スキップしてメイン コンテンツに移動

レビュー)湘南 vs 名古屋~おもてた3バックとちがう!~

名古屋(H)0-2湘南(A)/パロマ瑞穂/2019.7.7
得点者(湘):齊藤未月、金子大毅

スタッツは、シュート数28本のボール支配率68%。シュートは正面を突き、湘南DFは闘志みなぎるシュートブロック。”そういう試合”でした。

テイクアウトの寿司に付いている袋入りのガリを直接食いながらビール飲んで、ブログ書いてます...と、やさぐれつつも今日はいい事も書けそうな気がします。だから、”いい意味で”変わったことに絞って綴りたいと思います。(皮肉は出るかもしれん、、、けど極力無くします!)

3バック?システムではないんでね。

開始早々に丸山祐市が怪我で交代し、スクランブル感ありながらも3バックでほとんど1試合を戦いました。解説の飯島さんも3バック(343?)と言っていたから、3バックなのかもしれませんが、守備の仕方は普通の3バックとはかなり違いました。おもてた3バックと違う!(いい意味で)

普通3バックはボールサイドにあまりスライドしませんが、この日の名古屋の3バックはボールサイドにスライドし逆サイドのWB(主に相馬勇紀)が下りてきてミドルゾーンでは4バックを形成。更に押し込まれた場合は両WBを下げて5バックにする様に見えました。(この試合ではほとんど押し込まれませんでしたが。)

つまり、ボールを失ったら自陣に下がるにつれて、3バック⇒4バック⇒5バックと可変にしているような流動性があったと思います。

攻撃の仕方も結構変わってました。一番大きかったのは幅取り役が、宮原和也と吉田豊ではなかったこと。

フォーメーションで表しにくい試合だったので、今日は選手の役割に変化のあった部分にフォーカスしてレビューします。


スタメンはこちら。



試合のダイジェストはこちら。



選手の役割に変化のあった部分として、まずは、そう宮原和也と吉田豊です。

宮原和也と吉田豊の役割

これまでよりも攻撃時のポジションが低く、両方いっぺんに上がることもなく、中に絞ってネガトラ対策を意識したポジションだったのが非常に良かったと思います。←これ重要なとこです。

そのポジショニングの妙によって、被カウンター時にダイアゴナルにスプリントし、逆サイドのカバーをする場面が沢山見られました。これが割と守備時に安心して見られた要因なんじゃないかと。中谷進之介を含め、足の速い3人が残っているって素晴らしい!!

先ほど述べたように、ボールサイドにスライドする3バックなので宮原和也がゴール前で守備をする機会が増えていました。しかし、何の不安もなく、正直、丸山祐市が不在の間は宮原和也がCBの適任なんじゃないかと思わせる働きでした。

攻撃の場面では、サイドに開いてボールを受け前進を試みる回数は従来に比べ減りました。しかし、機を見た攻撃参加は3バックとしては十分の貢献度でした。

シミッチ、ネットも攻撃時に比較的ポジションが低いので、3バックを含め、ネガトラ時に後ろの方で人数不足になる事が減って良かったです。

4~5人でネガトラをケアしたため、数的に同数以下のカウンターを受けることもなく、前線で渋滞が起こる事もなく、後からオープンスペースに吉田豊が上がるスペースがあり、すべて上手く回っていました。(過去のブログで言っていた事です。)ボランチのフィルター役に米本拓司が入るとかなり安定する可能性を秘めているんじゃないかと!

前田直輝と和泉竜司と相馬勇紀の役割

この3人の役割として、攻守でサイドに開く選手を変えていたことも良かったです。特に、後半に相馬勇紀が左WBにまわってからの形は、かなりバランスが良く、「ちょっと、これから勝てるんちゃう」と思えるものでした。

攻撃時には、前田直輝と相馬勇紀がサイドに開きWBの様なポジションを取り、和泉竜司がハーフスペースに絞りIHの様なポジションを取っていました。

一方、守備時には、和泉竜司と相馬勇紀がWBとしてサイドを守り、前田直輝が絞ってシャドー的な位置で守備をしていました。

攻撃時の幅取り役は、基本的に前田直輝と相馬勇紀という適材が適所に配置されたため、クロスからの攻撃が活性化されました。←ここも重要なとこです!何度かヘディングにも合っていたので効果的だったと思います。

