スキップしてメイン コンテンツに移動

どこよりも早いシーズンレビュー ~2022名古屋グランパス~

残留はほぼ確定し、代表ウィーク明けも待ってられない性分なんで、どこよりも早い最速シーズンレビューです。


今年の名古屋は、設計図通りにできたのか?

下のグラフがざっくり回答です。
横軸はボール保持率、縦軸は失点数、バブルサイズはシュート数です。ボールは保持したほうが、攻撃時間が長いので一般的に失点が減って、シュートも打てるので、右下がりでバブルも右下が大きくなる傾向を示しそうなグラフです。

そんな傾向の中で、名古屋はボール保持と失点が共に少ない、左下の尖ったポジショニングに位置し、そのわりにはシュート数は多いといえます。そして、このポジショニングは、「なっちゃった」のではなく「狙い通り」。おそらく。

「非保持はめちゃくちゃ上手だから失点しないし、保持したってスペースなくなるだけだから、カウンター主体のほうが点入るよね。実際シュートは結構打ててるんだよね。狙った設計図通りなんだけど何か問題ある?得点が少ない?あとは決めるだけ・・・」という状態を表していると思ってます。

エースが不在で得点が極端に少なく、補強にかけるお金も限られる中で、ボール保持して欲しいファンにとっては物足りないでしょうが、図左下でシュート数が多いという位置取りは、一定の理解はできる戦略になっていると思ってます。「だって、他チームのボリュームゾーンの戦略を真似しても面白くないし、選手も取りづらいじゃん」と。


得点は想定外?

「得点できてら納得もできるけど、得点すくねーじゃん。」と言いたくなるのが世の常です。

下のグラフは得点とシュート数の関係を示しており、右上がりの傾向になります。が、名古屋はシュート数の割に、得点できていません。うん、知ってた。クバも宣福もマテウスも痛かった。

ここは健太もインタビューで再三言っている通り想定外。シュート数は設計図通りだけど、得点は設計図では何ともならんのか?ここが来季の焦点ですね。「守備で疲れ切ってんじゃないの?」という疑問が湧きます。

守備のし過ぎは得点の少ない理由なの?

そこで下のグラフ、走行距離とスプリント数を示しています。右上に行くほどインテンシティが高いと言えますが、名古屋はボリュームゾーンに位置し、極端に走らされているわけではありません。広島も近くに位置していますが、名古屋とともに守備のインテンシティは高く見える割に、守備のポジショニングができていて、実は疲れない効率的なボール奪取ができている証拠ではないかと思います。つまり、設計図通り。

保持率少、失点少、シュート数やや多、スプリント中、走行距離中という設計図通りながら、想定外に得点少というシーズンになりました。


守備は完成の域に来たのでは?

ゾーン別に、GKバックパスをスイッチにしたオフェンシブサードのプレス、ミドルサードでセットした状態からの縦方向へのプレス、ディフェンシブサードでの引きこもり、そしてボールロスト時のゲーゲンプレス。最近の試合では、相手・時間に合わせ3421と352を使い分けも駆使します。(皆さん大好き可変システム)これらを、状況によって使い分けながら、失点少なく戦うことは極めています。

攻撃面でも、変化はあります。マッシモ期はカウンター時にマテウスや相馬が単騎突破でコーナーフラッグ付近に行ったきり周りがついてこないという場面が多かった印象です。しかし、健太期になってからはカウンター時に横パスを入れながら進み、人数が揃ってます。逆にフリーの選手に出してほしかったって場面も増えていますよね。

と、カウンターに人数をかけつつも、一方、ロスト後の2度3度追いが定着していたり、被カウンター時に逆サイドのWBが内側に絞ったりと、ネガティブトランジションの守備も整備されており、失点数の増加にはつながっていません。

完成って言っちゃうと成長代がないみたいでアレですが、攻撃のほうが成長代が大きいのは明白で、それに少しづつ上乗せもされてきていると感じます。名古屋の場合、プレスを逃れて逆サイドのWBにボールを預けられるのか、ポケットにIHやボランチが侵入できるか、がKPIだと思うんですが、だんだん良くなってませんかね?


