スキップしてメイン コンテンツに移動

レビュー)G大阪 vs 名古屋~ニアゾーン攻略と来年への布石~

名古屋(A)3-1G大阪(A)/吹田スタジアム/2021.11.20
得点者(名):シュヴィルツォクx2、柿谷曜一朗
得点者(G):パトリック

いやー、蓄積疲労がないとこんなに強いのか我が軍は!年間17節なら優勝するんじゃないか!と思ったのは私だけではないはず!

まずは、36節 G大阪戦のダイジェストから。0秒でスタメン出ます


代表ウィークの中断を開けた今節。両チームとも準備してきたものを出したゲームになったと思います。特に攻撃面で。方法論は違えど、どのようにニアゾーンに侵入するのかという視点で両チームを見ていきます。

前半で3-0になったので、今回のブログでは前半だけを振り返ります。後半、別にいいっしょ。

前半3-0とはいえ、G大阪も攻撃は良かったと思います。特に引いた名古屋を崩す攻撃について、再現性のある形を見せていたと思います。最近の試合を見ていないので、今節の変化なのかはわかりません。しかし、J1残留を決め、来年に向けた積み上げを狙った部分も感じたので、そのあたりを取り上げます。

一方の名古屋としては、まずリフレッシュ。この効果は絶大に感じました。しかし、それだけではない、中断期間に強化したであろう攻撃での連携面を中心に取り上げたいと思います。相手を引っ張り出す部分とか、ラストパスへの入り方とか。

まずは、ガンバから。


ニアゾーンへはSBのダイアゴナルランで。

ガンバは、引きこもった名古屋を崩す準備をしてきたと思います。ガンバがオフェンシブサードに入ると、スタート位置の4-4-2から、極端に言うと2-2-6に。ビルドアップはCBとCHの4人を中心にして、SBが高い位置で幅を取り、SHは内側に絞ります。右で使うことの多い小野瀬を左に持ってきた意図もこの辺にありそうです。

そこから、宇佐美、小野瀬、倉田が降りて、この3人と山本の誰かが前を向いてボールを持った時に、SBがニアゾーンにダイアゴナルランをする形を狙っていたと思います。
このシーンは開始5分のシーンですが、引いて受けた宇佐美のワンタッチ浮き球パスに絶妙のタイミングで高尾が吉田の裏に走り込みます。しかし、クロスは、パトリックには合いませんでした。危ない。

この数秒前のプレーで倉田が背後を狙うフリーランニングを繰り返していたこともあり、吉田の意識が強く倉田に向けられていたため、高尾は完全にフリーになっていました。危ない危ない。

名古屋の守備の決まり事としては、SHの相馬が高尾について行くべきなんでしょうが、かなり早いタイミングの走り込みで置いていかれました。オートマチックには勝てん、相馬は悪くない。危ない危ない危ない。

高尾も藤春も2回以上この形がありました。パトリックとSH2人がゴール前になだれ込めますし、そのうち点取られるなーと思っていました。

名古屋相手という意味ではSHを押し下げられる点が良いと思います。一方、カウンターケアに対して、後ろ4人のうち井手口ぐらいしかスピード勝負で勝てなそうなので、片手落ち感がありますけどね。というか、休養たっぷりの戦術相馬・戦術前田が秀でていたってことでしょね!!

この攻撃をするためにセットで必要な前線の守備の強度が低いために、名古屋の準備してきたものの方が勝ったというのが、試合全体の感想です。なので、続いて名古屋の準備してきたものに移ります。


3得点の共通点

3得点の共通点と言えばビューティフルゴール。「名古屋は、これが出来れば今期もっと点とれたはずです。」と言ったのは・・・私です。

他にも共通点をゴールから巻き戻して列挙すると、シュートセンス、マイナスクロス、SHのニアゾーンへの侵入、SB裏へのボール、守備陣をつり出す、と言った共通点がありました。これって普通の事かも知れませんけど、中断期間中に磨き上げてきたものなんじゃないかと思ってます。