一方、守備時は、和泉竜司と相馬勇紀が下がる事で、守備の強度も保てました。

相馬勇紀は得意なサイドのレーンに固定しながらも、和泉竜司と前田直輝は攻守でサイドとHSのレーンを入れ変わるのがいいなーと思いました。

吉田、宮原、和泉、相馬、前田の役割がフォーメーションには表しにくいですが、攻守に適所で使われていて「非常にいいなー」と感じたというわけです。

シャビエルの役割

シャビエルについて、一番大きく変わって良かった事はビルドアップに下りてこなかったこと。これに尽きます!

平均ポジションはジョーよりも前だった印象で、何度も潰されていましたが、それはパスコースを作っていた証拠でもあると思います。

ネット、シミッチが並び立ち、その上シャビエルも降りてきたら、きっと渋滞が凄かったはず!チーム全体の縦への推進力はシャビエルが前にいる方が出ますよね。


おわりに

やり方を変えれば失うものもあります。例えば、この試合では長所であったニアゾーンの攻略は弱まった感じがします。開幕当初は4-2-4の即時奪回+ショートカウンターがハマって強かった。しかし、開幕当初のやり方に戻れない or 戻っても研究されているために、「新しい何か」を見つけなければ前進することはできません。

「新しい何か」として、ポジションの重心を下げ、ネガトラ時のポジションバランスを改善し、幅取り役に適材が配されました。

また、「新しい何か」になるかわかりませんが、チームの中心が、いよいよ和泉竜司と宮原和也と中谷進之介になってきた感じがあります。両翼の前田直輝と相馬勇紀も含め20代中頃の選手には、この苦境に旗頭としての”役割”を期待したいですね。

湘南戦は敗れはしましたが、今後の安定した戦いに期待の持てるゲーム内容だったと思います。次こそ勝ちましょう。


更新情報をツイートします。
お願いします。

↓クリックすると
↓みなさんのグランパスブログが見れます
にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスへ
にほんブログ村

コメント

このブログの人気の投稿

レビュー)C大阪 vs 名古屋~和式が洋式に負ける~

名古屋(A)0-3 C大阪(H)/ヤンマースタジアム/2019.7.13
得点者(C大):丸橋、高木、ブルーノメンデス

典型的な和式が洋式に負けた試合。レビューおしまい。。。で済むんじゃないかという試合でした。セレッソ強かった。。。

C大阪の論理的なポジショナルプレーに対し、ハーフスペースで起点を作られ続け、先制を許しました。そして、後半にその修正として、4バック(4-2-3-1)に戻しました。これが湘南戦以前のいつもの和式に戻ってしまい、ネガトラ時の守備バランスが崩れる要因となりました。その結果、”数的不利がやばいカウンター”を喰らいまくり、追加点、ダメ押し点を取られました。

後半に4バックに戻して、SBも高く攻め上がる従来の形に戻した事は、逆転するための戦略として私は残念でした。下記の引用の風間監督の試合後のコメントとは真逆の感想です。

#セレッソ大阪 戦後 風間八宏監督会見
▶️https://t.co/vp6dq2yEPE#INSIDEGRAMPUS#grampuspic.twitter.com/06lV8qFTNO — 名古屋グランパス (@nge_official) 2019年7月13日
前半はシステムでやってしまった。それによって、自分たちによるピンチがいつもより多かった。後半は相手と同じような形にしてしっかり押し込もうという考えでやりました。実際に押し込みはしましたが、最終的な部分でロストをしてしまい、失点をしてしまいました。 私は、上記の風間監督のコメントとは別の見方をしていますので、その部分をレビューします。負けたので結果論で「風間監督は間違っている」という話ではなく、試合の流れの別の見方として「こういう見方もできませんか?」というものを述べたいと思います。


