スキップしてメイン コンテンツに移動

レビュー)横浜FM vs 名古屋~ニアゾーンへのサイドチェンジ~

名古屋(A)1-1横浜FM(H)/日産スタジアム/2019.4.13
得点者(名):ジョー
得点者(横):マルコスジュニオール
まずは、7節 横浜FM戦のダイジェストから。
(0秒でスタメン出ます。)


今節のプレビュー記事はこちら。


ニアゾーンへのサイドチェンジ攻撃

グランパスが横浜FM対策に仕込んできた攻撃として、あまり使わないサイドチェンジをこの試合では多用しました。

状況としては、グランパスが攻撃でアタッキングサードに押し込んだ場面です。マリノスの4バックは、ペナルティ幅に圧縮して構える特徴があります。その敵SBの少し外側(いわゆるニアゾーン)にサイドチェンジの浮き球を入れチャンスを多く作りました。

ボールの受け方も、最初からニアゾーンに入るのではなく、敵SBとほぼ同じ位置に陣取りながらバックステップで距離を取りボールを受けるなど、開けておいてサイドチェンジが入りそうになると先に動くという連携が見られていました。

サイドライン際からのクロスは確率が低いので、グランパスはこれまでほとんど使いませんでした。一方、ニアゾーンへのサイドチェンジはゴールへの距離が近くクロスもピンポイントで入れれますし、シュートにも移れます。この攻撃の実装は、今後に期待が持てます。

ハーフコートマッチ守備の改善点

上の記事で書かれている、後半の修正点を私なりに解釈してみました。

前後半を通してハーフコートマッチを狙っていました。ポゼッションでは横浜FMが上回ったものの、プレーエリアはコートを3分割した横浜FMゴール側が多かったことが物語っています。

前半上手くいかなかった点として以下のようなことがあったと思います。

横浜FMのGKも含めたビルドアップにオールコートでプレスをかけて、横浜陣内でのボール奪取を企みます。しかし、名古屋プレスのファーストラインを抜けられると、即疑似カウンターをくらうという悪循環がありました。前半3分名古屋DFライン前でフリーの広瀬に縦パスが入り前を向かれた時には「これ、やべーやつだな」と不安になりました。「普通、こんなの1試合1回も起こらへんやん。」と。

失点の場面を含め、名古屋ファーストラインを抜けられて、DFラインの前のスペースで前を向かれると、横浜FMの疑似カウンターのスピードを落とすことが出来ず、危険な場面が多発しました。

DFライン裏やサイドへのボールは、それほど危険な場面にならず、DFライン前に入れられて、スピードを殺せないままコンビネーションで攻められるのが課題の前半だったと思います。

翻って後半、名古屋の修正としてはハーフコートマッチをあきらめるのではなく、プレスのファーストラインをやや下げ、3ラインをよりコンパクトにするというものだったと思います。

CB-GK-CBが1列に並ぶことによるビルドアップに対してはプレスをかけず、ペナの5mぐらいに出てきたところをファーストラインに設定していたと思います(後半8分ごろ参照)。この修正で、DFライン前に入った横浜の選手を捕まえやすくなり、さらにプレスバックも利きやすくなりました。

後半も決定機を作られていましたが、サイド起点のものが多かったために、中央でフリーの選手がいた前半と比べても、安定感は後半の方があったと思います。

また、横浜FMの攻撃スピードを落とせたことで、カウンターの打ち合いから、名古屋に分があるショートパスをつなぎながら全体を押し上げる遅めの攻撃が多くなりました。このことは、横浜FMのWGやSBを押し下げることで、横浜の攻撃の人数を削る役目も狙っていると思われます。

そのため、主導権は後半の方があったと選手・監督が言っていると考えています。


〈雑感(良いところ)〉

  • 宮原和也が二人いるようだった。PKのシーン以外にも、ペナ内に侵入したり、サイドでドリブル勝負してファールをもらったり、シャビエルとのコンビネーションでサイドを駆け上がってクロスを上げたり、被カウンターの芽を摘んだり、ゴール前のクロスをクリアしたり。左右の攻撃バランス改善が、さらに名古屋を強くしそう!
  • セットプレーの質がメキメキ上がってる!右キッカーとして和泉竜司と相馬勇紀に目途が立った感じ。ターゲットとしてシミッチが勝てる。シャビエルのキックの質が強めの物が多くなってる・・・などなど。
  • 押し込んだ時の展開として下の図のやつが何度も出てきた(名前付いてるのかな?)。サイド深くまで侵入した際に、①マーカーを少しずらして、ニアポストの選手(長谷川アーリアやジョー)にパスを出し、②ポストの選手がDFを背負いながら近寄ってきた選手に落とし、③そのままシュート態勢に。この2対2のグループ戦術は、昨年から威力を発揮していて、過去にも紹介しています。(←リンク)「今年はあまり見ないな」と思っていたけど、アーリアが定着したことで増加しそうです。リーチと足元でのボール扱いを生かしたポストプレーなので、アーリアが生きるプレーだと思います。