1、3点目は木本を起点とした疑似カウンター、2点目は稲垣のインターセプトからの真正カウンターでした。3点とも守備陣、特にSBをつり出した状態で攻撃が始まったのがGOODでした。

1、2点目は柿谷が、3点目は吉田が密集からボールを逃がし、縦に加速しました。安易に後ろに下げず、守備体形が整う前に攻め切ったのがGOODでした。

3点ともSHが独走し、ニアゾーン深くに侵入したのがGOODでした。

3点とも、ゴール前には逆SHが走り込み、マイナスクロスにFWが合わせました。クロスに入る役割分担がGOODでした。

そして3点ともシュートがお上手。

名古屋の得点シーンの再現性の高い事、高い事w即興ではなく、準備してきたものが実った感じがあります。


調子に乗ってさらに3得点を振り返る

今年のリーグ戦で、3得点は8試合ぶり5試合目というハレの日なので、調子に乗ってさらに掘り下げます。ちなみに、今回以外はすべて3-0なので、このゲームの”来年への準備”・”意識の変化”・”色気”・”ゆるみ”も感じますがw

1点目は、ミンテへのバックパスに対し、ガンバがプレスをかけていくところから始まります(下図)。ミンテから木本、吉田、相馬、柿谷、相馬とつながり、相馬がドリブルで駆け上がった後のマイナスクロスに、クバが合わせてゴールを決めます。
Tacticalistaにより作成
TACTICAListaにより作成

CH木本にSH倉田、SB吉田にSB高尾、SH相馬にCB三浦とズレを作って、先手先手を取っていった圧巻ゴールでした。ポジショナルプレーの監督か否か、モダンか否かって話がよく出ますけど、位置的優位を質的優位につなげたって意味では、立派にポジショナル。

2点目は、ガンバのHSでの縦パスを前田と稲垣が挟んでカットし、柿谷が前田に縦パス、その時点で、前田を追うのはCHの井手口でした。SB藤春がHSへの縦パスの時点でオートマチックに前に動き出していたので、追いつけない形になりました。

3点目は、最も理詰めでした。
TACTICAListaにより作成
吉田が外、相馬が内で横に並び、左HSで木本が持ち上がります。倉田は、背後で相馬を消しつつ、木本にプレスするしかありません。
木本は、倉田を引き付けるためドリブルでゆっくり上がりながら、吉田にパス。吉田と相馬をケアするため中間に立っていた高尾は、吉田にプレスするしかありません。
そして、吉田はワンタッチで高尾の裏にパス。しっかり、相馬がニアゾーン深く侵入して、DFの目線を釘付けにするので、ガンバDF陣は第一にゴール前を埋めぜる負えません。クバはバックステップを踏んで、ボールを引き込むスペースを空けてかまえ、相馬のマイナスクロスを右足で逆サイドネットに流し込んでゴールになりました。位置的優位でズレをつくり、それをゴール前まで連鎖させる、立派にポジショナル。

さらに言うと、木本が吉田とミンテの間に降りて、組み立てることも準備してきたものでしょう。ビルドアップ隊で回していると、最初はパトリックと宇佐美が追うのですが、少し離れるとSHの倉田が出てくるということをスカウティング済みだったのではないかと思います。1点目もそんな形だったんでね。

準備期間があれば、今シーズンもっとこういう試合ができたのかも?と思わせるガンバ戦でした。


フィッカの変化はアハ体験

もう残り2試合なので、ぼちぼちシーズン総括も突っ込んでいこうかと。

一番の論点は、来年の攻撃の上澄みはあるのか?ですよね。今年は、試合中の可変システムにトライしたり、木本・長澤・学・森下などの新戦力をラージグループに組み込んだりといった積み上げがありました。そうフィッカの変化はアハ体験のよう…

中継でもゼロトップだという話が出ていましたが、私もゼロトップだったと思います。クバはターゲットマンじゃない。降りてきて足元で受けて、サイドに大きく散らせて、ゴール前では左45度から右サイドネットにゴールを流し込む。この型が最も輝く。クバの活かし方が試合を追うごとに定着してきました。

