スキップしてメイン コンテンツに移動

レビュー)浦和 vs 名古屋~崩しの多様性~

名古屋(H)2-0浦和(A)/豊田スタジアム/2019.5.12
得点者(名):マテウス、ジョー
得点者(浦):

まずは、11節 浦和戦のダイジェストから。0秒でスタメン出ます


今節のプレビュー記事はこちら。


浦和がタイでのALCを挟み日程的にアレだったこともありますが、名古屋の多彩な組織的攻撃が光った、今年一番のゲームになりました。

前節まで、調子が心配だったジョーも1G1Aの大活躍でしたが、ジョーに頼らずとも点の取れそうな崩しのパターンが多数見られたので、その部分を中心にレビューします。

組織的攻撃の崩し

名古屋は最近の試合では、ビルドアップの出口に困ることはほとんどなくなっています。

シミッチの存在が大きいこともありますが、SH(シャビエル、この試合では出ていないが和泉竜司)やCF(ジョーと長谷川アーリア)が下りてきて交互にビルドアップを助けると共に、これらの選手全員がライン間の中間ポジションで受ける才能があり、ビルドアップの出口となるためです。

そこで、次に大切になっているのがシュートに至る直前の崩し(キーパス)の場面です。

名古屋の崩しの目的地は、ゴールライン手前のハーフスペース(HS)になっています。この部分に侵入するのは基本的にSHとSBで、CFが侵入する回数は少ないです。

次に多用されているのはCF同士のパス交換です。

それぞれの崩しの場面で各ポジションの選手が背負っているタスクと、浦和戦の前半における回数(時間)をご紹介します。

SBの崩しのタスク

SBはHSへの裏抜けが第一のタスクとしてあります(前半21、23、26、29、35、44分=6回)。CHやCBからの浮き球を、ダイアゴナルにサイドからHSにランニングして納めます。

一方、サイドのレーンの浮き球への裏抜けは42分の1回しかなく、HSを重要視していることが分かります。

次に、クロスに対してHSでヘディングで合わせて中に折り返すプレーがあります。(前半14、40分=2回)こちらは、宮原和也がジョーへアシストした2点目のようなプレーです。このポジションに高さで勝てるジョーではなく、SBを持ってくることが最近の試合では統一されている気がしています。(吉田豊も宮原和也も走りこんだヘディングは結構強い。)

その他のタスクとしては、シュート性のグラウンダーのクロスにダイアゴナルにゴール前に飛び込む事(前半15分=1回)などは決め事になっていると思います。

崩しの場面では、SBはSHと同レーンには立たないなども徹底されています。

SHの崩しのタスク

SHは基本、幅方向は基本的にどこにいても良いことになっています。(その代わりにCFとCHとCBはあまりペナ幅から出ない。)また、ビルドアップに参加するためHSを縦に上下します。(和泉竜司と違い、マテウスはフィニッシュに絡む事を重視され、下がってはダメな設定だった。)プレーメイクする役割も多くになっています。

その中で、SHに求められる崩しのタスクとしてはSBと同じくHSへの裏抜けが最も多かったです。(前半22、27、43、45分=4回)

また、前田直樹、シャビエルのカットインやマテウスや相馬勇紀のサイドの突破といった個人のスピード、ドリブルスキルを活かした崩しをトライすることも求められています。

CFの崩しのタスク

CFはなるべくペナ幅から出ずに、ビルドアップを助けるために上下動はOKというプレーエリアでした。また、CF2人は常にいい距離で斜めの位置関係を保つことが徹底されていました。

斜めの位置を保つことで、楔のパスの落としを受けることや、壁パスのようなボールの動きを促します。CFの崩しとしてはこの斜めのパス交換が最も多く見られました。(前半15、27、30、33、47分=5回)形としては、アーリアからジョーの落としをマテウスがゴールした1点目のような形です。

少し下がった位置で受け、HSのSBやSHに向けてスルーパスを出すことも他のチームに比べ多い役割になっています。このあたりでCFとSH/SBの役割が逆転しているところは、折り返し時にCFがゴール前にいる好循環も生んでいます。


