スキップしてメイン コンテンツに移動

シーズン中間レビュー2)ヒートマップはアートだ!


以外、前回の書き出し〜〜〜〜〜〜〜〜
勝ったり負けたりを繰り返す今日この頃・・・そういや去年もそんな時期が・・・シーズン38試合中18試合とほぼ半分を消化しました。そこで今回は、シーズンを4クオーターに分けた場合の第2クオーターのシーズンレビューとしてお届けします。

ちなみに第1クオーターの内容はこちら↓
今回のブログの前提条件としてお読みいただけると幸いです。

超まとめると、第1クオーターは「攻撃はスペースのある状態でサイドに入れて」、「守備はCHが前の方まで守備範囲を広げて刈り取る」のが好調の要因だよね!って話でした。

そして、第2クオーターは、好調の名古屋に対して対戦チームが対策を講じてきて、第1クオーターの様に勝てない状況にあります。

そこで今回のブログでは、まず、対戦チームの対策をまとめます。そして、対戦チームの対策に対抗する名古屋の現在(模索中)を整理していきたいと思います。
〜〜〜〜〜〜〜

・・・・てなことを、前回のブログ「シーズン中間レビュー)名古屋の対策リスト」に書かせていただきました。

しかし、対戦チームの対策リストを書いたところで力尽きてしまい、名古屋の現在(模索中)には至りませんでした。そこで、今回は後編「名古屋の現在(模索中)」として、”ヒートマップはアートだ”と題してお送りします。

ちなみに、対戦チームの対策の詳細は前報をご覧いただくとして、目次としては以下の通りでした。

対戦チームの対策

①クロスの位置
②GKが蹴っ飛ばす
③SBべた付け
④ロスト後のハイプレス

これらの相手チームの嫌がらせにより、②からショートカウンターは減るし、③からサイドを使った縦に速い攻撃も減るし、④からボールを奪回しても攻撃に繋がらないし…となっているわけです。攻撃をどうにかしなけりゃならん、と。


名古屋の現在(模索中)

ということで、攻撃は柿谷のエロ(=ジャンピング股抜きノールックヒールパス、動画参照)に頼るしかないという状況です。(成瀬ナイスラン!そこにいる事を褒めたい!60分過ぎには攣ってそうだったしな!どちらかというとフィジカルトレーニングな!)


「いやいや。即興じゃなくて再現性だしていこーよ。ボール保持だろ。」って話も聞きますが、そんな都合良くはいきません。じわーっと、「アハ体験かよ!」ってぐらいの変化で、マッシモは最適解を見つけに来ているはずです。

相馬を斎藤に変えてみたり、3センターやったり、シャビエルと柿谷の0トップ気味にしたり・・・これらの変化を無理やり一言で表すと、”左ハーフスペース開けといて、交互に入っておいでやす作戦”です。

では、試合ごとにヒートマップ(sofascoreから引用)を確認して、左ハーフスペース(HS
(HS)に誰が入っているか見てみましょう。

ヒートマップはアートだ!

では、ヒートマップをじっくり鑑賞していきましょう。

まずは徳島戦(0-0)、左SHは相馬が先発し、交代で齋藤が入り、さらに左IHに長澤を入れて3センターにした試合でした。それぞれのヒートマップおよび、左HSの位置を○→で示しました。
まず、先発の相馬は試合にもよりますが、左HSよりも左サイドのレーンにいることが多いです。それに対し交代した齋藤は内側の左HSに位置取りすることが多いです。また、左IHに入った長澤はもともと左HSがオリジナルポジションになるので、当然の如くその部分のヒートマップが濃くなります。

つまり、この試合の交代は左HSを使って、左SBも押し上げるための、シフトチェンジをしたと言えます。逆に言うと、相馬はHSの狭い中間ポジションでのターンやためを作ってパスを配る役目は、どちらかというと苦手ということです。

左HS係は日替わりですので、順に試合を見ていきましょう。

続いて、最初に、「HSに誰か入れないと!」と思い始めたであろう、アウェー川崎戦(2-3)です。
この日は3センターだったので、左HS担当は長澤。内に入りがちなマテウスも、3センターの時には真面目に中に入ってきていないのが分かります。吉田のヒートマップの様に名古屋のSBはほとんど内側には入りません。ボールロスト後の守備位置に戻りやすいようにですね。山崎キックオフ以外、ボール触れてませんねw。(アートですね。責めてませんよー)