まずは、19節 セレッソ戦のダイジェストから。0秒でスタメン出ます




セレッソの攻撃の狙い(洋式) 「雨降ってるね」、「ピッチ悪いね」、「左右CBは背低いね」、「1アンカーだね」という試合の特徴を読み取り、「だったら、ハーフスペース(HS)のアンカー脇に縦パス入れていこうね。」、「2トップが流れて入ってもいいし、左右SHが入ってもいいよね。」
「2トップが入った場合は、CBがピン止めされるから名古屋のWBの裏に自動的に入れれば走り合いになるよね。そしたらポジショナルプレーの方が先に判断するから勝…

レビュー)G大阪 vs 名古屋 ~割り切って勝ちにこだわって~

名古屋(H)2-2 G大阪(A)/豊田スタジアム/2019.7.20
得点者(名):前田直輝、宮原和也
得点者(大):アデミウソン、宇佐美

鯖缶(味噌)でビール飲みながらブログを書いております。(鯖缶の"ちょい足し"はワサビが合う。)ロスタイムに同点に追いつかれる悔しいドローとなりました。

今節も悔しい結果となりました。が、"いいとこ成分多め"でレビューを書いていきたいと思います。今にもダークサイドに落ちそうだが...

「まず、観客42975人がいいとこだよね。あと、初スタメン2人もいたし、1人はユースっ子だし。さらに、吉田豊がライバル太田宏介の加入で気を吐いていたし。あと、他チームはガンガン主力を海外/その他に抜かれてるし...。」

そんな中、ある程度割り切った(=ロマンだけを追いかけていない)戦いをG大阪戦では見せていたと思うので、そのあたりをレビューします。


まずは、20節 ガンバ戦のダイジェストから。0秒でスタメン出ます


全体論 名古屋は3-4-3で、守備時5-4-1でプレスラインはセンターライン付近にして、あまり深追いせず、下げすぎもせずという狙い。攻撃時はネットかシミッチが下りて4-3-3から、押し込んて行くと3-2-5というような形でした。
一方、ガンバは3-5-2で、守備時は5-3-2でこちらもプレスラインはセンターライン付近にしてあまり深追いせず、下げすぎもせずという形。攻撃では、遠藤、矢島、倉田、宇佐美(NEW!)がふらふら中間ポジションに入り、両WG(中村、福田)で幅を取りながら進める遅攻と、スピードとテクニックでポイントを作ることが出来る2トップ(アデミウソン、宇佐美)を生かした速攻を混ぜながら攻撃してきました。
お互い、「ミドルサードで取って、早い攻撃をしよう!」という意図ががっぷりよつの形でした。お互いボール保持の安定感があり、ミドルサードで虎視眈々と隙を狙うボール回しが面白い試合でもありました。
ボール支配率は名古屋46%(!)、G大阪54%でした。G大阪の方が「ビルドアップで後ろの方で回しておこう」という、のらりくらり感があったため実質5分5分ですが、名古屋が明確にやり方を変えてきた影響を表す数字だと思います。(割り切りポイント①押し込むにこだわらない)
名古屋のスカッド 両WBに吉田豊、宮原…

レビュー)神戸 vs 名古屋~擁護派ではないが、解任派でもない~

名古屋(A)3-5神戸(H)/ノエビアスタジアム/2019.6.30
得点者(神):ビジャx2、イニエスタx2、小川慶治朗
得点者(名):和泉竜司、宮原和也、中谷進之介


まずは、17節 神戸戦のダイジェストから。0秒でスタメン出ます


試合前にスタメンを確認した時のつぶやきがこちら↓。
名古屋神戸戦で、神戸大分以上の馬鹿試合が観れるはず。 — フルゐ (@gra_senki) 2019年6月30日 予言と言えないほどの、既定路線の試合内容になりました...