以上のように、崩しのメカニズムはかなり成熟しています。

これに加えて、1試合に数回CBやCHがHSへ侵入する形も見られますので、本当にどこからでも崩せるチームになっています。

〈雑感(良いところ)〉

  • セットプレー時にシミッチとジョーが「今度は俺がスクリーンするよ」みたいに交互にスクリーン役とターゲット役を助け合ってやっているところが微笑ましい。
  • 最近の試合では、前線4人(和泉竜司、ジョー、長谷川アーリア、シャビエル)がみんな間受けを狙う「誰がシュート打つねん」傾向があって、そこにきてのパンチ力・マテウス起用だったと思っている。守備でもかなり忠実に走っていたし、スプリント回数も多かったし、フィットしていて良かった。4~6節の途中出場に比べ、11節(今節)のフィット感は格段に違った。チームとしてはシャビエルとマテウスの2トップみたいな雰囲気さえある。
  • 3センターで間を閉めてきた浦和だが、普通にその間に入ってボールを受ける名古屋。サイドチェンジの揺さぶりが無くても良いぐらいの出来栄え。
  • 守備にはあえて一言も言及しない。(ぐらい何もなかった)

次節は、金Jの川崎戦。会社休んで現地なので、ほんとに楽しみです(露骨な自慢)。去年、ネットが中村憲剛に封じられたのを、今年は、アーリアが大島にやり返す!みたいな展開を秘かに期待しています。


トップページのブックマークをお願いします。
更新情報をツイートします

↓クリックすると
↓みなさんのグランパスブログが見れます
にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスへ
にほんブログ村

コメント

このブログの人気の投稿

レビュー)川崎 vs 名古屋~良い方向に転んだ真っ向勝負~

名古屋(H)3-0川崎(A)/豊田スタジアム/2019.8.10
得点者(名):和泉竜司、和泉竜司、前田直輝

いやー、勝ちましたね!しかも、川崎から3点。クリーンシートで。

おかげで良いお盆を過ごすことが出来ました。(といっても、嫁実家のTV前に鎮座していただけですがw)

川崎と実力差があるわけではなく、すべてがうまく名古屋の良い方向に転んで掴んだ勝利でした。もちろん名古屋の成長もあるわけですが、川崎の調子の落ちている部分も多分にあった試合でした。

これからも厳しい戦いが続きます(松本、横浜FM、FC東京…)。これからさらに勝利を重ねるために引き締める意味で、紙一重で良い方に転んだという視点で川崎戦をまとめます。


【良い方向に転んだ紙一重ポイント】
前田過労死システム川崎の間受けに特化したスタメン名古屋のビルドアップ隊と中村憲剛
スタメンとダイジェスト 名古屋は4-4-2に戻し、CBとして藤井陽也がスタメン。 #鯱の大祭典🔥ホーム第2戦 明治安田生命 #J1 第22節「vs #川崎フロンターレ」(@豊田スタジアム 19:00 KICK OFF )#grampus スターティング11✨

▶️https://t.co/rSqDqmZEwMpic.twitter.com/yS5zY1brIo — 名古屋グランパス (@nge_official) August 10, 2019
川崎は4-2-3-1。大島がアップ中に出場回避ということで、山村に変更になっていました。
8/10(土)
明治安田生命J1リーグ 第22節
川崎フロンターレ vs 名古屋グランパス
19:03キックオフ 豊田スタジアム

本日のスターティングメンバー!
(ポジション毎に背番号順に左から掲載) 【広報】 #frontale

J1・J2・J3全リーグ戦を DAZN( @DAZN_JPN )が配信中!! #WATCHDAZNpic.twitter.com/m2p7gpEpFM — 川崎フロンターレ (@frontale_staff) August 10, 2019
こちらは、22節 川崎戦のダイジェスト。0秒でスタメン出ます


良い方向に転んだポイント①名古屋組織的守備 この日の名古屋の組織的守備はプレスラインをセンターライン10m前に設定し、ミドルサードでコンパクトに守るものでした。そしてこれが、前田直輝過労死…

レビュー)浦和 vs 名古屋~AT被弾の呪縛~

名古屋(A)2-2 浦和(H)/埼スタ/2019.8.4
得点者(名):和泉竜司、前田直輝
得点者(浦):興梠、関根

また、悔しい引き分けになりました。グゥーーー。

ただ、守備は間違いなく今シーズン最低の出来だったので(断言)、引き分けでおさまって御の字と思っている自分もいます。

「早く武藤と興梠、疲れろー」と念じながら観戦していました。何故って、バイタルエリアで好き勝手するんだもん。

浦和戦で守り切れなかった要因はいろいろあるとは思いますが、ガンバ戦でAT(アディショナルタイム)被弾の呪縛があったのではないかと思っています。

それに付随して、名古屋の守備でHV(3バックの左右CBのこと)とCHの所の課題が浮き彫りになりました。そして、これが改善されない場合、3バックでは勝てないかもしれないぐらいの危機感があります。(私が危機感持っても何にもならないのですが…)