名古屋が柿谷に求める攻撃での最重要タスクは、安易に戻さず、密集から前にボールを供給する役割だと思います。(プレスバック、2度追い含め)このキャラ変をシーズン前、誰が予想したでしょうか?しかし、知らぬ間に欠かせぬ存在です。

左サイドの木本がボールを持って吉田・相馬2択を迫るコンビネーションも基本的な型として、成熟していけそうです。今更。

これから、相馬と前田がえぐったら基本的にマイナスクロスをケアされると思うのでゴール前に、逆SHが飛び込めるか否かが重要になりそうです。そうすると、その前の組み立ての時点で一度サイドチェンジを入れるなどして、周りのサポート時間を稼ぐことも重要になりそうです。この試合では、クバが引いて散らし、前田・相馬が低い位置で内側にドリブルしてサイドチェンジすることで、かなり改善が見られました。

もちろん、ガンバ相手だったから、前から奪いに来るタイプの守備だったから嵌った部分もあります。

しかし、こういう選手の特性の理解、前への加速の仕方、ニアゾーンへの入り方、クロスへの入り方、フリーな選手への渡し方、といったディテールの積み上げが来年の上澄みになるはずです。カウンター=即興ってわけじゃないですよね。

ラージグループを作ってオプションを増やしていくアハ体験でもいいじゃない。固定化したり、大きく方向転換したりするのだけは避けて欲しいですね。


さいごに

神戸も勝利したので、残り2節で勝ち点差5と、ACL枠が苦しい状況に変わりはありません。しかし、最後まで望みが繋がってること自体が、リーグの楽しみを増大させてくれているので、ありがたい限りです。柿谷がJ通算50点取ってから、51点目もすぐだったので、ケチャドバ期に入ってくれると期待しましょう。

そして、FMと鳥栖にも期待しましょう。どうも、今年の日程くんは、コンディションピーク時に名古屋とマッチアップさせてくるな。川崎といい、FMといい、鳥栖といい。ブツブツ・・・

それにしても、フィッカちゃんは元気だとやっぱり交代枠使い切らないんだな。来年も思いやられるぜ!



トップページのブックマークをお願いします。
更新情報をツイートします

↓クリックすると
↓みなさんのグランパスブログが見れます
にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスへ
にほんブログ村

 

コメント

このブログの人気の投稿

東京五輪サッカー男子 メダル届かず・・・に寄せて

「サッカーを知らなさすぎる」  このまとめの考察が沢山出そう(読みたい https://t.co/4hRkZ4NZN5 — フルゐ (@gra_senki) August 7, 2021 私自身のこのツイートに対する、セルフリプライwとして今回のブログを書いています。今回は久々に代表ネタです。 東京五輪サッカー男子は、3位決定戦に力なく敗れ、メダルに届きませんでした。私自身も大いに期待し、ロンドン五輪よりも良い成績を修める能力も環境も整っていたと思っています。そのため、メダルに”届かない”という表現よりは”逃した”に近い感情を持ちました。 そんな折に、田中碧のコメントを載せた報知の記事を見ました。表現的には自己への批判と共に チーム・監督・日本サッカー界への提言 とも取れる内容になっています。また、内容が原理的というか、基本的というか、原始的というか。そういう意味で聞いていて痛いコメントになっています。 「チーム一体となってどうやって動いて、勝つかに変わってきている」(田中) 「2対2や3対3になるときに相手はパワーアップする。」 「彼らはサッカーを知っているけど、僕らは1対1をし続けている。」 一方でツイッター上のサッカークラスタの論調では、特に 攻撃における配置や組織がない こと、その裏返しとしてイマジネーションに頼っている事に対する不満が多かったと思います。強化の過程で最初からこうじゃなかったと思うので、 「どうしてこうなった?」 にも興味があります。 3決メキシコ戦後の久保の涙を見ていると、込み上げてくるものがあります。しかし、それとは別に、もっとできたはずという”もどかしさ”も同時に感じている人も多いのではないでしょうか。 3つの疑問 チーム内のことは素人にはわかりませんので、本ブログでは3つの疑問を置いておきます。 このチームは守備のチーム。守備だけなら世界のトップレベルだった。しかし、それを押し通さなかった。なぜか? 3位決定戦は消耗が激しく力なく敗れた。それはスカッドの固定の影響が大きい。スカッドは固定を招いたのはなぜか? 攻撃は親善試合の方が組織的であった。本大会になるにつれて即興感が強くなった。なぜか? 疑問1 このチームは守備のチーム。守備だけなら世界のトップレベルだった。しかし、それを押し通さなかった。なぜか? オリンピック6試合で流れの中

