スキップしてメイン コンテンツに移動

レビュー)名古屋 vs 清水~後半は別物~

 名古屋(A)2-1清水(H)/IAIスタジアム/2022.5.21

得点者(名):仙頭啓矢、相馬勇紀
得点者(清):チアゴサンタナ

祝!リーグ戦2連勝、祝!!公式戦3連勝、祝!!!リーグ戦FW初得点(酒井)、祝!!!!相馬今季初ゴール、と良いとこ尽くめでしたね。

当ブログとしては、直近のアップ時に名前を挙げて心配(苦言じゃないよw)を口にした酒井と相馬が2人ともゴールを決めるという偶然に見舞われました。これは、スピリチュアル御利益が当ブログにあるのではないかと、中の人も期待が高まっているわけです。

一方の試合内容に目を向けてみると、前半は今季1.2を争う好ゲームだったのに対し、後半はかなりサンドバック状態…

というわけで、波に乗っていきたいグランパスの課題である、後半のゲームの運び方を中心に綴っていきたいと思います。

ダイジェストはこちら。0秒でスタメン出ます↓サムネかわE


前半はいいんだよ

この試合含めリーグ戦では5試合、公式戦では7試合の先制が示しているように、前半のグラは強い。この試合も前回ブログで書いたように、仙頭がいい感じにしてくれる作戦でいい感じに。ウェット決め決めスタイリングでも、サラサラスタイリングでも仙頭は仙頭でした。

”仙頭いい感じ作戦”を簡単におさらいしておきます。守備時に352から仙頭が上がり3421化して、前線の守備強度を高め、それに伴い仙頭はSB-CH-CB三角形の広い範囲の守備を賢くカバーしていい感じに。攻撃時は、仙頭がHV-WB間に下りたりしてボールを引き出し、長短のパスでゲームをいい感じにしてくれます。そして仕事人はオーバーペースで60分ごろには交代します。

ここ数試合続けているこのゲームプランの大枠は清水戦でも一緒でした。

もちろん清水用のディテール調整はありました。例えば12分のシーン。仙頭がボールを受けに動く位置はサイド。本来、吉田がいる位置に動き、吉田を前に押し出していました。この動きにより、SB片山は吉田にピン止めされ、仙頭にはSHのカルリーニョスが対応することになりますが、比較的、仙頭がフリーでさばけるようになり、安定したビルドアップに貢献していました。

前半22分、マテウスの股抜きからクロス、それを酒井がニアですらしてゴールします。このゴールシーンでも、仙頭がサイドに張り出してました。前半序盤にこの形で、清水の守備を惑わせることが多かったです。

よって、前半にチーム全体で清水の守備の混乱を作たからこそ、生まれたゴールシーンであったと私は見ました。

今後に向けた前半守備面での懸念はと言うと、仙頭の過負荷状態を突こうと清水が対策してきたところです。CB立田ーSB片山が清水ビルドアップ時に後ろに下がることで、仙頭の移動距離を長くして困らせてきました。戦術仙頭の賞味期限もあと少しかも…。

この弊害が顕在化したシーンとしては、ボールホルダーの立田に仙頭がアタックし、それに連動して、片山近くに吉田豊が、カルリーニョスに丸山が寄るのですが、少しづつ対応が遅く、いっきにカルリーニョスがダイアゴナルランで裏を突き、丸山の背後を取られる場面が前半17分と33分にありました。

続いて、その他の名古屋の攻撃の良い点を3点ほど。

名古屋右サイドの攻撃のGOODポイントはというと、走力を活かし稲垣がニアゾーン深くまで侵入して、マイナスクロスを上げるシーンが増えてきたところだと思います。右サイドも連携が高まってきていて、今日のスカッドがしばらくのベースになりそうですね。

また、前回のブログでも触れましたが、CB3人+レオシルバのビルドアップはJ1でも屈指の安定感になってきたのではないでしょうか。CB3人で横幅いっぱいに広がってもブレないパス精度と少しプレッシャーをかけられても動じないボールスキル。守備面での高さ、強さ、スピード、読み、球際なども申し分ないので、まぎれもない名古屋のストロングポイントですね。

前半36分ごろあたりか、スローインとコーナーキックのリスタート祭りになった時には、「早くも塩漬け試合にするのかw」と試合の進め方の老獪さに目じりを下げる前半でした。



