スキップしてメイン コンテンツに移動

レビュー)湘南 vs 名古屋~おもてた3バックとちがう!~

名古屋(H)0-2湘南(A)/パロマ瑞穂/2019.7.7
得点者(湘):齊藤未月、金子大毅

スタッツは、シュート数28本のボール支配率68%。シュートは正面を突き、湘南DFは闘志みなぎるシュートブロック。”そういう試合”でした。

テイクアウトの寿司に付いている袋入りのガリを直接食いながらビール飲んで、ブログ書いてます...と、やさぐれつつも今日はいい事も書けそうな気がします。だから、”いい意味で”変わったことに絞って綴りたいと思います。(皮肉は出るかもしれん、、、けど極力無くします!)

3バック?システムではないんでね。

開始早々に丸山祐市が怪我で交代し、スクランブル感ありながらも3バックでほとんど1試合を戦いました。解説の飯島さんも3バック(343?)と言っていたから、3バックなのかもしれませんが、守備の仕方は普通の3バックとはかなり違いました。おもてた3バックと違う!(いい意味で)

普通3バックはボールサイドにあまりスライドしませんが、この日の名古屋の3バックはボールサイドにスライドし逆サイドのWB(主に相馬勇紀)が下りてきてミドルゾーンでは4バックを形成。更に押し込まれた場合は両WBを下げて5バックにする様に見えました。(この試合ではほとんど押し込まれませんでしたが。)

つまり、ボールを失ったら自陣に下がるにつれて、3バック⇒4バック⇒5バックと可変にしているような流動性があったと思います。

攻撃の仕方も結構変わってました。一番大きかったのは幅取り役が、宮原和也と吉田豊ではなかったこと。

フォーメーションで表しにくい試合だったので、今日は選手の役割に変化のあった部分にフォーカスしてレビューします。


スタメンはこちら。



試合のダイジェストはこちら。



選手の役割に変化のあった部分として、まずは、そう宮原和也と吉田豊です。

宮原和也と吉田豊の役割

これまでよりも攻撃時のポジションが低く、両方いっぺんに上がることもなく、中に絞ってネガトラ対策を意識したポジションだったのが非常に良かったと思います。←これ重要なとこです。

そのポジショニングの妙によって、被カウンター時にダイアゴナルにスプリントし、逆サイドのカバーをする場面が沢山見られました。これが割と守備時に安心して見られた要因なんじゃないかと。中谷進之介を含め、足の速い3人が残っているって素晴らしい!!

先ほど述べたように、ボールサイドにスライドする3バックなので宮原和也がゴール前で守備をする機会が増えていました。しかし、何の不安もなく、正直、丸山祐市が不在の間は宮原和也がCBの適任なんじゃないかと思わせる働きでした。

攻撃の場面では、サイドに開いてボールを受け前進を試みる回数は従来に比べ減りました。しかし、機を見た攻撃参加は3バックとしては十分の貢献度でした。

シミッチ、ネットも攻撃時に比較的ポジションが低いので、3バックを含め、ネガトラ時に後ろの方で人数不足になる事が減って良かったです。

4~5人でネガトラをケアしたため、数的に同数以下のカウンターを受けることもなく、前線で渋滞が起こる事もなく、後からオープンスペースに吉田豊が上がるスペースがあり、すべて上手く回っていました。(過去のブログで言っていた事です。)ボランチのフィルター役に米本拓司が入るとかなり安定する可能性を秘めているんじゃないかと!

前田直輝と和泉竜司と相馬勇紀の役割

この3人の役割として、攻守でサイドに開く選手を変えていたことも良かったです。特に、後半に相馬勇紀が左WBにまわってからの形は、かなりバランスが良く、「ちょっと、これから勝てるんちゃう」と思えるものでした。

攻撃時には、前田直輝と相馬勇紀がサイドに開きWBの様なポジションを取り、和泉竜司がハーフスペースに絞りIHの様なポジションを取っていました。

一方、守備時には、和泉竜司と相馬勇紀がWBとしてサイドを守り、前田直輝が絞ってシャドー的な位置で守備をしていました。

攻撃時の幅取り役は、基本的に前田直輝と相馬勇紀という適材が適所に配置されたため、クロスからの攻撃が活性化されました。←ここも重要なとこです!何度かヘディングにも合っていたので効果的だったと思います。

一方、守備時は、和泉竜司と相馬勇紀が下がる事で、守備の強度も保てました。

相馬勇紀は得意なサイドのレーンに固定しながらも、和泉竜司と前田直輝は攻守でサイドとHSのレーンを入れ変わるのがいいなーと思いました。

吉田、宮原、和泉、相馬、前田の役割がフォーメーションには表しにくいですが、攻守に適所で使われていて「非常にいいなー」と感じたというわけです。

シャビエルの役割

シャビエルについて、一番大きく変わって良かった事はビルドアップに下りてこなかったこと。これに尽きます!