まじめに試合展開をレビューする気にもならない内容なので、みなさんも色々言いたいだろう風間監督の采配について、監督の身になって最近のリーグ戦を振り返りたいと思います。(つまり、神戸戦レビューではありません)

ちなみに私の立ち位置としては、風間監督の擁護派ではないですが解任派でもないです。年俸が順位の期待値であると思ってて、その順位よりも下であれば監督・フロントはある程度避難されてもしょうがないんじゃないかとも思っている派です。興行的に儲かっていればちょっと多めに見てあげようよ派でもあります。

今年の風間監督は違うと思っていた... 正直、今年の風間監督は少し違うと思っていました。「普通っぽいぞ!」と。というのも、点が取れない間も神戸戦の様な思い切ったスカッドで臨むのではなく、少しずつ入れ替えながら、打開策を模索していた感があるからです。
最近の試合における、前節からのスタメンの入れ替えを見てみましょう。(同じポジションに入っていない場合があります。)
 何節(得点)  17節(3点):丸山(怪我)⇒ネット、マテウス⇒前田、吉田⇒和泉  16節(1点):和泉⇒マテウス  15節(1点):前田⇒シャビエル、マテウス⇒ジョー  14節(1点):シャビエル⇒前田、赤崎⇒マテウス  13節(0点):ジョー(怪我)⇒赤崎、マテウス⇒和泉  12節(1点):スタメン変更なし
どうですか?風間監督の苦悩が透けて見えませんか?得点が入らないので、シュートに長けるマテウス、赤崎秀平、前田直輝を混ぜながら、従来のスタメンの選手との融合を狙っていたように見て取れます。
この間の得点者は、前目ではマテウスx2、前田だけ。後ろ目では、宮原和也x2、和泉竜司(SB時)、中谷進之介です。こちらにも苦悩が見て取れます。続けていた、サイドバックがゴ…

レビュー)清水 vs 名古屋~ミニレビューです~

名古屋(H)1-2清水(A)/パロマ瑞穂/2019.6.22
得点者(名):前田直輝
得点者(清):ドウグラス、西澤健太

スタメンはこちらのダイジェストから確認してください。(0秒で出ます。)


下位に弱い名古屋らしさが戻ってきましたね(汗)。撤退守備ブロックを崩す難しい攻撃をしなきゃならん名古屋と、スペースのある簡単な攻撃を仕掛ける下位チーム。

もう少し戦を略して欲しいところもありますが、しゃーないのでさらっといきます。ファミリーの傷ついた言葉を癒す、気の利いた言葉を掛けられるタイプではないので、今回もドライにお伝えします。(わざわざ、立ち寄っていただいているのに恐縮です。)

〈雑感〉左SHは和泉竜司の代わりにマテウスが先発。中に絞ることも後ろに下がる事も少なく、エウシーニョ番としてサイドの高い位置に張り続けた。ほぼWG。マテウス本人の意思というよりは、エウシーニョの位置を下げさせる作戦だろう。しかし、エウシーニョからヘナトへのスルーパスから、ヘナトがグラウンダーのクロスをあげ、ドウグラスが詰め先制点を許す。途中まではエウシーニョに攻撃をさせず作戦成功感あったが、緩んだ一回が失点につながったので残念。この失点、4-1-4-1に変えてハーフスペースに侵入しやすくした篠田作戦に見事にハマる。名古屋は、SB吉田がサイドにいる選手に付き、SB-CB間がガラ空きだった。普通は、DHが埋める、もしくは、横スライドする、といったどちらかの対応を決めているチームが多いのだが、名古屋は決め事は無さそう。失点の場面は、マテウスがふわっとした守備をしたために、シミッチが前に寄せるしかなく、その裏にヘナトが走りこんでいる。2点目も左ハーフスペースからであり、デザインされてたんだろう。ベーシックな部分ながら名古屋の弱点と相手から認識されている点なので、修正必要ですね。清水の守備は、前から同数でハメてきてビルドアップを阻害しつつ、押し込まれたら中央に圧縮したブロックを作り、サイドのケアはボールサイドのSHを下げて対応。引かれると点が入る気がしない。(実況の名古屋に比べ清水は高さが無いという話に超違和感があった。ヘディングって身長だけじゃないので。クロスの質や予備動作や誰とマッチアップするかなどなど。普通に清水の方がヘディング強いと思う。)清水の前プレ時に、疑似カウンターを仕掛けたい展開だった…