横浜FM戦は、決定機・被決定機共に多く、優勢ながら引き分けは妥当な結果だと思いました。

ACL圏から離されないよう、次の合言葉は「シュート打て」ですかね。


トップページのブックマークをお願いします。
更新情報をツイートします

↓クリックすると
↓みなさんのグランパスブログが見れます
にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスへ
にほんブログ村

コメント

このブログの人気の投稿

レビュー)湘南 vs 名古屋~おもてた3バックとちがう!~

名古屋(H)0-2湘南(A)/パロマ瑞穂/2019.7.7
得点者(湘):齊藤未月、金子大毅

スタッツは、シュート数28本のボール支配率68%。シュートは正面を突き、湘南DFは闘志みなぎるシュートブロック。”そういう試合”でした。

テイクアウトの寿司に付いている袋入りのガリを直接食いながらビール飲んで、ブログ書いてます...と、やさぐれつつも今日はいい事も書けそうな気がします。だから、”いい意味で”変わったことに絞って綴りたいと思います。(皮肉は出るかもしれん、、、けど極力無くします!)

3バック?システムではないんでね。 開始早々に丸山祐市が怪我で交代し、スクランブル感ありながらも3バックでほとんど1試合を戦いました。解説の飯島さんも3バック(343?)と言っていたから、3バックなのかもしれませんが、守備の仕方は普通の3バックとはかなり違いました。おもてた3バックと違う!(いい意味で)

普通3バックはボールサイドにあまりスライドしませんが、この日の名古屋の3バックはボールサイドにスライドし逆サイドのWB(主に相馬勇紀)が下りてきてミドルゾーンでは4バックを形成。更に押し込まれた場合は両WBを下げて5バックにする様に見えました。(この試合ではほとんど押し込まれませんでしたが。)

つまり、ボールを失ったら自陣に下がるにつれて、3バック⇒4バック⇒5バックと可変にしているような流動性があったと思います。

攻撃の仕方も結構変わってました。一番大きかったのは幅取り役が、宮原和也と吉田豊ではなかったこと。

フォーメーションで表しにくい試合だったので、今日は選手の役割に変化のあった部分にフォーカスしてレビューします。


スタメンはこちら。
明治安田生命 #J1 第18節「vs #湘南ベルマーレ」(@パロマ瑞穂スタジアム 18:00 KICK OFF )#grampus スターティング11🔥

▶️https://t.co/UmsX8ze12mpic.twitter.com/DwuAhvG69q — 名古屋グランパス 公式 (@nge_official) 2019年7月7日
【J1リーグ第18節 名古屋グランパス戦スタメン】
GK:秋元陽太
DF:山根視来 フレイレ 大野和成
MF:古林将太 齊藤未月 金子大毅 杉岡大暉
FW:武富孝介 山﨑凌吾 梅崎司
サブ:松原 小…

レビュー)C大阪 vs 名古屋~和式が洋式に負ける~

名古屋(A)0-3 C大阪(H)/ヤンマースタジアム/2019.7.13
得点者(C大):丸橋、高木、ブルーノメンデス

典型的な和式が洋式に負けた試合。レビューおしまい。。。で済むんじゃないかという試合でした。セレッソ強かった。。。

C大阪の論理的なポジショナルプレーに対し、ハーフスペースで起点を作られ続け、先制を許しました。そして、後半にその修正として、4バック(4-2-3-1)に戻しました。これが湘南戦以前のいつもの和式に戻ってしまい、ネガトラ時の守備バランスが崩れる要因となりました。その結果、”数的不利がやばいカウンター”を喰らいまくり、追加点、ダメ押し点を取られました。

後半に4バックに戻して、SBも高く攻め上がる従来の形に戻した事は、逆転するための戦略として私は残念でした。下記の引用の風間監督の試合後のコメントとは真逆の感想です。