平均ポジションはジョーよりも前だった印象で、何度も潰されていましたが、それはパスコースを作っていた証拠でもあると思います。

ネット、シミッチが並び立ち、その上シャビエルも降りてきたら、きっと渋滞が凄かったはず!チーム全体の縦への推進力はシャビエルが前にいる方が出ますよね。


おわりに

やり方を変えれば失うものもあります。例えば、この試合では長所であったニアゾーンの攻略は弱まった感じがします。開幕当初は4-2-4の即時奪回+ショートカウンターがハマって強かった。しかし、開幕当初のやり方に戻れない or 戻っても研究されているために、「新しい何か」を見つけなければ前進することはできません。

「新しい何か」として、ポジションの重心を下げ、ネガトラ時のポジションバランスを改善し、幅取り役に適材が配されました。

また、「新しい何か」になるかわかりませんが、チームの中心が、いよいよ和泉竜司と宮原和也と中谷進之介になってきた感じがあります。両翼の前田直輝と相馬勇紀も含め20代中頃の選手には、この苦境に旗頭としての”役割”を期待したいですね。

湘南戦は敗れはしましたが、今後の安定した戦いに期待の持てるゲーム内容だったと思います。次こそ勝ちましょう。


更新情報をツイートします。
お願いします。

↓クリックすると
↓みなさんのグランパスブログが見れます
にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスへ
にほんブログ村

コメント

このブログの人気の投稿

レビュー)名古屋 vs 仙台~散在と密集、そして阿部浩之~

名古屋(A)1-1仙台(H)/ユアテックスタジアム/2019.2.22
得点者(名):阿部浩之
得点者(仙):シマオマテ

始まりました、J1リーグ。
人生のうるおい、グランパス。
早くもバンディエラ、司令塔、闘将、ピッチ内の監督、王様、阿部浩之。

1節ですし、今回は今年はこんな感じの戦い方するんじゃないか説と阿部浩之について書きたいと思います。

まずは、1節 仙台戦のダイジェストから。

まず、このダイジェストの必見です。なぜなら、失点シーン以外すべて名古屋のチャンスという編集になってます。以前は試合内容にかかわらず、半々だった気がするんだが。DAZNの方針なのか?

今節のプレビュー記事はこちら。

戦前は、攻撃では仙台の前からのプレスに苦しんでビルドアップに苦労し、守備では引きこもってSHを下げた6バックの時間帯もあるのではないかと予想していましたが、なんてことない名古屋のペースで試合のほとんどの時間を過ごす事が出来ました。

ドローながら、まずまずの初戦となった名古屋の戦い方を、私なりにレビューします。

散在と密集 名古屋は4-2-3-1というより、4-2-1-3じゃないかと。仙台は4-4-2です。 #grampus スターティング11 🔥

2020 #Jリーグ開幕 戦「vs #ベガルタ仙台」(@ユアテックスタジアム仙台 14:00 KICK OFF )

📱#DAZN で画面の前からも共に🤝 ▶️https://t.co/0gSUmsg5tc — 名古屋グランパス⚽️ (@nge_official) February 22, 2020
【スタッフ】
🆚 #名古屋グランパス メンバー
GK ヤクブスウォビィク
DF 蜂須賀孝治、シマオマテ、平岡康裕、柳貴博
MF 吉野恭平、松下佳貴、道渕諒平、佐々木匠
FW 赤﨑秀平、ジャーメイン良

SUB 関憲太郎、パラ、金正也、椎橋慧也、田中渉、関口訓充、石原崇兆 pic.twitter.com/dcaQOHK2nc — ベガルタ仙台【公式】ベガッ太&ルターナ(時々)そしてスタッフ (@vega_official_) February 22, 2020


この試合はミドルサードのビルドアップでは、ピッチを大きく使うため選手間は広く取り(散在)、オフェンシブサードの崩しの局面では、4人の鳥かご(密集)を作りながらフィ…

プレビュー)仙台 vs 名古屋~ルヴァン仙台 vs 浦和より~

待ってたよ、開幕。 そっけなくしていても、やっぱり待ち遠しかった2020シーズン。開幕しました。

ルヴァン初戦の鹿島戦に見事勝利して、幸先の良いスタートも切れました。(けど見てない)

一方、なぜか見たルヴァンの仙台-浦和戦(2-5)をもとに、リーグ初戦である仙台戦を軽くプレビューしたいと思います。

1試合しか見ておらず、試合序盤の大量失点で試合が崩れたこともあり、プレビューが当たるとも思われません。が、初戦だし仙台の今年やりたい事が表れているだろう前提で考えました。