後半受けに回るのをなんとか…

今後、チームが上位に食い込むには、後半の失速を何とかしたいですよね。基本的には”守備の強度が落ちて、ミドルゾーンでボールを回収できなくなり、押し込まれた後にボールを回収するも、クリアが苦し紛れなので味方につながらず、守備ターンが続く”という、昔からの課題です。

このところ先制しているため、受けに回りがちなゲーム展開になりやすいことを加味しても、もう少し何とかしたいところです。過密日程、選手層、ゲームプランなども後半受けに回らざるをえない原因となっていると思います。

また、前節セレッソと同様に清水もゲームメイカータイプのCHを後半開始と同時に投入しました。アンカー位置を使われだしてから劣勢に陥ることも、2試合連続です。

清水は後半からCHホナウドがアウトで、白崎をCHに下げ、西澤をSHに入れてきました。西澤がHS低めの位置に下りることで、そこからアンカー位置に入った白崎に戻すことで、アンカー経由の清水のボールの循環が良くなりました。前半は、酒井とマテウスの受け渡しでアンカー位置をほとんど使わていなかったのとは対照的です。

また、西澤がHS低めに下りることで、稲垣をつり出しボランチ位置を使いやすくするとともに、SB山原を前に出すことでクロス攻撃も多くなりました。

アンカー位置の守備強化、ボランチの運動量の維持、ボール回収後のボールの逃がし所、などの課題は当然長谷川監督もわかっていて、交代で対応していきます。

CFに石田を入れたのは攻撃面もさることながら、守備面ではアンカー位置のケアを重要視していたと思います。レオシルバの交代で宮原を入れることも実装してきました。ゲームコントロールに長け、ボールの逃がし所になる、柿谷、阿部の投入も定番化しています。

これらの交代選手の中でも宮原は希望の星ですね。運動量・奪取能力・ショートパスでのリンクマンとしての働きにはかなり期待できます。その一方、ロングパスでゲームを作るタイプではないので、丸山・藤井・阿部あたりが良い角度・距離でサポートしてボール回収後の密集から逃す必要がありそうです。プレー時間が増えるといいですね。

水曜の試合が続くので、ローテーションしながら疲れを抑えることも重要ですね。WBは3人で回せそうですし、チアゴ、柿谷辺りの準レギュラーは水曜ローテに加えて欲しいですね。

吉田豊は水曜日の疲れもあったのか、裏を突かれ、寄せきれずクロスを上げさせる場面が多かったです。攻撃面では、仙頭との関係で内に入ったり、器用な一面を見せているので、疲れのケアをお願いしたいですね。”苦言を呈すると活躍する”という当ブログのジンクスができるといいな。

さいごに

4位の広島まで勝ち点4差の12位です。(2022/5/21時点)なんつーか、川崎、鹿島、横浜FMに3強感出されてるので、そこに食い込みたい。確かに、上位3チーム以外となら五分の試合ができそうな感じまで持ち直してきました。常に変化しながら、さらに高みを目指していきましょー!(どうか瀬古樹を…、もしくは仙頭クローンを、5年前のレオシルバでもいい、)



トップページのブックマークをお願いします。
 更新情報をツイートします

 ↓クリックすると
 ↓みなさんのグランパスブログが見れます
にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスへ
にほんブログ村 