今回はそのあたりをレビューします。

スタメン <名古屋戦スターティングメンバー>
GK 西川 DF 岩波、鈴木、槙野 MF 橋岡、柴戸、青木、関根 FW 武藤、興梠、ファブリシオ
SUB 福島、宇賀神、山中、長澤、エヴェルトン、杉本、汰木#urawareds#浦和レッズ#wearereds#Jリーグ#サッカーpic.twitter.com/TnVf87LlFm — 浦和レッズオフィシャル (@REDSOFFICIAL) August 4, 2019
明治安田生命 #J1 第21節「vs #浦和レッズ」(@埼玉スタジアム2002 19:00 KICK OFF )#grampus スターティング11⚽️🔥

▶️https://t.co/mDJ8FoRUnIpic.twitter.com/7Zi4he8aCY — 名古屋グランパス (@nge_official) August 4, 2019 名古屋・浦和共に守備時は5-2-3、前5人は5角形のミラーゲームでした。
ダイジェスト


AT被弾の呪縛 名古屋は前節のG大阪戦で、守備ブロックが下がりすぎ、アディショナルタイムに宇佐美に同点ゴールを決められ、逃げ切ることが出来ませんでした。
そのため、守備時のフォーメーションを5-4-1から5-2-3に変更してきました。おそらく下がりすぎ防止のため。しかし、5と2-3の間が広すぎて、武藤と興梠にバイタルエリアを自由に使わ…

レビュー)G大阪 vs 名古屋 ~割り切って勝ちにこだわって~

名古屋(H)2-2 G大阪(A)/豊田スタジアム/2019.7.20
得点者(名):前田直輝、宮原和也
得点者(大):アデミウソン、宇佐美

鯖缶(味噌)でビール飲みながらブログを書いております。(鯖缶の"ちょい足し"はワサビが合う。)ロスタイムに同点に追いつかれる悔しいドローとなりました。

今節も悔しい結果となりました。が、"いいとこ成分多め"でレビューを書いていきたいと思います。今にもダークサイドに落ちそうだが...

「まず、観客42975人がいいとこだよね。あと、初スタメン2人もいたし、1人はユースっ子だし。さらに、吉田豊がライバル太田宏介の加入で気を吐いていたし。あと、他チームはガンガン主力を海外/その他に抜かれてるし...。」

そんな中、ある程度割り切った(=ロマンだけを追いかけていない)戦いをG大阪戦では見せていたと思うので、そのあたりをレビューします。


まずは、20節 ガンバ戦のダイジェストから。0秒でスタメン出ます


全体論 名古屋は3-4-3で、守備時5-4-1でプレスラインはセンターライン付近にして、あまり深追いせず、下げすぎもせずという狙い。攻撃時はネットかシミッチが下りて4-3-3から、押し込んて行くと3-2-5というような形でした。
一方、ガンバは3-5-2で、守備時は5-3-2でこちらもプレスラインはセンターライン付近にしてあまり深追いせず、下げすぎもせずという形。攻撃では、遠藤、矢島、倉田、宇佐美(NEW!)がふらふら中間ポジションに入り、両WG(中村、福田)で幅を取りながら進める遅攻と、スピードとテクニックでポイントを作ることが出来る2トップ(アデミウソン、宇佐美)を生かした速攻を混ぜながら攻撃してきました。
お互い、「ミドルサードで取って、早い攻撃をしよう!」という意図ががっぷりよつの形でした。お互いボール保持の安定感があり、ミドルサードで虎視眈々と隙を狙うボール回しが面白い試合でもありました。
ボール支配率は名古屋46%(!)、G大阪54%でした。G大阪の方が「ビルドアップで後ろの方で回しておこう」という、のらりくらり感があったため実質5分5分ですが、名古屋が明確にやり方を変えてきた影響を表す数字だと思います。(割り切りポイント①押し込むにこだわらない)
名古屋のスカッド 両WBに吉田豊、宮原…