プレビュー)アウェー川崎戦~山崎交代と中二病と~

DAZNライバルウィークに乗っかって行われる川崎とのホーム&アウェー。ホームはご存じのとおり華々しく散った。アウェーに先立ち、景気づけがてら中二病プレビューを久しぶりに書こうと思う。 (ちなみに、リアルの用事でレビューが書けるかは怪しい。書き逃げだ。) 1stレグのレビュー記事で傷に塩を塗りたい方はこちら。 スタメン予想 川崎は変える必要性を感じないので、そのままだ。名古屋は4枚(中谷、成瀬、前田、斎藤)変えてみた。理由はのちほど。 守備 ホームで何が嫌だったって、極論すると、ピッチいっぱいに幅を取られて、寄せればショートパスで中を使われて、寄せなければクロスで空中戦という2択だ。 まず、 サイドレーンの守備者を固定して、あいまいさを排除 したい。ここでは 大分戦のレビュー でも書いたように4-4ブロックを反時計周りに回して、左SHと右SBをサイドレーンの守備者に固定したい。(下図、大分戦レビューより) SHとしての守備能力を買って、マテウスを左に回す。右には成瀬を起用したい。理由はのちほど。この2人は、空中戦のクロスを簡単に上げさせないことが使命だ。逆に地上戦で、ショートパスで攻撃される分には、いつもの精緻なチャレンジ&カバーで凌ぎたい。レビューでも書いたように川崎の空中戦の再現性・精度が半端ない。3度同じことはやらせない強い意志で、とにかく地上戦に持ち込もう。 セカンドトップには、シミッチへの嫌がらせを期待して、齋藤学を入れた。期する想いにも期待したい。 何とか地上戦のショートパスをかっさらって、縦に速い攻撃に結び付けたい。中の攻撃をカットできればカウンターの好機だ。 このせめぎ合いに勝てなければ、それまで。それが名古屋のアイデンティティーだ。 攻撃 ここで、中二病炸裂。ホーム川崎戦で早々と山崎を交代した理由は、アウェーに向けて 傷を広げないための温存 と考えた。つまり、攻撃の中心は山崎だ。 縦にスピードを乗った攻撃は、山崎へのミドル・ロングパスを起点に、山崎の周囲でSTとSHが受ける形が理想的だ。ジェジエウ・谷口に対し、背負っても裏でも受けることができるのは山崎だけだ。 そもそも、攻守両面で考えて、3センターの方が3点返しやすいという理論には無理がある(長澤の出来は良かったものの)。 まず、守備目的とは考えにくい。なんせ、433には4231の方が嚙み合ってい