コメント

このブログの人気の投稿

レビュー)名古屋vsC大阪~「何で仙頭は最初に交代させられちゃうんですか?(小2男子)」~

名古屋(H)1-0C大阪(A)/豊田スタジアム/2022.5.14 得点者(名):仙頭啓矢 やっと勝ちましたね!3分3敗後の7試合ぶりの勝利! ここ4試合は先制しているので、これだけ勝てないのは呪われているとしか言いようがない。「大津の2分で2点」の呪い、「ウタカの普通は入らないヘディングシュート」の呪い、「あんなのでVAR介入してたらゴール入らないよ」の呪い、きっと今日勝利できたのは、あなたのお祓いや滝行のおかげだと思います。その前も、鹿島、FC東京の上位に引き分けなので、ずっと調子はそんなに悪くないんですよね。 やっぱり、「ゲームマネジメントが石橋のマッシモと比べるとなー」、みたいなところも気になると思います。その意味では、この試合はマネジメントがハマった試合になったので、そんなこんなをレビューします。 スタメン・試合内容の確認はこちらから↓0秒でスタメン出ます。 仙頭過負荷の可変守備 名古屋はアタッキングサードとディフェンシブサードでは352ベースの陣形で守備をして、 ミドルサードでは仙頭が少し前に出て3421気味に守備 をする形でした。前節のマリノス戦と同様ですね。ミドルサードのボールを狩りたいところだけ、仙頭を前に出し左右非対称の守備で敵ビルドアップ隊に前線3人でプレスする意図ですね。 ミドルサードでの3421化により守備のマッチアップが、右SB松田は左IH仙頭、左SB山中は右WB森下、右SH毎熊は左WB相馬、左SHパトリッキは右HV中谷と固定されることで、出足の早い守備が期待できます。 中谷がアウトサイドまで迎撃しても、中央には高さのある藤井と丸山が残ること、稲垣を脇に置いておくことで中央のレオシルバおじさんがあまり動かなくて良いこと、ディフェンスラインまで降りた際に相馬の方が森下よりも守備に長けること、今攻撃で一番輝いている森下を前に残せることなど、合理的な配置に見えました。 この役割だと相馬よりもマリノス戦同様に吉田の方がよいと思われますが、勝てば自力予選通過がかかるルヴァンが水曜日にありますので、そちらで吉田を先発させる意図もあるのではないかと推測します。 この ミドルサード3421化で一番負荷がかかるのは、仙頭です。 だから、2試合連続で仙頭が最初の交代になってるんですね。そこらへんはセレッソもわかっていて、SB松田を仙頭の裏まで上げ、CBヨニッ

11節を終えた健太監督の評価と期待

今回は試合のレビューではないですよ。 健太監督の評価って困りますよね。 2022/5/3時点で、勝ち点11の13位・・・20年3位、21年5位ときた今年としては不満だし⤵、 ただ、ルヴァンは予選リーグ最終節で徳島勝てば自力予選通過の第2位ですし⤴、 藤井陽也、甲田英將ら若手も使ってるし⤴、 マッシモ期ほど守備的でもないが⤴、守備が鉄壁でもない⤵、 好調上位の柏、鹿島、FC東京辺りと良いゲームをして引き分けもあるし⤴、ただ、勝ったのは神戸と湘南という下から2チームだけだし⤵、 磐田戦前半のようなボール保持で面白いゲームをするときもあれば⤴、後半受けに回りすぎて逆転されるときもあるし⤵、湘南戦の様に久しぶりの逆転勝ちもあるし⤴、 3バックにシステム変更して復調と思いきや⤴、それに伴い交代カード不足に陥り⤵、 ファストブレイク発動するのかと思いきや⤴、それほど発動しないし⤵、 シュート数多いと思いきや⤴、難易度の高いシュート多すぎて入る気しないし⤵、 補強組が活躍している⤴と思いきや、移籍ブーストは終了気味だし⤵ 怪我明け復帰組も生かしているけど⤴、年俸ほどの活躍になってないし⤵(酷か)、 ・・・・・ ただ、今年のJ1は引き分けが多いようで、2022/5/3時点で計算すると96試合中37試合が引き分けなんですよね。実に 引き分け試合38%!! 。 平均勝ち点にすると13.9点 なんですよね。川崎1強時代から、団子状態のJ1が戻ってきました(鹿島は強そうだけど)。勝ち点11の13位なんて、ぜんぜん気にすることじゃないんですよね。 なので、言いたいことは 『つべこべ言わず3連勝しろ!!』 と、ポエム的なブログになりましたが、言いたいのは 将来強くなりそうかどうかが大事 ってこと。 守備はセットプレーを除けば安心して見ていられるし、 少ないタッチのショートパスが数本続く崩しも見られるし、 SBからSHへという攻撃ルートではなくハーフスペースを経由することが多くなったし、 3バックを中心としたビルドアップは京都などの一部のインテンシティの高い守備を標ぼうするチーム以外に対してはボール保持を基調とした試合もできそうだし、 ボール非保持でも決定機数が上回っている試合も多いし、 ストライカーはマテウスがOG含めれば5点ぐらい取ってるし、 グエン来るし(知らんけど)、 もうちょっと順位上