攻撃が良かったと言われている清水戦(3-0)です。スタメンの前4枚のヒートマップを並べました。柿谷とシャビエルのゼロトップ”気味”の日です。
この日の左HS担当は柿谷でした。ちなみにこの日の相馬はエウシーニョをくぎ付けにするために、意図的なサイドレーン固定でした。相馬の生きる試合でしたね。シャビエルはトップというよりも両WGとしてボールを受けています。こう見ると本当にゼロトップですね、マテウスのキックがなかったら「誰が得点すんねん」って総突っ込みを入れていた可能性が浮上します。(アートですね)

ここで小休止。マテウスのセットプレーのキックの変化の大きさに、今のところ敵味方問わず誰も対応できていませんw。毎日練習している味方の選手が合わせられる日がくるとシーズン5点ぐらいイケそうですね。

続いて鹿島戦(0-2)。いい印象はないですが、やっぱり色が薄い!
この日の左HS担当は山崎くんと齋藤くん。左SHにはいると、マテウスは幅を取るため中に入るのを自重している真面目さが伺えます。順足だとカットインできないからかも知れませんが。(アートですね。)

最後に、セレッソ戦(1-0)。
相馬もサイドとHSのレーンにバランス良くポジション取りして、山崎も柿谷も左HSに顔を出す試合でした。美しいバランスですね。マテウスは律儀に5レーンに顔を出しているのが分かります。思ってた通り几帳面ですね。(アートですね)

このように、左HSには日替わり、時間替わりで、選手が入れ替わります。そこでよいパフォーマンスをして勝利に導いた選手が出場機会を増やしていることがお分かりいただけたんではないでしょうか?

4231の名古屋にとってハーフスペースは通常、人のいないポジションです。そのスペースに代わる代わるタイミング良く人が入ることで、相手に的を絞らせず良い攻撃をすることが、現状狙っている2の矢3の矢なのだと思います。左HSをうまく使えるときには、攻撃もグレードアップするのではないかと思っています。


さいごに

”ふわっ”とした内容でしたが、視覚から言いたいことを感じていただけたでしょうか?

ここで簡単なデータを。現状、平均得点/失点は、1.2/0.6点です。つまり、これをシーズン得失点差に直すと、38試合x平均得失点差0.6点≒シーズン得失点差23点。あと、5点10点上乗せできれば優勝できそうな得失点差です。

丸山祐市の負傷など心配な面もありますが、ブレることなく着実な上乗せを期待しましょう。



トップページのブックマークをお願いします。
更新情報をツイートします

↓クリックすると
↓みなさんのグランパスブログが見れます
にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスへ
にほんブログ村

 

コメント

このブログの人気の投稿

シーズン中間レビュー)名古屋の対策リスト

勝ったり負けたりを繰り返す今日この頃・・・そういや去年もそんな時期が・・・シーズン38試合中18試合とほぼ半分を消化しました。そこで今回は、シーズンを4クオーターに分けた場合の第2クオーターのシーズンレビューとしてお届けします。 ちなみに第1クオーターの内容はこちら↓ シーズン序盤戦レビュー~ゴールに直結するKPI~ シーズン序盤戦レビュー(守備編)~更なる労働環境の悪化~ 今回のブログの前提条件としてお読みいただけると幸いです。 超まとめると、第1クオーターは 「攻撃はスペースのある状態でサイドに入れて」、「守備はCHが前の方まで守備範囲を広げて刈り取る」のが好調の要因だよね! って話でした。 そして、第2クオーターは、好調の名古屋に対して対戦チームが対策を講じてきて、第1クオーターの様に勝てない状況にあります。 そこで今回のブログでは、まず、対戦チームの対策をまとめます。そして、対戦チームの対策に対抗する名古屋の現在(模索中)を整理していきたいと思います。 対戦チームの対策 ①クロスの位置 ②GKが蹴っ飛ばす ③SBべた付け ④ロスト後のハイプレス ①クロスの位置 名古屋対策といえば、まずは高さ。 川崎第1stレグ後に出したレビュー で指摘した通り、「昨シーズンと同じ事されてるから、高さには注意しろよ!」と言ったのに、きれいに2ndレグも高さで先制されてしまいました。 筆者の気持ちにもなって欲しい。 計7失点中3失点を高さで失いました。 クロスは名古屋から見て右サイドから上げ、クロスの送り先は丸山の背後。シンプルだが名古屋対策としては的を射過ぎです。 CKの場合、理由はこうです。(1)左利きに比べ、右利きの方がキッカーが多いのでどのチームでもいいボールを上げやすい。(2)右利きの選手がゴールに向かってくるインスイングのボールになり、ランゲラックに触らせないで済む。(3)ランゲラックを右左と動かせるという意味でも、ファーが好ましい。良いポジショニングのランゲラックからゴールを入れるのは至難の業だ(by山本昌邦)。(4)また、ヘディングの強い選手は、まずニアを守る。ファーに高さのある選手を回せるほど、名古屋は高くない。よって、丸山がバックステップを踏みながらの対応を余儀なくされる。 tacticalistaにて作成 ちなみに、川崎戦後の鹿島戦や清水戦でも同様の位置へ

