを使うビルドアップにおいて中央を開けても怖くないと思われてしまったら、相手が躊躇なく名古屋のCBやSBやWGにプレスに行けてしまうところなので、第一優先としてCFやトップ下が開いていたら使うという姿勢があったのも、仙台にとっては嫌な所だったと思います。実際、終盤は阿部浩之のラストパスで、決定機を迎える場面が増えました。試合を通して狙っていたことがオープンになってきた所で実ったものと考えています。

崩し局面での密集

ビルドアップ後にオフェンシブサードまで押し込むことができると、サイドに4人で鳥かごを作ります。

名古屋はもともと足元の上手い選手が多いですし、3年の積み上げ(!?)がありますので、密集でユニット優位をつくってチャンスを伺います。

ここでポイントは3人ではなく4人で鳥かごを作る事だと思いました。4人は、名古屋の同サイドのCH、SB、WGと阿部と決まっていました。それに対し、4-4-2で同数を作ろうと思うと、同サイドのSH、CH、SBまでは確定で、「あと1人誰にする?」ってなると思うんですよ。

名古屋は鳥かごに入っていない2人のトップがゴール前にいるので、2CBと逆SBの3人で数的優位を保ちたいのが信条です。しかし、4対3の名古屋ボールの鳥かごで、ボールキープが続くと、同サイドのCBが釣り出されて出てくるわけです。すると、クロスに対して中が敵味方同数で勝負が出来ます。また、SHやCHが下がっているので、仙台のトップは孤立します・・・こうなると、ずっと名古屋のターンを実現できるわけです。



密集に加えて、逆WGのアイソレーションも決め事があるらしく(誰もいないと阿部が入ることも)、そこへのサイドチェンジも徹底していたため、仙台としてはスライドを沢山強いられ、ボールサイドに圧縮するのも難しい状態だったんではないかと思います。

「結局、ドローだけどね」という声が仙台ファンから聞かれそうですが。。。


名古屋で思う存分スポットライトを浴びてくれ

阿部浩之はバンディエラ、司令塔、闘将、ピッチ内の監督、王様、なんと表現するのが適切かわからないぐらい、すごかった。個人的に好きな選手だったけど、ここまですごいとは思わなかった。スプリント5回(出展:DAZN)で、あの目立ちっぷりというインテリジェンスもすごい。ゴールを決めて、それ以外も4回は決定機を演出しているのもすごい。すごい。すごい。

遠藤や憲剛のいるチームで、いぶし銀的な扱いを受けがちだったけど、名古屋で伝説(皮肉じゃないよ)になるような、素敵なマリアージュになる事を願わずにはいられない。そんなファーストマッチだった。「優勝請負人だからって、優勝しても出ていかないで。今からお願い。」

おわりに

散在も密集も攻撃と守備の両方を安定させると思います。散在は、攻撃時にビルドアップルートを広げ、ネガトラ時にはポジションバランスを担保します。密集は、攻撃時にはゴール前を手薄にし、ネガトラ時には相手の前線人数を減らします。前プレ、ショートカウンターと含め4局面の戦術の整備はかなり進んでいます。(よね。)

脳内変換されて、かなりいいように取っているかもしれませんが、今年は「こう来たらこう」という戦術セットが揃っている感じがします。

たとえば4人鳥かごは、「守備での前プレ後にショートカウンターばかり打っていては疲れてしまう」に対する休憩時間なんじゃないでしょうか?「前に行くぞー、ワ~」ってなってるチームメイトが多い中、「ペース落とそうよ」と気の利いた間を取る阿部浩之もいます。

今年は夏に疲れないぞ~!!走り込みだけじゃないんだぞ、コラー!!


更新情報をツイートします

↓クリックすると
↓もう少し読みやすくなるかも。
にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスへ
にほんブログ村

コメント

このブログの人気の投稿

プレビュー)仙台 vs 名古屋~ルヴァン仙台 vs 浦和より~

待ってたよ、開幕。 そっけなくしていても、やっぱり待ち遠しかった2020シーズン。開幕しました。

ルヴァン初戦の鹿島戦に見事勝利して、幸先の良いスタートも切れました。(けど見てない)

一方、なぜか見たルヴァンの仙台-浦和戦(2-5)をもとに、リーグ初戦である仙台戦を軽くプレビューしたいと思います。

1試合しか見ておらず、試合序盤の大量失点で試合が崩れたこともあり、プレビューが当たるとも思われません。が、初戦だし仙台の今年やりたい事が表れているだろう前提で考えました。