まずは、次節対戦する仙台の前節(ルヴァン杯 vs浦和)のダイジェストから。


仙台のスタメンはこちら
【スタッフ】
🆚 #浦和レッズ メンバー
GK ヤクブスウォビィク
DF 蜂須賀孝治、シマオマテ、平岡康裕、常田克人
MF 吉野恭平、松下佳貴、道渕諒平、田中渉
FW 佐々木匠、ジャーメイン良

SUB 関憲太郎、パラ、金正也、椎橋慧也、石原崇兆、浜崎拓磨、山田寛人 — ベガルタ仙台【公式】ベガッ太&ルターナ(時々)そしてスタッフ (@vega_official_) February 16, 2020 ゲデス、クエンカ、””長沢””といった攻撃の大駒が負傷のためベンチにも入ってません。繰り返します、長沢、長沢。

システムは4-4-2でした。4局面の基本的なやり方をご紹介していきます。

ボール保持時 ビルドアップ時は、DHが1人下りて最終ラインは3枚になって、左右SBを前に押し出します。そして、SHはペナルティ幅に絞ります。すると、敵SBも中に絞ります。サイドにできたスペースに、SB、SH、2トップのいずれかが顔を出すことで、マークのずれを作ります。そこからのクロスやドリブルでチャンスを作ります・・・というのが基本的なやり方でした。
前の4人は交互に裏抜け、間受けを繰り返し流動的に動きます。4人ともスピード、ドリブルがあり、コンビネーションも良かったので、負傷者の不在を大きく感じることはありませんでした。

道渕が横方向のドリブルをすることで、周りを誘導し活かしているのが印象に残りました。
また、SBは結構高い位置を取ることができて、攻撃の起点となっていました。SB起用の常田はもともとCBだそうです。長身ながら、走るスピードと、クロスのスピードがあって、確かにSBの適性も高そうに思いました。逆サイ…

プレビュー)横浜FM vs 名古屋~サブテーマとしてのロングボール~

まずは、次節対戦するマリノスの前節(vs浦和)のダイジェストから。

横浜FMのスタメンはこちらを確認してください↑

今回のレビューは、メインテーマとサブテーマに分けてお送りします。

メインテーマとしてのポジションチェンジの思想 マリノスとグランパスは、オフサイド1位2位対決です(FMダントツ!)。オフサイド数に表れる両チームの特徴としてコンパクト、ポゼッション重視、攻撃的などの共通点があります。 それらの特徴を形作る戦術が横浜FMのポジショナルプレーです。攻撃では、ポジションを移動しながら相手を動かし、動かして空いたスペースに連動してポジションを埋め、芋づる式にギャップを作りゴール前まで運びます。
ビルドアップに下りてくるのは、IH天野、SB広瀬、SB松原、CH喜田で、CB間かCB脇に下ります。多彩です。特に左IHの天野純は、CB間、CB脇、WG、シャドー、アンカーといろいろなポジションに移り、マリノスの攻撃を司ります。

守備においてもポジショナルプレー。攻撃でポジショングルグルしながらも、いるべき場所にフィールド上バランス良く選手がいて陣形を崩しません。
例えば、松原が偽SB化することで中央からのカウンターを受けにくくしています。
横浜FMがオートマチックにポジションチェンジして攻撃するのに対し、名古屋はトレーニングで培ったユニットでの即興ポジションチェンジで攻撃します。オートマチズムvs即興。オートマチズムは、判断スピードが上がり、緊急事態に考えるための余力を残すと言われています。即興は、ユニットとしての成熟が必要な反面、自分たちにしか理解できないコンビネーションを出すことが出来ます。

つまり、横浜FMの方がパターンがあるので対策しやすいといえます。しかし、守備時にやばいバランスでネガトラを迎えにくいという点で長所があります。名古屋の場合、ネガトラ時のバランスの悪さは中盤3人(シミッチ、和泉竜司、米本拓司)のボール奪取能力である程度カバーされているため、チーム全体のバランスとしては成り立っています。
このあたりのポジションチェンジの思想の違いがこの試合のメインテーマになるでしょう。

メインテーマについては、みぎさんが「面白わかりやすく」書かれているので、勝手にご紹介させていただきます。これがあれば私のプレビューは要らないと思います・・・ 日本一優しくほんわかし…

レビュー)FC東京 vs 名古屋~紙一重の恩返し弾で敗れる~

名古屋(A)0-1FC東京(H)/味スタ/2019.3.17
得点者(東):永井謙佑

まずは、4節 FC東京戦のダイジェストから。


今節のプレビュー記事はこちら。

勝ってくれると信じていたのでネガティブなフラグを立ててましたが、今となってはいささか心苦しいです。

一番、嫌な形で負けました。(ちなみに、いつまで恩返し弾だ?)
いつかは負けるし、内容が悪かったわけでもないので切り替えていきましょう!