レビュー)1節を見てグループGの展望を

ACLのグループG第1節をを見て、展望を描きたいと思います。(1節終ってから展望ってのもなんですがw) ダイジェストはこちら↓ 名古屋1-0ジョホール 浦項2-0ラチャブリ グループ概要 やはり、ライバルは浦項。それに続き、ジョホール。ラチャブリは他の3チームに比べると差がありそうです。 名古屋は4チームの中で守備は一番優れています。特に 前線のパス方向の規制 はかなり差があります。柿谷・阿部の優秀さを感じずにはいられない1節でした。裏を返すと、ビルドアップで苦しむことはなさそうなのですが、そこは芝が許してくれません。 深く、前の試合の補修もされていないピッチは、はっきり言って 「精緻なパスワークをやっても意味ないな」 と感じさせます。その点では、4チームとも割り切って蹴ってくる第1節でした。ボールを収めてくれる、山崎の重要度が増しますね。 ジョホールには、ショートパスを主体としたビルドアップを通常はやっているんだろうなという印象を受けました。国内リーグ7連覇中なので、必然かもしれません。 ボールも審判もJリーグと大きく異なりフィットするのも大変そうですが、浦項は普通にやっていて、韓国らしい試合巧者みを感じます。 名古屋の守備の優れている他の点としては、ロスト後にセットするまでの時間やプレスバックでもかなり差を感じました。やっぱり、先制点が取れるかどうかですね。 続いて、各チームの短評を。 浦項 攻撃時4231、守備時442。 攻撃で一番注意だと思ったのは、 左サイドのSB10番とSH11番のコンビネーションで崩してクロスを上げ、CF7番、ST8番、右SH82番の3人の上背のある外国人が決めるという形 です。 左のSB10番、SH11番のユニットは攻守にバランスが良く、SB10番が交代したあとは11番がSBに下がっていました。10番はセンスが良い感じで、神戸の西みたいな感じですかね。 逆に右SH82は、体格的に馬力で推進力を出すタイプですが、細かなことはできないけど独特のリズムで抜いてくる感じでした。例えると広島のジュニオールサントスですかね。 CF7番は、ボールが良く収まり、上背と駆け引きでゴールを奪うタイプに見えます。先制点もこの人です。 CH14番は、前にボールを狩りに行くタイプで、言うなれば稲垣ですかね。 守備機会が少なかったので、守備面は不明ですが、韓国ら