まずは、次節対戦する仙台の前節(ルヴァン杯 vs浦和)のダイジェストから。


仙台のスタメンはこちら
【スタッフ】
🆚 #浦和レッズ メンバー
GK ヤクブスウォビィク
DF 蜂須賀孝治、シマオマテ、平岡康裕、常田克人
MF 吉野恭平、松下佳貴、道渕諒平、田中渉
FW 佐々木匠、ジャーメイン良

SUB 関憲太郎、パラ、金正也、椎橋慧也、石原崇兆、浜崎拓磨、山田寛人 — ベガルタ仙台【公式】ベガッ太&ルターナ(時々)そしてスタッフ (@vega_official_) February 16, 2020 ゲデス、クエンカ、””長沢””といった攻撃の大駒が負傷のためベンチにも入ってません。繰り返します、長沢、長沢。

システムは4-4-2でした。4局面の基本的なやり方をご紹介していきます。

ボール保持時 ビルドアップ時は、DHが1人下りて最終ラインは3枚になって、左右SBを前に押し出します。そして、SHはペナルティ幅に絞ります。すると、敵SBも中に絞ります。サイドにできたスペースに、SB、SH、2トップのいずれかが顔を出すことで、マークのずれを作ります。そこからのクロスやドリブルでチャンスを作ります・・・というのが基本的なやり方でした。
前の4人は交互に裏抜け、間受けを繰り返し流動的に動きます。4人ともスピード、ドリブルがあり、コンビネーションも良かったので、負傷者の不在を大きく感じることはありませんでした。

道渕が横方向のドリブルをすることで、周りを誘導し活かしているのが印象に残りました。
また、SBは結構高い位置を取ることができて、攻撃の起点となっていました。SB起用の常田はもともとCBだそうです。長身ながら、走るスピードと、クロスのスピードがあって、確かにSBの適性も高そうに思いました。逆サイ…

私的サッカー用語集

正しい意味か分かりませんが、ブログ内で使っているサッカー用語の説明です。訂正あればお願いします。

偽サイドバック(追記2018/10/7) 攻撃のビルドアップ時にサイドバックが、ボランチの位置に入ること。サリーダ・ラボルピアーナのメカニズムでボランチがCBの間に入った時に、ボランチの位置でSBがボールを受ける。この時、SHやウイングがサイドライン際で幅を取りパスコースを作る。SBは、ボランチの位置からハーフスペースを駆け上がり(インナーラップ)、そのSHからリターンパスをもらう・・・などの攻撃につなげることが出来る。ネガティブトランジションでは、中央に絞っているためにカウンターを受けにくくなる。

サリーダ・ラボルピアーナ(追記2018/10/2) 4バックにおける攻撃のビルドアップおいて、CBの間にボランチが下がって、SBを前に押し上げるメカニズム。2トップの相手に対し2CB+1ボランチの3人で数的優位を保つことでビルドアップを安定させる。2017年は、小林がCBの間に下りる形が強直化しており、効果的ではない場合もあった。一方、2018年W杯中断後は、ネットが主にCB間に下りる役割をしているが、小林が下りる場合や、CBとSBの間に下りる場合や、下りない場合を織り交ぜてビルドアップすることで柔軟性が出ている。また、玉田と小林がそれぞれハーフスペースに入り、相手の第1プレッシャーラインを通過する受け手として機能している。そのため、ビルドアップ時のボールロストが減っている一因になっている。

パッキング・レート(追記18/09/29)
パスやドリブルで相手選手を何人通過することが出来たかという指標。同じく、相手DFを何人通過したかという指標はIMPECTという。footbllistaのコラムで紹介されていた。勝敗との相関係数の高い指標だそうだ。
サッカーが陣取りゲームである以上、もっとも本質を突いた指標だと思った。さらに言うと、敵陣に押し込んでポゼッションしても、相手選手を通過出来なければ、陣地を取ったことにならないことにも気づかされた。重要なのは、ボールの前に何人相手選手がいるかで、0人であればそれはゴールを意味する。”ポゼッション”や”縦に速い攻撃”や”ハイラインハイプレス”などのゲームモデルは手段であり、目的はパッキング・レートと言っても過言ではなく、上位のゲーム…