#セレッソ大阪 戦後 風間八宏監督会見
▶️https://t.co/vp6dq2yEPE#INSIDEGRAMPUS#grampuspic.twitter.com/06lV8qFTNO — 名古屋グランパス (@nge_official) 2019年7月13日
前半はシステムでやってしまった。それによって、自分たちによるピンチがいつもより多かった。後半は相手と同じような形にしてしっかり押し込もうという考えでやりました。実際に押し込みはしましたが、最終的な部分でロストをしてしまい、失点をしてしまいました。 私は、上記の風間監督のコメントとは別の見方をしていますので、その部分をレビューします。負けたので結果論で「風間監督は間違っている」という話ではなく、試合の流れの別の見方として「こういう見方もできませんか?」というものを述べたいと思います。


まずは、19節 セレッソ戦のダイジェストから。0秒でスタメン出ます




セレッソの攻撃の狙い(洋式) 「雨降ってるね」、「ピッチ悪いね」、「左右CBは背低いね」、「1アンカーだね」という試合の特徴を読み取り、「だったら、ハーフスペース(HS)のアンカー脇に縦パス入れていこうね。」、「2トップが流れて入ってもいいし、左右SHが入ってもいいよね。」
「2トップが入った場合は、CBがピン止めされるから名古屋のWBの裏に自動的に入れれば走り合いになるよね。そしたらポジショナルプレーの方が先に判断するから勝…

レビュー)G大阪 vs 名古屋 ~割り切って勝ちにこだわって~

名古屋(H)2-2 G大阪(A)/豊田スタジアム/2019.7.20
得点者(名):前田直輝、宮原和也
得点者(大):アデミウソン、宇佐美

鯖缶(味噌)でビール飲みながらブログを書いております。(鯖缶の"ちょい足し"はワサビが合う。)ロスタイムに同点に追いつかれる悔しいドローとなりました。

今節も悔しい結果となりました。が、"いいとこ成分多め"でレビューを書いていきたいと思います。今にもダークサイドに落ちそうだが...

「まず、観客42975人がいいとこだよね。あと、初スタメン2人もいたし、1人はユースっ子だし。さらに、吉田豊がライバル太田宏介の加入で気を吐いていたし。あと、他チームはガンガン主力を海外/その他に抜かれてるし...。」

そんな中、ある程度割り切った(=ロマンだけを追いかけていない)戦いをG大阪戦では見せていたと思うので、そのあたりをレビューします。


まずは、20節 ガンバ戦のダイジェストから。0秒でスタメン出ます


全体論 名古屋は3-4-3で、守備時5-4-1でプレスラインはセンターライン付近にして、あまり深追いせず、下げすぎもせずという狙い。攻撃時はネットかシミッチが下りて4-3-3から、押し込んて行くと3-2-5というような形でした。
一方、ガンバは3-5-2で、守備時は5-3-2でこちらもプレスラインはセンターライン付近にしてあまり深追いせず、下げすぎもせずという形。攻撃では、遠藤、矢島、倉田、宇佐美(NEW!)がふらふら中間ポジションに入り、両WG(中村、福田)で幅を取りながら進める遅攻と、スピードとテクニックでポイントを作ることが出来る2トップ(アデミウソン、宇佐美)を生かした速攻を混ぜながら攻撃してきました。
お互い、「ミドルサードで取って、早い攻撃をしよう!」という意図ががっぷりよつの形でした。お互いボール保持の安定感があり、ミドルサードで虎視眈々と隙を狙うボール回しが面白い試合でもありました。
ボール支配率は名古屋46%(!)、G大阪54%でした。G大阪の方が「ビルドアップで後ろの方で回しておこう」という、のらりくらり感があったため実質5分5分ですが、名古屋が明確にやり方を変えてきた影響を表す数字だと思います。(割り切りポイント①押し込むにこだわらない)
名古屋のスカッド 両WBに吉田豊、宮原…

レビュー)神戸 vs 名古屋~擁護派ではないが、解任派でもない~

名古屋(A)3-5神戸(H)/ノエビアスタジアム/2019.6.30
得点者(神):ビジャx2、イニエスタx2、小川慶治朗
得点者(名):和泉竜司、宮原和也、中谷進之介


まずは、17節 神戸戦のダイジェストから。0秒でスタメン出ます


試合前にスタメンを確認した時のつぶやきがこちら↓。
名古屋神戸戦で、神戸大分以上の馬鹿試合が観れるはず。 — フルゐ (@gra_senki) 2019年6月30日 予言と言えないほどの、既定路線の試合内容になりました...