レビュー)川崎 vs 名古屋~テンプレ化~

名古屋(H)0-4 川崎(A)/ 豊田スタジアム / 2021.4.29 得点者(川):旗手、レアンドロダミアンx2、遠野 ダゾンさんがライバルウィークと煽るものだから、その気になる私…。今となっては、DAZNの仕組んだ壮大なフラグにしか思えない。ダゾーンとの蜜月も終わりだ、おのれDAZN… 試合が前半早々に壊れてしまっているので、3点目を取られる前半22分までを簡単にレビューする。 戦前の予想 全く死角がないように見えるフロンターレ。試合に先立ち、川崎戦をいくつか見た。対戦相手が善戦したと言われている、鳥栖戦前半、広島戦後半で予習した。 鳥栖は高いプレスラインでハイプレスを仕掛け、インテンシティーの高い試合を展開した。確かに腰の引けた戦いはしていない。しかし、川崎の決定機が多く、朴のファインセーブと松岡のシュートブロックがなければ、完全に主導権が川崎にあるように見える試合だった。 どうも鳥栖のやり方を名古屋ができるようには思えない。とはいえ、ずっと閉じこもるのも辛いので、試合の流れでワンポイントに使う程度のゲームプランになるだろう。 一方、広島は川崎のDFラインの裏に、重戦車ジュニオールサントスを走らせ、ゴリゴリ突破してチャンスを作っていた。川崎を慌てさせるという意味では広島は互角の戦いを見せていた。(それでも互角・・・) 広島のやり方は、名古屋にも参考になりそうだ。SBの裏で勝負して、CBをつり出して、DFラインが揃うまでに仕留める。日常だ。ボールを奪う位置が低くなるだろうから、マテウス相馬に届ける役目を担うだろう米本、柿谷の出来が重要だと考えていた。川崎のカウンタープレスの網から抜けられるだろうか? 雨が強い予報だったので、三笘のぬるぬるドリブルよりも、空中を使ってくる家長のラストパスの方が嫌だなぁなどと、戦前は考えていた。 (プレビューを書くほどの内容でもないが、久しぶりにまじめに予習したので、「そっと」ここに置いておく。これこそライバルウィークorz) まずは接戦に持ち込んで・・・しかし、結果は豪快に外れた。 基本情報 まずは両チームのスターティングメンバーから。 名古屋は前節から成瀬に変え宮原。それ以外は前節に引き続き高さ(木本、山崎)を意識したスタメン。 2021明治安田生命  #J1  第22節「vs  #川崎フロンターレ 」(@豊田スタジアム 1

プレビュー)アウェー川崎戦~山崎交代と中二病と~

DAZNライバルウィークに乗っかって行われる川崎とのホーム&アウェー。ホームはご存じのとおり華々しく散った。アウェーに先立ち、景気づけがてら中二病プレビューを久しぶりに書こうと思う。 (ちなみに、リアルの用事でレビューが書けるかは怪しい。書き逃げだ。) 1stレグのレビュー記事で傷に塩を塗りたい方はこちら。 スタメン予想 川崎は変える必要性を感じないので、そのままだ。名古屋は4枚(中谷、成瀬、前田、斎藤)変えてみた。理由はのちほど。 守備 ホームで何が嫌だったって、極論すると、ピッチいっぱいに幅を取られて、寄せればショートパスで中を使われて、寄せなければクロスで空中戦という2択だ。 まず、 サイドレーンの守備者を固定して、あいまいさを排除 したい。ここでは 大分戦のレビュー でも書いたように4-4ブロックを反時計周りに回して、左SHと右SBをサイドレーンの守備者に固定したい。(下図、大分戦レビューより) SHとしての守備能力を買って、マテウスを左に回す。右には成瀬を起用したい。理由はのちほど。この2人は、空中戦のクロスを簡単に上げさせないことが使命だ。逆に地上戦で、ショートパスで攻撃される分には、いつもの精緻なチャレンジ&カバーで凌ぎたい。レビューでも書いたように川崎の空中戦の再現性・精度が半端ない。3度同じことはやらせない強い意志で、とにかく地上戦に持ち込もう。 セカンドトップには、シミッチへの嫌がらせを期待して、齋藤学を入れた。期する想いにも期待したい。 何とか地上戦のショートパスをかっさらって、縦に速い攻撃に結び付けたい。中の攻撃をカットできればカウンターの好機だ。 このせめぎ合いに勝てなければ、それまで。それが名古屋のアイデンティティーだ。 攻撃 ここで、中二病炸裂。ホーム川崎戦で早々と山崎を交代した理由は、アウェーに向けて 傷を広げないための温存 と考えた。つまり、攻撃の中心は山崎だ。 縦にスピードを乗った攻撃は、山崎へのミドル・ロングパスを起点に、山崎の周囲でSTとSHが受ける形が理想的だ。ジェジエウ・谷口に対し、背負っても裏でも受けることができるのは山崎だけだ。 そもそも、攻守両面で考えて、3センターの方が3点返しやすいという理論には無理がある(長澤の出来は良かったものの)。 まず、守備目的とは考えにくい。なんせ、433には4231の方が嚙み合ってい