プレビュー)FC東京 vs 名古屋~久保建英deバージョンアップ~

3節ですが、1位 vs 2位対決のFC東京ー名古屋戦。TMで3-9で負けたときは、こんな順位で対戦するとは思ってもいませんでしたw

名古屋が4-4-2なので、FC東京vs川崎戦と鳥栖戦を見てプレビューを書きたいと思います。

まずは、次節対戦するFC東京の前節(vs鳥栖)のダイジェストから。



〈見どころ〉両チームとも前節のスタメンを前提としています。

名古屋は、①ハイライン、②コンパクト、③ボール刈り取り力、④ネガトラ時の前線守備の連動性、⑤DF陣の裏抜け対応の走力、⑥ボール保持による守備機会の削減、⑦殴り合いに勝つ得点力、⑧ボールロストしない安定したビルドアップ⑨選手交代でのギアチェンジ…といった、風間体制3年間で継続してきたものがやっとバランスが取れてきたため、勝ち点につながった印象です。(この瞬間が永遠であればいいのに・・・)好調の維持に期待です。前節のG大阪に続き、縦に速い攻撃が持ち味のFC東京。永井が負傷により途中交代したので、田川が先発の可能性もあります。しかし、その田川もジャエルに途中交代させられていました。ジャエルについては詳しく知らないのですが、入団当初のジョーの様な体型(!)で、ポストプレーやパワーで勝負するタイプに見えます。どちらにしろ、ハイラインの名古屋DFにとっては少しやりやすくなるのでは?という感じです。今年のFC東京は、久保建英が騒がれているように、遅攻でも攻めることが出来るチームにバージョンアップされています。その場合は、SHの東と久保が片側サイドに集まり、さらに高萩がサイドにポジションを取ったりしながら組み立て、走力のある両SB(室屋、小川)も使いつつ崩してきます。(名古屋とも似た雰囲気)その反面、名古屋のポジトラ時にはポジションバランスが崩れている可能性があるので、攻め残りしているシャビエルにサイドチェンジのボールが入ったりすると決定機を創出できるのではないかと思います。あと久保は、試合から消える時間があるのに対し、東は頑張れるゲームメイカーとして好調を維持しているので、東の方が結構嫌な印象受けました。一方、FC東京の守備は今年も堅い組織を構築しています。川崎戦では、ミドルサードにコンパクトな4-4-2のブロックを作り、焦れることなく、忠実な守備を継続していました。(あれは嫌だわ。)どのゾーンにボールがあってもコンパクトさは変わらな…

プレビュー)横浜FM vs 名古屋~サブテーマとしてのロングボール~

まずは、次節対戦するマリノスの前節(vs浦和)のダイジェストから。

横浜FMのスタメンはこちらを確認してください↑

今回のレビューは、メインテーマとサブテーマに分けてお送りします。

メインテーマとしてのポジションチェンジの思想 マリノスとグランパスは、オフサイド1位2位対決です(FMダントツ!)。オフサイド数に表れる両チームの特徴としてコンパクト、ポゼッション重視、攻撃的などの共通点があります。 それらの特徴を形作る戦術が横浜FMのポジショナルプレーです。攻撃では、ポジションを移動しながら相手を動かし、動かして空いたスペースに連動してポジションを埋め、芋づる式にギャップを作りゴール前まで運びます。
ビルドアップに下りてくるのは、IH天野、SB広瀬、SB松原、CH喜田で、CB間かCB脇に下ります。多彩です。特に左IHの天野純は、CB間、CB脇、WG、シャドー、アンカーといろいろなポジションに移り、マリノスの攻撃を司ります。

守備においてもポジショナルプレー。攻撃でポジショングルグルしながらも、いるべき場所にフィールド上バランス良く選手がいて陣形を崩しません。
例えば、松原が偽SB化することで中央からのカウンターを受けにくくしています。
横浜FMがオートマチックにポジションチェンジして攻撃するのに対し、名古屋はトレーニングで培ったユニットでの即興ポジションチェンジで攻撃します。オートマチズムvs即興。オートマチズムは、判断スピードが上がり、緊急事態に考えるための余力を残すと言われています。即興は、ユニットとしての成熟が必要な反面、自分たちにしか理解できないコンビネーションを出すことが出来ます。

つまり、横浜FMの方がパターンがあるので対策しやすいといえます。しかし、守備時にやばいバランスでネガトラを迎えにくいという点で長所があります。名古屋の場合、ネガトラ時のバランスの悪さは中盤3人(シミッチ、和泉竜司、米本拓司)のボール奪取能力である程度カバーされているため、チーム全体のバランスとしては成り立っています。
このあたりのポジションチェンジの思想の違いがこの試合のメインテーマになるでしょう。

メインテーマについては、みぎさんが「面白わかりやすく」書かれているので、勝手にご紹介させていただきます。これがあれば私のプレビューは要らないと思います・・・ 日本一優しくほんわかし…