まじめに試合展開をレビューする気にもならない内容なので、みなさんも色々言いたいだろう風間監督の采配について、監督の身になって最近のリーグ戦を振り返りたいと思います。(つまり、神戸戦レビューではありません)

ちなみに私の立ち位置としては、風間監督の擁護派ではないですが解任派でもないです。年俸が順位の期待値であると思ってて、その順位よりも下であれば監督・フロントはある程度避難されてもしょうがないんじゃないかとも思っている派です。興行的に儲かっていればちょっと多めに見てあげようよ派でもあります。

今年の風間監督は違うと思っていた... 正直、今年の風間監督は少し違うと思っていました。「普通っぽいぞ!」と。というのも、点が取れない間も神戸戦の様な思い切ったスカッドで臨むのではなく、少しずつ入れ替えながら、打開策を模索していた感があるからです。
最近の試合における、前節からのスタメンの入れ替えを見てみましょう。(同じポジションに入っていない場合があります。)
 何節(得点)  17節(3点):丸山(怪我)⇒ネット、マテウス⇒前田、吉田⇒和泉  16節(1点):和泉⇒マテウス  15節(1点):前田⇒シャビエル、マテウス⇒ジョー  14節(1点):シャビエル⇒前田、赤崎⇒マテウス  13節(0点):ジョー(怪我)⇒赤崎、マテウス⇒和泉  12節(1点):スタメン変更なし
どうですか?風間監督の苦悩が透けて見えませんか?得点が入らないので、シュートに長けるマテウス、赤崎秀平、前田直輝を混ぜながら、従来のスタメンの選手との融合を狙っていたように見て取れます。
この間の得点者は、前目ではマテウスx2、前田だけ。後ろ目では、宮原和也x2、和泉竜司(SB時)、中谷進之介です。こちらにも苦悩が見て取れます。続けていた、サイドバックがゴ…

レビュー)清水 vs 名古屋~ミニレビューです~

名古屋(H)1-2清水(A)/パロマ瑞穂/2019.6.22
得点者(名):前田直輝
得点者(清):ドウグラス、西澤健太

スタメンはこちらのダイジェストから確認してください。(0秒で出ます。)


下位に弱い名古屋らしさが戻ってきましたね(汗)。撤退守備ブロックを崩す難しい攻撃をしなきゃならん名古屋と、スペースのある簡単な攻撃を仕掛ける下位チーム。

もう少し戦を略して欲しいところもありますが、しゃーないのでさらっといきます。ファミリーの傷ついた言葉を癒す、気の利いた言葉を掛けられるタイプではないので、今回もドライにお伝えします。(わざわざ、立ち寄っていただいているのに恐縮です。)

〈雑感〉左SHは和泉竜司の代わりにマテウスが先発。中に絞ることも後ろに下がる事も少なく、エウシーニョ番としてサイドの高い位置に張り続けた。ほぼWG。マテウス本人の意思というよりは、エウシーニョの位置を下げさせる作戦だろう。しかし、エウシーニョからヘナトへのスルーパスから、ヘナトがグラウンダーのクロスをあげ、ドウグラスが詰め先制点を許す。途中まではエウシーニョに攻撃をさせず作戦成功感あったが、緩んだ一回が失点につながったので残念。この失点、4-1-4-1に変えてハーフスペースに侵入しやすくした篠田作戦に見事にハマる。名古屋は、SB吉田がサイドにいる選手に付き、SB-CB間がガラ空きだった。普通は、DHが埋める、もしくは、横スライドする、といったどちらかの対応を決めているチームが多いのだが、名古屋は決め事は無さそう。失点の場面は、マテウスがふわっとした守備をしたために、シミッチが前に寄せるしかなく、その裏にヘナトが走りこんでいる。2点目も左ハーフスペースからであり、デザインされてたんだろう。ベーシックな部分ながら名古屋の弱点と相手から認識されている点なので、修正必要ですね。清水の守備は、前から同数でハメてきてビルドアップを阻害しつつ、押し込まれたら中央に圧縮したブロックを作り、サイドのケアはボールサイドのSHを下げて対応。引かれると点が入る気がしない。(実況の名古屋に比べ清水は高さが無いという話に超違和感があった。ヘディングって身長だけじゃないので。クロスの質や予備動作や誰とマッチアップするかなどなど。普通に清水の方がヘディング強いと思う。)清水の前プレ時に、疑似カウンターを仕掛けたい展開だった…