さいごに

あと気になるのは来年は点取れるのかって話ですよね・・・。

来年とは言わず、代表ウィーク明けにはアップデートされた名古屋が見たい。むちゃくちゃ前プレが嵌ってショートカウンターで先制し、その後は相手を引き込みながら追加点し、交代選手をうまく使いながら終盤までインテンシティが落ちないみたいな。残り4連敗でもいいから(良くない)、来年の予告編を見たい。そんなこんなの、どこよりも早いシーズンレビューでした。バイバイ。


データの引用は以下より↓
https://www.football-lab.jp/summary/team_ranking/j1/?year=2022
https://spaia.jp/football/jleague/j1/stats/team
https://www.jleague.jp/stats/distance.html?s=AVG



トップページのブックマークをお願いします。
更新情報をツイートします

↓クリックすると
↓みなさんのグランパスブログが見れます
にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスへ
にほんブログ村

 

コメント

このブログの人気の投稿

健太の欲しかったのは”2列目の突っ掛け力”

ジュビロ戦は、最下位・解任ブーストという苦手条件のなか、決定機を多く作って完勝のウノゼロでした。 今季10度目のクリーンシート。 ちょっと、夏の補強もあり、嚙み合ってきた感じがする。 とはいえ、今回のブログはレビューじゃないよ。ちょっと前から書いていた、最近の名古屋について妄想している事です。 正直、名古屋はずっと、 アンカーと2IHの3322よりも、ダブルボランチとツーシャドーの3421をやりたかった と思ってるんですよね。理由は 守備時の最前列を3枚にしたいから。 永井の獲得によりやっとワントップ適任者が現れたというところで、最近は3421が続いています。 とはいえ、最も 長谷川監督が欲しかったのは「2列目の突っ掛け力」 だったのではないでしょうか?3バック変更以降は、その人材探求の旅だったんですが、やっと決着したかなと。 今回のブログでは、「2列目の突っ掛け力」について書いていきたいと思います。 欲しかったのは2列目の突っ掛け力 「2列目の突っ掛け力」って言葉は造語です。 ミドルサードより前で2列目(シャドーかIH)の選手がプレスに行ったときに、相手のパスがズレるとか、ボールに“かする”とか、後ろの選手がパスコースを限定してインターセプトを狙えるとか、敵のビルドアップ隊の時間を奪ってボール奪取につながるきっかけを作ってくれるプレーぐらいの緩いイメージで使ってます。 昔よく言ったアリバイ守備の逆ですね。 (年がばれる) 守備で近くに寄せるけど、相手はパスを楽に回せて、何も起こらない・・・が連続することを断ち切るのが「突っ掛け力」です。「重廣力」とも言います。(言いません) プレスのスイッチなんて言葉もありますが、スイッチ押されても、結局何も起こらなかったら意味ないんでね。良いかどうかは、何か起こったかで決める。そんな気持ちをこめた「突っ掛け力」です。 もちろん、リーグ浦和戦のように先制してブロックを作って守るという時間も必要です。そのような時間帯もありつつ、 ショートカウンターを仕掛けたいときにはミドルサードより前で奪う必要があり ます。その時に生きてくるのが、突っ掛け力というわけです。 名古屋は、試合開始や札幌戦の様に前から嵌めに行く守備と、先制後やリーグ浦和戦などの様にじっくりブロックを作って引く守備とを、試合中・相手毎に使い分けています。 しかし、現状の様

私的サッカー用語集

正しい意味か分かりませんが、ブログ内で使っているサッカー用語の説明です。訂正あればお願いします。 偽サイドバック (追記2018/10/7) 攻撃のビルドアップ時にサイドバックが、ボランチの位置に入ること。サリーダ・ラボルピアーナのメカニズムでボランチがCBの間に入った時に、ボランチの位置でSBがボールを受ける。この時、SHやウイングがサイドライン際で幅を取りパスコースを作る。SBは、ボランチの位置からハーフスペースを駆け上がり(インナーラップ)、そのSHからリターンパスをもらう・・・などの攻撃につなげることが出来る。ネガティブトランジションでは、中央に絞っているためにカウンターを受けにくくなる。 サリーダ・ラボルピアーナ (追記2018/10/2) 4バックにおける攻撃のビルドアップおいて、CBの間にボランチが下がって、SBを前に押し上げるメカニズム。2トップの相手に対し2CB+1ボランチの3人で数的優位を保つことでビルドアップを安定させる。2017年は、小林がCBの間に下りる形が強直化しており、効果的ではない場合もあった。一方、2018年W杯中断後は、ネットが主にCB間に下りる役割をしているが、小林が下りる場合や、CBとSBの間に下りる場合や、下りない場合を織り交ぜてビルドアップすることで柔軟性が出ている。また、玉田と小林がそれぞれハーフスペースに入り、相手の第1プレッシャーラインを通過する受け手として機能している。そのため、ビルドアップ時のボールロストが減っている一因になっている。 パッキング・レート (追記18/09/29) パスやドリブルで相手選手を何人通過することが出来たかという指標。同じく、相手DFを何人通過したかという指標はIMPECTという。 footbllistaのコラム で紹介されていた。勝敗との相関係数の高い指標だそうだ。 サッカーが陣取りゲームである以上、もっとも本質を突いた指標だと思った。さらに言うと、敵陣に押し込んでポゼッションしても、相手選手を通過出来なければ、陣地を取ったことにならないことにも気づかされた。重要なのは、ボールの前に何人相手選手がいるかで、0人であればそれはゴールを意味する。”ポゼッション”や”縦に速い攻撃”や”ハイラインハイプレス”などのゲームモデルは手段であり