レビュー)ルヴァン決勝 vsセレッソ~優勝することに意味がある★★★★~

名古屋2-0セレッソ大阪(A)/埼玉スタジアム/2021.10.30 得点者(名):前田直輝、稲垣祥 FT:名古屋グランパス 2 - 0 セレッソ大阪 ⚽️ 47’ #前田直輝 ⚽️ 79’ #稲垣祥 🗒試合詳細▶️ https://t.co/v03MrdsgFc We’re CUP WINNERS✨ #ルヴァンカップ 初優勝🏆 #4つ目の星 が私たちの胸に ⭐️⭐️⭐️⭐️ #AllforNAGOYA #grampus pic.twitter.com/0uNhpH9AOC — 名古屋グランパス / Nagoya Grampus (@nge_official) October 30, 2021 優勝しました。エヘ。4つめの★。顔の大きさにワイヤワイヤ言いたいアートワークですね。個人的にランゲラックの横は吉田(真剣な眼差し)。 この写真いいですね。↓夢描き未来紡ぎます。 “ 今日手にした"輝く星"とともに、クラブはさらに進化を続けます。 #grampus ファミリーの皆さま、これからも共に夢を描き、グランパスの未来を一緒に紡いでいきましょう ” #小西工己 #ルヴァンカップ 優勝のご報告と御礼 ▶️ https://t.co/flqmUYwwOG pic.twitter.com/0OoGCP3F2v — 名古屋グランパス / Nagoya Grampus (@nge_official) October 30, 2021 グランパスのスタメンはこちら。 ⚽️スターティング11⚽️ 🏆YBC #ルヴァンカップ 決勝 🆚 #セレッソ大阪 🏟埼玉スタジアム2○○2 🕐13:05 KICK OFF #輝く星を #AllforNAGOYA #grampus pic.twitter.com/kIU5CBi8QC — 名古屋グランパス / Nagoya Grampus (@nge_official) October 30, 2021 同カード敗戦の天皇杯から中2日。マッシモのマネージメントが問われる試合になりました。天皇杯のスタメンから4人だけ入れ替わっています。でも、疲れを感じさせないプレーを見せてくれました。 一方のセレッソのスタメン。 10/30(土) 13:05 KICK OFF⚽️ 2021 Jリーグ YBC ルヴァ

レビュー)ルヴァン準決勝 FC東京 vs 名古屋~祝!初の決勝進出!

名古屋(A)1-2FC東京(A)/味の素スタジアム/2021.10.10 得点者(名):稲垣祥 得点者(東):アダイウトン、高萩 やりました、初のルヴァン決勝進出!!初めてルヴァンパーティーに呼ばれた気分です。死闘という表現のふさわしい一戦でしたね。 一言で総括すると、マテウスのクロスを 決めとけや 前田 !! ホームの1戦目を軽く振り返りつつ、アウェーの2戦目のを中心に、嫌がらせの得意な両監督の思惑を想像しながら、特殊タスクを与えられた選手にも触れつつレビューします。 急造DFライン ホームはどんな試合だったっけ?って方のためにダイジェストはこちら↓ DFラインに不在が多いFC東京に対し、ホームは3-1で勝利した名古屋。DFのミスに付けこみ先制、デザインしたセットプレーで追加点、1点返された後にショートパスの連携からダメ押し、と理想的な戦いでした。 FC東京としては、急造DFラインのため守備時532で構えつつ、アダイウトン・田川などの交代選手で攻勢をかけようというゲームプランだったと思います。その中で、 特殊なタスクを与えられていたのが、左SH?WB?に入った渡邊凌磨 です。 名古屋が押し込んだ場合には、5バックのラインまで下がり、その後、対面の成瀬俊平にボールが入ると、マテウスをカバーシャドーで切りながら猛然とかなりの長距離をプレスに来るというタスクでした。 逆サイドの吉田豊に対しては、2列目の三田がプレスに行って、DFラインまで下りることはなかったので、FC東京は、右サイドは442風、左サイドは352風という守備陣形にしてきました。 渡邊は攻撃時には、左の幅取り役として、オフサイドラインに近い高さの位置まで侵入。かなりの運動量を要求されるタスクでした。成瀬は、内に入ったディエゴに引っ張られていたので、サイドに張った渡邉にボールが渡ると危ないなと思っていたので、ボールが入るのが少なかったのは助かりました。 長谷川監督的にはこれまでのベースを活かしつつ、ざっくり、 渡邊にシステム変更で出来る穴を2人分走って埋めてね♡ってゲームプラン だったと思います。全体を変えるような時間はないんでね。 それを知った成瀬は、ボール保持局面でマテウスとの距離を取ってCB近くでボールを受けるのですが、渡邊がプレスをかけに来るまでの時間がある割に、効果的な組み立てに関与することが事