レビュー)C大阪 vs 名古屋~和式が洋式に負ける~

名古屋(A)0-3 C大阪(H)/ヤンマースタジアム/2019.7.13
得点者(C大):丸橋、高木、ブルーノメンデス

典型的な和式が洋式に負けた試合。レビューおしまい。。。で済むんじゃないかという試合でした。セレッソ強かった。。。

C大阪の論理的なポジショナルプレーに対し、ハーフスペースで起点を作られ続け、先制を許しました。そして、後半にその修正として、4バック(4-2-3-1)に戻しました。これが湘南戦以前のいつもの和式に戻ってしまい、ネガトラ時の守備バランスが崩れる要因となりました。その結果、”数的不利がやばいカウンター”を喰らいまくり、追加点、ダメ押し点を取られました。

後半に4バックに戻して、SBも高く攻め上がる従来の形に戻した事は、逆転するための戦略として私は残念でした。下記の引用の風間監督の試合後のコメントとは真逆の感想です。

#セレッソ大阪 戦後 風間八宏監督会見
▶️https://t.co/vp6dq2yEPE#INSIDEGRAMPUS#grampuspic.twitter.com/06lV8qFTNO — 名古屋グランパス (@nge_official) 2019年7月13日
前半はシステムでやってしまった。それによって、自分たちによるピンチがいつもより多かった。後半は相手と同じような形にしてしっかり押し込もうという考えでやりました。実際に押し込みはしましたが、最終的な部分でロストをしてしまい、失点をしてしまいました。 私は、上記の風間監督のコメントとは別の見方をしていますので、その部分をレビューします。負けたので結果論で「風間監督は間違っている」という話ではなく、試合の流れの別の見方として「こういう見方もできませんか?」というものを述べたいと思います。


まずは、19節 セレッソ戦のダイジェストから。0秒でスタメン出ます




セレッソの攻撃の狙い(洋式) 「雨降ってるね」、「ピッチ悪いね」、「左右CBは背低いね」、「1アンカーだね」という試合の特徴を読み取り、「だったら、ハーフスペース(HS)のアンカー脇に縦パス入れていこうね。」、「2トップが流れて入ってもいいし、左右SHが入ってもいいよね。」
「2トップが入った場合は、CBがピン止めされるから名古屋のWBの裏に自動的に入れれば走り合いになるよね。そしたらポジショナルプレーの方が先に判断するから勝…

レビュー)湘南 vs 名古屋~おもてた3バックとちがう!~

名古屋(H)0-2湘南(A)/パロマ瑞穂/2019.7.7
得点者(湘):齊藤未月、金子大毅

スタッツは、シュート数28本のボール支配率68%。シュートは正面を突き、湘南DFは闘志みなぎるシュートブロック。”そういう試合”でした。

テイクアウトの寿司に付いている袋入りのガリを直接食いながらビール飲んで、ブログ書いてます...と、やさぐれつつも今日はいい事も書けそうな気がします。だから、”いい意味で”変わったことに絞って綴りたいと思います。(皮肉は出るかもしれん、、、けど極力無くします!)

3バック?システムではないんでね。 開始早々に丸山祐市が怪我で交代し、スクランブル感ありながらも3バックでほとんど1試合を戦いました。解説の飯島さんも3バック(343?)と言っていたから、3バックなのかもしれませんが、守備の仕方は普通の3バックとはかなり違いました。おもてた3バックと違う!(いい意味で)

普通3バックはボールサイドにあまりスライドしませんが、この日の名古屋の3バックはボールサイドにスライドし逆サイドのWB(主に相馬勇紀)が下りてきてミドルゾーンでは4バックを形成。更に押し込まれた場合は両WBを下げて5バックにする様に見えました。(この試合ではほとんど押し込まれませんでしたが。)

つまり、ボールを失ったら自陣に下がるにつれて、3バック⇒4バック⇒5バックと可変にしているような流動性があったと思います。

攻撃の仕方も結構変わってました。一番大きかったのは幅取り役が、宮原和也と吉田豊ではなかったこと。

フォーメーションで表しにくい試合だったので、今日は選手の役割に変化のあった部分にフォーカスしてレビューします。


スタメンはこちら。
明治安田生命 #J1 第18節「vs #湘南ベルマーレ」(@パロマ瑞穂スタジアム 18:00 KICK OFF )#grampus スターティング11🔥

▶️https://t.co/UmsX8ze12mpic.twitter.com/DwuAhvG69q — 名古屋グランパス 公式 (@nge_official) 2019年7月7日
【J1リーグ第18節 名古屋グランパス戦スタメン】
GK:秋元陽太
DF:山根視来 フレイレ 大野和成
MF:古林将太 齊藤未月 金子大毅 杉岡大暉
FW:武富孝介 山﨑凌吾 梅崎司
サブ:松原 小…