レビュー)浦和 vs 名古屋~浦和の名古屋対策とボコボコの理由~

名古屋(H)6-2浦和(A)/豊田スタジアム/2020.8.8 得点者(名):前田直輝x4、シミッチ、シャビエル 得点者(浦):レオナルドx2 前田直輝の0.5オルンガを含む6得点で快勝した9節浦和戦。 快勝の理由が分かれば、今後につながると思って試合を見返したのですが…ごめんなさい。理由はよくわかんない。しいて言えば、「気持ち」…というレビュワーの端くれなら言ってはならない言葉を発しつつ、スタートです。 試合の大勢が決まる3-0のところまでを、あっさりレビューします。 基本情報 浦和の名古屋対策 ボコボコの理由? 基本情報 浦和は、西川、SB、レオナルド以外をきっちりとターンオーバーする傾向があります。結果として敗因の一つであった気がするので、後ほど。 <名古屋戦スターティングメンバー> GK 西川 DF 橋岡、鈴木(大)、トーマス、山中 MF 武富、柴戸、青木、汰木 FW レオナルド、杉本 SUB 福島、槙野、岩武、長澤、関根、武藤、伊藤(涼) #urawareds #浦和レッズ #wearereds #Jリーグ #サッカー pic.twitter.com/2YSoRG9WpT — 浦和レッズオフィシャル (@REDSOFFICIAL) August 8, 2020 一方の名古屋は、負傷者を除くベストメンバー(=鉄板の監督の哲学)。個人的には丸山祐市の勤続疲労が不安。サブにはルヴァンで結果を出したメンバーが並び、期待が持てます。 明治安田生命 #J1 第9節「vs #浦和レッズ 」(@豊田スタジアム 18:00 KICK OFF ) #grampus スターティング11⚽️ #おうちでDAZN観戦 ご準備は ▶️ https://t.co/rIOJ5UBNhV クラブ毎に数値化される #DAZN 視聴実績が #grampus の経営強化に繋がります💪 それぞれの #MyHomeStadium で共に🤜🤛 #grampus — 名古屋グランパス / Nagoya Grampus (@nge_official) August 8, 2020 ダイジェストはこちら。皆さん何度も見返しているかもしれませんが、もう一度ご覧になる場合は山中に注目して見てください。

レビュー)名古屋 vs 神戸~「カウンターというよりはファストブレイク」

名古屋(H)2-0神戸(A)/豊田スタジアム/2022.2.19 得点者(名):稲垣祥、OG 2022シーズンが始まりました。今年もゆるく更新できる時に更新するスタイルでまいります。よろしくお願いします。 余談ですが、私はマテウスの 選手名がなぜカストロになったのか 知りません。ライトサポなのがばれるので、誰か教えてください。 ちなみに、シーズンインすると、選手名を単語登録するんです。例えば、「仙頭啓矢」なら「せん」、「レオシルバ」なら「れお」、「酒井宣福」なら「さか」で変換されるように。宣福のノリヨシなんて登録しておかないと大変です。 よって「カストロ」は「かす」になるんで、「まて」のほうが親しみが湧くんですが・・・10番を背負う気概とかですか?教えてもらえると幸いです。 まずは、1節 神戸戦のダイジェストから。0秒でスタメン出ます。 まだチームスタイルが明確に分かるって時期でもないので、思った事に幾つか触れていきたいと思います。 初戦で感じた事は、 継続する事、壊す事、積み上げる事 のバランスが秀逸だなーって事です。停滞せず、ちょっとの危なっかしさも楽しみつつ、点も増えて、強くなる事を期待しちゃいます。 継続する事 以下のFootball LABのツイート様に、長谷川健太の率いていたFC東京と名古屋は、同じクラスターに位置します。ちなみに片野坂監督の大分→ガンバも同じクラスター。ポジショナルか否かというだけではなく、フロントのゲームモデルの育て方がひと昔前と比べて、かなり解像度が上がっている事を感じます。 / #Footballlab Column📖 \ コラム「ゲームモデルを評価する指標に基づいたチームクラスター分析」を公開 https://t.co/bNUiKwyXxI 昨季J1のグループ分け結果 1⃣札幌-鹿島 2⃣川崎F 3⃣鳥栖-浦和-神戸-徳島 4⃣横浜FM 5⃣名古屋-柏-FC東京 6⃣湘南-広島 7⃣福岡 8⃣仙台-横浜FC-清水-C大阪 9⃣G大阪-大分 pic.twitter.com/oWavSDZiug — Football LAB (@football_lab) February 17, 2022 ちなみに、名古屋のクラスターの特徴を引用しておきます。 攻撃の手数を少なく、走行距離も少なく、プレスもほどほどに、個の力も使いながらの