ハイラインへの裏抜けが徹底されていたFC東京 前への守備意識が両チーム共に高く、名古屋はシミッチ、FC東京は高萩・久保建英と鋭い縦パスを付けれる選手がいるために、お互いにゴール前での見どころの多い試合でした。

FC東京の名古屋対策としては、2トップが裏抜けするもボールが出ず戻るタイミングで、高萩や東といった2列目の選手が飛び出すという、裏抜け強化戦略を用意していたと思います。名古屋が最も嫌な形を強化してきたところに、上手くハマってしまったなと。

結果的には、東の半分倒れながらのスルーパスに永井が独走して得点を決められました。前半にも、高萩の絶妙なプレスを掻い潜る横パスから、東がスルーパスを出して永井がシュートを打つ場面がありました。2プレーとも「裏にパスが出てくる」と名古屋DF陣が構える前に出されており、縦への速い攻撃に対する意思統一が思考スピードの差になり、永井の走るスピードも加わって、失点を許す形になりました。

(相性最悪チームにも信念曲げない)名古屋としてはハイラインを保って守備をするのであれば、前半の50%ぐらいだったポゼッション率を高めて、守備で永井謙佑などのFC東京攻撃陣を走らせて、疲れさせなければいけなかったと思います。結果論ですが。

交代で流動性が失われた名古屋の攻撃 後半9分に得点を取られてからは名古屋の押し込む展開が続きました。しかし、マテウス、相馬勇紀と単独突破に特徴のある選手が、組み立ての早い段階でボールを持ってしまい、パスのリズムをむしろ落とす展開になってしまいました。

できれば、1タッチ2タッチで回して、相手の守備を動かした後にマテウスや相馬勇紀に最後の勝負をしてもらう形を多く作りたかったです。特にマテウスは”ボールに触りた過ぎていろんなところに受けに行くんだけど、ドリブルで突っかけるうちに攻撃の停滞を作る”という悪循環(言い過ぎか?)が気になりま…

私的サッカー用語集

正しい意味か分かりませんが、ブログ内で使っているサッカー用語の説明です。訂正あればお願いします。

偽サイドバック(追記2018/10/7) 攻撃のビルドアップ時にサイドバックが、ボランチの位置に入ること。サリーダ・ラボルピアーナのメカニズムでボランチがCBの間に入った時に、ボランチの位置でSBがボールを受ける。この時、SHやウイングがサイドライン際で幅を取りパスコースを作る。SBは、ボランチの位置からハーフスペースを駆け上がり(インナーラップ)、そのSHからリターンパスをもらう・・・などの攻撃につなげることが出来る。ネガティブトランジションでは、中央に絞っているためにカウンターを受けにくくなる。

サリーダ・ラボルピアーナ(追記2018/10/2) 4バックにおける攻撃のビルドアップおいて、CBの間にボランチが下がって、SBを前に押し上げるメカニズム。2トップの相手に対し2CB+1ボランチの3人で数的優位を保つことでビルドアップを安定させる。2017年は、小林がCBの間に下りる形が強直化しており、効果的ではない場合もあった。一方、2018年W杯中断後は、ネットが主にCB間に下りる役割をしているが、小林が下りる場合や、CBとSBの間に下りる場合や、下りない場合を織り交ぜてビルドアップすることで柔軟性が出ている。また、玉田と小林がそれぞれハーフスペースに入り、相手の第1プレッシャーラインを通過する受け手として機能している。そのため、ビルドアップ時のボールロストが減っている一因になっている。

パッキング・レート(追記18/09/29)
パスやドリブルで相手選手を何人通過することが出来たかという指標。同じく、相手DFを何人通過したかという指標はIMPECTという。footbllistaのコラムで紹介されていた。勝敗との相関係数の高い指標だそうだ。
サッカーが陣取りゲームである以上、もっとも本質を突いた指標だと思った。さらに言うと、敵陣に押し込んでポゼッションしても、相手選手を通過出来なければ、陣地を取ったことにならないことにも気づかされた。重要なのは、ボールの前に何人相手選手がいるかで、0人であればそれはゴールを意味する。”ポゼッション”や”縦に速い攻撃”や”ハイラインハイプレス”などのゲームモデルは手段であり、目的はパッキング・レートと言っても過言ではなく、上位のゲーム…