プレビュー)FC東京 vs 名古屋~久保建英deバージョンアップ~

3節ですが、1位 vs 2位対決のFC東京ー名古屋戦。TMで3-9で負けたときは、こんな順位で対戦するとは思ってもいませんでしたw 名古屋が4-4-2なので、FC東京vs川崎戦と鳥栖戦を見てプレビューを書きたいと思います。 まずは、次節対戦するFC東京の前節(vs鳥栖)のダイジェストから。 〈見どころ〉 両チームとも前節のスタメンを前提としています。 名古屋は、①ハイライン、②コンパクト、③ボール刈り取り力、④ネガトラ時の前線守備の連動性、⑤DF陣の裏抜け対応の走力、⑥ボール保持による守備機会の削減、⑦殴り合いに勝つ得点力、⑧ボールロストしない安定したビルドアップ⑨選手交代でのギアチェンジ…といった、風間体制3年間で継続してきたものがやっとバランスが取れてきたため、勝ち点につながった印象です。(この瞬間が永遠であればいいのに・・・)好調の維持に期待です。 前節のG大阪に続き、縦に速い攻撃が持ち味のFC東京。永井が負傷により途中交代したので、田川が先発の可能性もあります。しかし、その田川もジャエルに途中交代させられていました。ジャエルについては詳しく知らないのですが、入団当初のジョーの様な体型(!)で、ポストプレーやパワーで勝負するタイプに見えます。どちらにしろ、ハイラインの名古屋DFにとっては少しやりやすくなるのでは?という感じです。 今年のFC東京は、久保建英が騒がれているように、遅攻でも攻めることが出来るチームにバージョンアップされています。その場合は、SHの東と久保が片側サイドに集まり、さらに高萩がサイドにポジションを取ったりしながら組み立て、走力のある両SB(室屋、小川)も使いつつ崩してきます。(名古屋とも似た雰囲気) その反面、名古屋のポジトラ時にはポジションバランスが崩れている可能性があるので、攻め残りしているシャビエルにサイドチェンジのボールが入ったりすると決定機を創出できるのではないかと思います。 あと久保は、試合から消える時間があるのに対し、東は頑張れるゲームメイカーとして好調を維持しているので、東の方が結構嫌な印象受けました。 一方、FC東京の守備は今年も堅い組織を構築しています。川崎戦では、ミドルサードにコンパクトな4-4-2のブロックを作り、焦れることなく、忠実な守備を継続していました。(あれは嫌だわ。)ど

シーズン中間レビュー2)ヒートマップはアートだ!

前回のブログ「シーズン中間レビュー)名古屋の対策リスト 」の後編になります。 以外、前回の書き出し〜〜〜〜〜〜〜〜 勝ったり負けたりを繰り返す今日この頃・・・そういや去年もそんな時期が・・・シーズン38試合中18試合とほぼ半分を消化しました。そこで今回は、シーズンを4クオーターに分けた場合の第2クオーターのシーズンレビューとしてお届けします。 ちなみに第1クオーターの内容はこちら↓ シーズン序盤戦レビュー~ゴールに直結するKPI~ シーズン序盤戦レビュー(守備編)~更なる労働環境の悪化~ 今回のブログの前提条件としてお読みいただけると幸いです。 超まとめると、第1クオーターは 「攻撃はスペースのある状態でサイドに入れて」、「守備はCHが前の方まで守備範囲を広げて刈り取る」のが好調の要因だよね! って話でした。 そして、第2クオーターは、好調の名古屋に対して対戦チームが対策を講じてきて、第1クオーターの様に勝てない状況にあります。 そこで今回のブログでは、まず、対戦チームの対策をまとめます。そして、対戦チームの対策に対抗する名古屋の現在(模索中)を整理していきたいと思います。 〜〜〜〜〜〜〜 ・・・・てなことを、 前回のブログ「シーズン中間レビュー)名古屋の対策リスト 」に書かせていただきました。 しかし、対戦チームの対策リストを書いたところで力尽きてしまい、名古屋の現在(模索中)には至りませんでした。そこで、今回は後編「名古屋の現在(模索中)」として、 ”ヒートマップはアートだ” と題してお送りします。 ちなみに、対戦チームの対策の詳細は前報をご覧いただくとして、目次としては以下の通りでした。 対戦チームの対策 ①クロスの位置 ②GKが蹴っ飛ばす ③SBべた付け ④ロスト後のハイプレス これらの相手チームの嫌がらせにより、②からショートカウンターは減るし、③からサイドを使った縦に速い攻撃も減るし、④からボールを奪回しても攻撃に繋がらないし…となっているわけです。攻撃をどうにかしなけりゃならん、と。 名古屋の現在(模索中) ということで、攻撃は柿谷のエロ(=ジャンピング股抜きノールックヒールパス、動画参照)に頼るしかないという状況です。(成瀬ナイスラン!そこにいる事を褒めたい!60分過ぎには攣ってそうだったしな!どちらかというとフィジカルトレーニングな!) 「いやいや